逝く命と新しい命

今朝一番の驚きは、在豪中にお世話になったあるご婦人の訃報。スコットランド人のご主人共々、短くも濃厚な時間を過ごさせていただいた。当方がアメリカに移住したのち彼女も田舎へ移られたのでシドニーへ行くことがあってもなかなかお逢いする機会がなかった。今年の8月にようやく再会がかなったが、彼女は既に体力がなくなり老人介護ホームへ移っていた。短い滞在時間だったが、偶然彼女の息子とも会うことが出来た。そしてあれが最後の別れになってしまった。

法華経の死生観でいえば日蓮は「い(生)きてをはしき時は生の仏・今は死の仏・生死ともに仏なり、即身成仏と申す大事の法門これなり」といった。また別の教えでは「生あるものは、必ず臨終の時を迎えます。しかし、生命は永遠です。自分の生命がなくなるわけではありません。大宇宙に冥伏するんです。ちょうど、一日を終えて、眠りに就くようなものです。時が来れば、また生まれてきます」と言っている。

友人、知人が亡くなるのは悲しい。家族となればなお悲しいものである。しかしそれは永遠の命の流れから見れば一時的なものである。故人の新しい旅立ちだと思えば、かえって喜ばしいことである。もちろん理論的にはそうではあるが、残された者の悲しみは故人との「思い出」が自分が死ぬまで続くことだ。

人生の半分も過ぎれば、悲しいことに友人知人が鬼籍に入ることにも慣れてきた感がある。特に冬場は亡くなる人が多くなるような気がする。立て続けに訃報が届くと若干気が滅入る、しかしこれも人生である。

それに届いたのは訃報ばかりではない、知人から初孫誕生の知らせが届いた。逝く人がいれば、生まれくる命もある。高齢化社会、少子化社会となれば数的には逝く人の方が多いのかもしれないが、それでも生まれてきた命が充実した人生を送れるように、少しでも良い社会にしていくのが今を生きている自分たちの役目なのかと思う。

01300000288883122718432922813

スミさん、大変お世話になりました。
ありがとうございました。

合掌

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

ロング・ビーチ・マラソン反省会

ロング・ビーチ・マラソン完走

Screen Shot 2016-10-16 at 12.20.24 PM.png

サブフォーを目指していたが今年も撃沈でした。
昨年は熱波で30℃を超える中でのレースで最後の10キロで潰れましたが、今年も同様気温が高く最後は辛い状況でした。しかし今回の最大の問題はスケジュール管理。

いつも通りのトレーニングを続ければ余裕だと思っていたが嫁の転職で3月の休暇が6月に変更、さらに8月の旅行が追加。これで一週間トレーニングも減量もふりだしに戻る。

自社スポンサーのショートのトライアスロンレースが9月の第2週。そしてロングビーチが10月の第2週でした。一ヶ月の余裕があると思っていたが、7月に突如参加レースが9月の第3週に変更。

休暇の遅れを取り戻す為に通常二ヶ月かかるショートのトレーニングを一ヶ月でやったのでマリブではそこそこ走れたが、その時点で疲労が溜まっていた。3週間後のフルマラソンまでは疲労回復する時間もないまま追い込みを続けたのでレース5日前に右脚梨状筋を肉離れ発症、2日スローダウンしたがレース2日前に再発。

レースではコンプレッションスリーブで太ももを締めつけて走ったが、フォームが変わってしまい、27キロ地点あたりから右足の水ぶくれと左ふくらはぎが痙攣したのを騙しながら走った。

0008

サブフォーのペースランナーとパックを作って走ったが、彼らはフラットペースでトイレもいかずエイドもほとんど歩かないまま。練習不足なのに無理して彼らのペースで走ったのがいけなかったのか、後半脚が売り切れてしまった。

0035

今年は反省ばかりのマラソンでした。2年続けて天候に恵まれなかったということもあるが、スケジュール的に10月のフルマラソンは無理だと実感。やるならば1月か2月の方がコンデションを作りやすい。来年は6月にバラキンの予定なので、フルマラソンの予定を入れるなら2018年以降になるだろう。しかし、やりたいトライアスロン、マラソン、トレイルランが多すぎてお金も時間も無い、しかも移り気なオジさんには悩ましい限りなのでR。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

2016年海老漁解禁

今年も海老漁解禁の日がやってきた。

通常の勤務が終わってから野暮用に出席して自宅に戻ったのが夜9時。出漁は11時の予定なので一年ぶりにダイビング器材を準備。ウエットスーツの膝のパッドの間に大きな亀裂が入っているので接着剤をつけて塞ごうとするが破断部が大きすぎて無理っぽい。ふと修理箱の中を見るとバイク用のパンク修理パッチが目に入ったので、とりあえずこれで応急処理しておく。

20160930_225202

今年はトライアスロンに集中していたので潜り方を忘れてしまったんじゃないかと心配。夜11時に自宅を出発、車を走らせて30分ほどのダイビングスポットへ到着。顔見知りのダイブ仲間はすでに準備を済ませていた。何人か新しい人も増えていたようだ。

午後11時45分出発、水に入るのは9月30日だが解禁日は10月1日なので戻ってくるのは真夜中を過ぎてから。毎年海老ダイバー達はお気に入りのポイントでリミットの7匹を目標に漁に出るのだ。

日中確認した波予報では波が低いはずだったか、ポイントはかなり高い波が来ていた。引き潮のはずだったが満潮時に近いのか海岸の岩場には白い波がうち寄せている。エントリーポイント近くは砂が舞っていて透明度が悪そうだったので、遠くのポイントまでフル装備で岩場を歩くことにする。

例年になくフリーダイバーが多い、岩場であった二人組には女性がいて驚く。こんな荒れた状況で女性が潜るということ自体が稀なのである。溺死者も出ることがあるので、無事を祈る。危険なのは自分も同じなのだが。

海の入ると水温は64°F程度だろうか、例年に比べるとやけに暖かい。予想していた通り海岸付近は海水が濁っていてちぎれた海藻が待っている。こんな時は迷わず20フィート以上の深さへ行く、その方が波の影響が少ない。海岸付近はかなり強い潮の流れを感じるが、50ヤードほど離れると落ち着いて潜れる。

自分のお気に入りスポットより南側に入ったのだが、なかなか良いサイズの海老ちゃんに会えない。自分は海老はハーレムをつくる習性があると考えている。小さな海老が多くいるということは其処を営巣地にして大きな海老が潜んでいるはずなのだ。小さな海老を発見した岩礁のまわりをくまなく探して岩穴を探す。

そこで1匹目をゲット、2匹目も同じスポットで捕まえた。この時点で潜水時間30分ほど、ダイビングと海老漁の感覚が戻って捕まえずとも一見しただけで捕獲して良いサイズかどうかわかるようになった。25-30フィートの深度でコンパスをたよりに移動しながらさらに1匹ゲット。

このあたりで潮の強さが変わってきたのがわかったので多めにエアーを残して戻りはじめる。水面移動をするが上下の揺れがひどいので再び潜水、押し潮の時だけキック、引き潮の時は海藻に掴まって戻る。帰る途中で最後の1匹をゲット。エクジットポイントに来た時にはかなり波が強くなっていて水中は泡で真っ白だった。波がおさまるのを待つつもりだったが、気がつけば波に押されて浅瀬にきてしまった。

立てる水位になったら直ぐにフィンを外して岩の陰に隠れるが波が強くて押し倒される。このままだと岩礁にうちつけられて怪我をする可能性が大きいのでフィンを海岸に投げて、急いで上陸。やはり現場から離れると感覚が鈍っていた、それでも最低限危険な場所は覚えていたらしい。

車を停めた場所まで戻ると捜査官が先に戻っていたダイバー達を取り調べていた。彼らは突如現れて抜き打ち検査をおこなう。許可証を持っていなかったり、海老の大きさが規定以下であればその場で違反切符を切る。またアワビなど捕獲禁止になっているものを発見すればその場で逮捕、ブタ箱行きである。

いつものように漁猟許可証、海老捕獲リポートカードと運転免許証を提示、海老を1匹ずつ目の前でサイズを確認させられる。数年前に証拠も無いのに切符を切られた経験がある、検査官によっては嫌な奴もいるのだ。

dscn1614

着替えてからレドンドビーチのDive ‘N Surfへ行き海老を計量してもらう。これをやってもらえると記念のTシャツがもらえる。今年のデザインは大統領選をパロったらしい。悪くない。ここでコーヒーとマフィンをいただきタンクのエアーを入れてもらう。今年も無事に海老シーズンが始まった。来年のバラキンのトレーニングがあるので毎週末潜るということは無いだろうが、年内は頑張ってお正月料理用の海老をゲットしたいと思うのでR。ちなみにこの日家に戻ったのは午前3時半、それから器材を洗って海老を袋詰めにして寝たのは4時半だった。ちかれたび〜

20161001_02435120161001_124422

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

Malibu Triathlon – 反省と課題、のようなもの

今回のレース中に思いついたこと。

1. リミッター解除

どうも自分にはリミッターがあって、自分の限界を突き抜けることが出来ないままなんじゃないかと思う。ブログ村にはぶっ倒れるまで走ったとか、吐くまでトレーニングしたという話があるのだが、自分には到底無理だと思っていた。そんなやり方も知らないし、やる必要も無いのかもしれないが、一度そこまでやらないと限界がわからないのじゃないか?と、ふつふつと同じ疑問が堂々巡りにわいてくる。

数週間前ランニングトレーニングで10キロランの最後に、一緒に走っていたランナーがキロ4分ちょっとで走ってくれたおかげで自分もそのスピードまであげることが出来た。とてもキツイのだが自分に必要なのはそういった部分かもしれない。一人だとどうしても楽な方にいってしまいがち。エイジチャンプを目指すつもりはないが、毎年新しい目標を設定して向上はしたい。今後は今以上にインターバル・トレーニングを増やして「追い込む」ことが必要だと実感。距離と頻度はこれから試してみるしかないだろう。

2. グループトレーニング

以前ロスのオヤジアスリート会でVinemanを目指してトレーニングしたこともあったが、事故で参加できなかった選手が出たり、集会場所までの距離が遠くて疎遠になってしまった。今年は地元のトライアスロン・クラブにも入会したのでバラキンまではグループトレーニングに参加するつもり。そこで自分のリミッターを外せるのか挑戦してみたい。

3. スケジュール調整

ショートのトライアスロン大会の直後にフルマラソンというのも若干無理があるなぁと思い始めた。もともと地力の無い人間なのでレース後の回復に時間がかかる。今年はサブフォーを目標にしているのだが、まだ脚に疲労感が残ったまま、階段をのぼると違和感がある。それほどレースに出るわけじゃないのでスケジュール調整もすべき。

4. バイク強化

バイクは完全に練習不足。OCのヒロシさんはほぼ毎日数時間は乗っているらしいのだが、そこまで出来なくとも週に4回は乗る時間を作りたいし、バラキン前に数本ロングライドをやらないと持久力がつかない。バイクの軽量化は予算次第、中古部品をネットで探しながら少しずつすすめる。電動化も同様。バラキンに間に合わなければ現状のまま、リアカセットを12-30にして参戦するかもしれない。

バラキンは苦手なバイクでどれだけ脚を温存出来るかが課題。冬の間もガツガツ乗らないと春からの追い込みに体力がもたない。年末年始の暴飲暴食を抑えて減量にさく時間を少なくする。

という感じでしょうかねぇ。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

Malibu Triathlon – ラン篇

トライアスロンを始めた当時はソックスを履かなかった。それでうまく行った時もあればひどい水ぶくれが出来たり、爪が変色してはがれることを繰り返した。昨年からショートでもソックスを履く事にしてからは問題が無くなったので今回も履いた。T2での時間は増えたがランでの痛みから解放されると思えば増えた時間は相殺と考える事にした。

ランコースに出ると必ずペースが上がってしまうので、ガーミンで小まめにペースを確認する。とにかく前半は抑えて折り返しからキロ30秒あげることを目標にしていた。なので前半はキロ6分程度にするつもりだったが、データを見ると最初から5分22秒くらいだった。途中スピードを下げたつもりだったがそれでも40秒台。ランに入ってから日差しが強くなり往路はエイドのたびに10秒程度のウォーク・ブレイクを入れた。折り返して地点でペースメーカーを見つけて後ろを走っていたが、その選手がスピードを落としてしまったのでそれ以降はガーミンを見ながら調整。

14425416_10207367636533893_6750594576399812788_o

トレーニングではキロ5分以下で走れたのだが、それはあくまでもトレーニング・パートナーがいたから。どうもここが自分にとっての課題だと気がついた。たぶんホビー・アスリートとしてはこの程度で満足、完走すれば万々歳。ここでもう一歩自分を追い込んでゴールで倒れるほどのペースにあげないとタイムは短縮できないのじゃないか? 結局ペースメーカーを見つける事が出来ないまま、ゴール前にちょこっとスピードを上げる程度でゴール。

2時間52分というのは2011年、49歳の時と同じタイム。当時はアルミのロードバイクで、全力を出し切った感100%だった。今年は同じタイムでもT1、T2トランジションでどちらも1分以上多いし、スイム、バイク、ランの全てで出し切ったという感じではくレースを楽しんだ。以前のように悲壮感はなく、きっと笑顔で楽しめたレースだった。

最近のレースはゴールすると同時に結果をプリントアウトしてくれる。順位としては速くもなく遅くもなくといったところか。応援してくれた同僚と再会し、後続の同僚たちがゴールするのを待った。昨年、周回数をごまかして同じ年代別で上位入賞した同僚はしっかり自分より後ろだった。彼にだけは負けたくなかったのでリベンジ達成www (ちっちぇ〜)

タイム:56分59秒

総合タイム:2時間52分
総合:完走者1192中424位

これで一つ今年の目標としていたレース終了。あとは3週間後に迫ったロングビーチマラソンでサブフォーをすること。あ”〜まだ走り続けないといけないのねぇ〜。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

20160919_003433

ゴール直後にもかかわらずレース結果は直ぐにプリントアウトしてもらえる。もちろんペナルティーなどは加算されていないのかもしれないが便利な世の中になったものだ。

20160919_003456-2

メダルはこんな感じ。サーフボードとライフガード・タワーがモチーフ。

Malibu Triathlon – バイク篇

バイクコースのスタートは駐車場内、狭いコースなのであまりスピードを出すことは出来ない。スイムアップからの呼吸を整えることに専念、軽いギアでペダルをまわす。一般道に出るが完全に道路封鎖されているわけではなく、道の半分は渋滞した車がいるし脇道からもバイクの隙間を使って道を横切っている。数年前は知り合いが事故で数ヶ月の入院を余儀なくされた。警察も配置されているが、それでも指示に従わないドライバーもいる。今回も一台の乗用車と危うく側面衝突するところであった。警察がどなっている車を見ると老婆が運転手だった。

往路は緩い登り坂、坂では他の選手を追い抜けるが平地で抜かれることがままある。マリブはリレーやマウンテンバイクのカテゴリーもある、しかも日本のレースではないであろう体重90-100キロ級、102キロ超級のカテゴリーもあるのだ。バイクコースには様々な年代と体型の選手が走っているので、遅い選手やルールを理解せずに道路の中央を走るような選手を避ける必要がある。

練習時は向かい風に苦しめられたがレース当日は無風、往路も復路も楽しいくらいだった。唯一問題だったのは折り返し地点は狭い2車線の道で追い越し禁止区間に設定されていたこと。自分の前を走っていたのはマウンテンバイクで超スローな選手。彼の後ろには自分も含めて10人ほどの選手が詰まってしまった。イライラしても仕方がないので脚を休めながらエナジージェルを摂る。

バイクコースで追い越していくのはかなりリキの入ったバイクばかり。ほとんどがカーボン・ディスクなので後ろからくると独特の「ゴォ〜」という音でわかる。男性選手で追い抜いていく選手のふくらはぎを見るとかなりトレーニングを積んでいるのがわかる。バイクでもそこそこ力を温存してランに備えることができた。

ただ2週間前のトレーニングで感じていた太もも前面の筋肉痛が影響が出てきたらしくアウターで重いギアを踏むと徐々に痛みが出てきた。テーパーリング失敗なのか、それともトレーニングの負荷が高すぎたのか。もう一つは朝食を摂る時間が遅かったので胃袋に消化されないものがあって、エアロボジションを続けると逆流してくる感じが続いた。

新しいホイールは軽くは無いが良く回る。同時にタイヤ幅を23ミリから25ミリに交換した効果か地面からの細かい振動が抑えられてる。ただしショートならば23ミリでガリガリいっても良かったのかもしれない。ロングならば25ミリの方が身体に伝わる振動が減って楽なのかもしれなが、これはオフシーズンでのロングライドで実験するしかない。

タイム:1時間19分15秒

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

20160918_091927

ちなみにこのレーススポンサーはNautical、Herbalife、Longo Toyotaなど。やはり大手のスポンサーがつくと参加記念品も充実していてトートバッグ、キャップ、Tシャツがもらえた。今年はこの黄色いトートバッグの使い勝手が良さそう。

Malibu Triathlon – スイム篇

14344684_10153990599123723_614863272600962555_n

9月17日午前3時半起床。雲一つない満月の夜、今回のレースは駐車スペースを確保するところから始まる。マリブは参加者が多い割に駐車場が少ないので毎年この時間には家を出なくてはならない。前日のうちに全ての荷物は車に積んである。車中で食べる朝食も前夜のうちに用意しておいた。お湯を沸かしてポットに詰めたら出発。真夜中のフリーウェイをマリブへ。途中バイクを積載した車を何台も見かける。

4時45分マリブにあるズマ・ビーチ到着。渋滞も無くトランジションに近い駐車スポット確保、車外に出ると肌寒い。長袖のジャケットを忘れてしまったので、バスタオルを羽織って外に出て水温チェック。思ったより水温は高いが潮の流れによっては冷たい部分があるかもしれない。万が一のことを考慮してウエットスーツはフルに決める。

車の中でおにぎりとインスタント味噌汁を食べていると、続々と選手たちがトランジションに向かって行く。日の出までまだ2時間はあるので、体温を下げたくないのでギリギリまで車の中で時間を潰す。

20分ほどしてから荷物を背負ってバイクを押しながらトランジションへ。自分の年代のラックはトランジションの真ん中辺り、ラックにはまだそれほどバイクがセットアップされていない。ヘッドライトを頼りにいつも通りの手順でセットする。今回水ボトルは一つのみ、距離が40キロ程度で気温が低ければこれで十分。最悪でも折り返し地点のエイドで水分補給可能。

午前6時半にレースの注意事項がアナウンスされアメリカ国歌が歌われる。スタート地点まで歩いて海岸を移動、その途中で海に入って身体を慣らしておく。波は低いが潮の流れが速い、満ち潮なので押し戻される。

14440933_10153990599698723_197046583482796746_n

スタート地点で同僚と挨拶を交わし、自分のWaveを待つ。このレースは年代別スタート、5分刻みに出発。50−54歳は第6Waveなので同じ色のスイムキャップを被った選手と挨拶を交わしながら待つ。隣にいたのは背の高いアイルランド人、僕らの年代になると白髪や髭に白いものが目立つ。彼も3度目のマリブだと言っていた。

午前7時、号砲と共に第1Waveスタート。このレース火薬を使った号砲なので初めての人はかなり驚く。あと25分間、スタートを待つ間身体が冷えないようにスクワットしたり、腕の血行を促すように動き続ける。海岸に打ち付ける波が徐々に高くなってくる。第5Waveの選手達が波で押し返されているのが見える。波で飛ばされないようにゴーグルのストラップを若干きつめにする。

14332953_10153990602868723_8566181700795404207_n

第6Waveスタート、バトルを避けてグループ後方から水に入ると強烈な波に2度ほど押し返される。波の下に潜っても叩きつける波の衝撃が伝わって来る。沖に出てしまえばフラットになると予想して泳ぐ。多分今までで一番落ち着いて泳げたと思う。ほとんどキックを打たずに腕だけで第1ブイ到着。今までならここで腕が痛く感じるのだが今年は全く変化なし、息もあがらない。波も低いので視界も良好、とりあえずペースメーカーを見つけて後ろにつく。

ところがこの選手やらたキックが大きく泡があがるわりにはスピードがイマイチ。しかもコースからどんどん外れていく。仕方なくソロで泳ぎ始めると左前方に同じスピードの選手を見つけて、そのスピードに合わせて泳ぐ。しばらくすると前のブループから脱落した選手達が混ざってくる。その選手たちを避けながら半分くらい進むと今度は後続グループのトップ選手が追い越していく。

後ろは55歳以上かリレーの選手、リレーのスイマーはやたら速い人がいる。自分を追い抜いた女性選手のストリームに入る。キックは力強く、無駄のない泳ぎで惚れ惚れするほどの速さで泳ぐのだが、こちらはコバンザメのように楽をさせてもらう。相変わらず腕だけ、しかもストロークは長くゆっくり泳いで体力を温存する。

しかしコースの最後に近づくにしたがって右足の小指辺りから痙攣が始まる。今までこんなところが痙攣したことがない。こうなると痙攣を起こして脚の指が反り返って水の抵抗にならないように力を抜くしかない。速い選手からはちぎられたが残りは数百メートルなので慌てずに岸に設置されたゴールゲート目指して泳ぎ続ける。後方からの波に注意しながら岸に上がると隣にいた選手から「グッドジョブ!」と声をかけられる。どうやら彼はボクのストリームに入っていたらしい。

浜で誰かがボクの名前を呼んでくれている。同僚らしいが声の主を探すより柔らかい砂に足を取られないように走ることが優先。トランジションに戻ると自分のラックにはかなりのバイクが残っていたのでちょっと安心する。過去のレースでは半分以上のバイクが無くなっている事が多かったのだ。

スイム:30分13秒

20160917_115211

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村