聖夜に想ったこと

ここ数年クリスマスは小さなグループで迎えている。どちらかと言えば金銭的にも社会的にも恵まれていない、社会の隅っこで生きる人たちと一緒にクリスマスを過ごしている。

55歳のボクが子供の頃、新潟の小さな田舎町では「貧乏」が普通だった。昨今の相対的貧困ではなく絶対的貧困だった。戦後20年が過ぎても地方の町は貧乏が普通、周りの子供だって同じようなものだった。

ボクの父親は豪農の次男坊、家は裕福だったが農家の次男は家を継ぐことは出来ないので小さな町工場で働いていた。母の実家は宮金職人、神社仏閣の飾りを作る職人だったらしい。母は兄弟姉妹5人の長女だったので口減しのために中学に行く頃から丁稚奉公に出された。まるで「おしん」のようである。ちなみに中学時代の同級生にジャイアント馬場がいる。

共稼ぎだった両親は実家で剣山を作っていた叔父のところに預けることがあった。朝食はきまって薄いおかゆと塩、梅干しもあっただろうか。おかずの記憶がないということは食卓にのぼらなかったのかもしれない。

images

昭和40年代当時の我が家は風呂なしの4畳半と6畳二間の長屋暮らし、隣の家とはベニア板一枚で仕切られた絵に描いたような貧乏長屋だった。以前は石炭小屋だったのを大家がアパートに改装したのだと母親から聞いたことがある。こんな貧乏長屋はテレビや映画の世界にしか残っていないのだろうな。これだってまだマシな方で結婚当初は線路脇の3畳しかないアパートに住んでいたらしい。

お風呂は夏には玄関のたたきで行水、冬は歩いて15分ほどの銭湯に通った。隣の家が内風呂をつけてからはその家の同い年の男の子と一緒に風呂を使わせてもらうこともあった。真冬のシンシンと雪が降る夜に母親、兄と一緒に銭湯に行くのだが長い帰り道で温まった体がすっかり冷えてしまうのだ。後年かぐや姫が歌った「神田川」を聞いて実体験と重なった覚えがある。

5f6ef413

当時長屋の子供はどこへ行っても分け隔てなく晩御飯を食べたり食べさせてもらっていたような記憶がある。もちろんごちそうなどはないけれど、白飯、コロッケ一個とお味噌汁だけでも美味しかったのだ。

新しい服など買ってもらった記憶がない、ほとんど兄のおふるか母親が仕事先の同僚からいただいてきたおふる。ズボンは膝あて、上着もを肘の部分は繕って着ていた。それが普通だったので自分が貧乏だと気にしたこともなかった。ファミコンもプレーステーションもない、遊びはベーゴマ、ビー玉と空き缶があれば十分だった。

157562180_624

さてクリスマス・パーティーは僕ら夫婦を含めても5人だけ。ロスの片隅で暮らす、職種も年齢もバラバラな人間が集まった。奥様が蒸発して小さな子供二人を男手一つで育て上げた元駐在員の75歳男性。乳飲み子を夫に無理やり奪われて離婚に追い込まれ30数年後に息子と再会を果たして新しい家族の歴史を作り始めた50歳代の女性。いろいろな人生があって何が不幸なのか、何が幸せなのか考えさせられた夜だった。

今ボクはご馳走を食べたり高いお酒を呑むことが出来るようになったけれど、ボクの根っこは「貧乏な庶民」なんだ。それ以上でもそれ以下でもない。金持ちを装う必要もなければ羨む必要も無い。身の丈に合った生活をすれば良い。キリストの生誕とは全く関係なくて申し訳ないが、聖夜にそんなことを考えさせられました。

注:全ての写真は昭和40年代の日本の子供達の写真です。ボク個人の写真ではありません。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告

痛飲night

昨夜はロスのおやじアスリートの皆様と日本からいらしゃったジョージさんを囲んで久しぶりに痛飲。ツールド沖縄に参戦されたヒロシさんからは過酷で刺激的なロードレースの体験談をうかがい。神戸マラソンに参戦されたジミーさんからは、来年のIMレース挑戦宣言をうかがいました。

IMG_0141

IMG_0142

今回は自宅近くの飲み屋ということでママチャリで出勤。普段は運転しなくてはならないのでビール2杯程度を呑んだら後は水に切り替えるのですが、昨夜は夜7時半から11時くらいまで4人(ジョージさんは日本帰国のために途中抜け)で焼酎2本空けてしまいました。あ、これも怪しいな…記憶に無いwww

IMG_0143

帰り道はどの道を通ったのか覚えていない。どこかでコケた記憶があったのですが怪我はしていない。朝心配になってガレージに降りてみるとちゃんと自転車があって安心。ところが良く見るとハンドルはよその方を向いているし、後輪の軸がズレてタイヤが動かない。どうやって帰ってきたのやら…記憶に無い。

酩酊した時の失敗は若い頃に散々やったのですが、最近は家呑みばかりなので油断していました。車じゃなくて良かった、他の車に轢かれなくて良かったと胸をなでおろしました。やべー、やべー、怖いね酔っぱらい。今朝メールをチェック、酔った勢いでIMレースに申し込んだなんてことは無かったようなのでこれもセーフでした。

すっかりお酒に弱くなったなぁと実感した夜でした。

ところで皆さん無事に帰宅されたのでしょうかねぇ?

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

悲喜こもごも

昨夜は数年ぶりに古い友人たちに再会した。2003年頃から始めた不動産投資で知り合った個人投資家の方々。会社員、専業主婦、自営業と職種も年齢も様々だが、アメリカの不動産バブルで夢をみた後にサブプライムローン、リーマンショックで地獄を体験した仲間。

負債を抱えて投資物件を手放し自己破産した人もいれば、億単位のローンを完済した人もいる。リストラで失職したり、病気の伴侶を介護している人もいた。数年に一度消息のわかる人たちだけが集まってファミレスで近況を話す。いろんな苦労はしているが全員無事に顔をあわせることが出来た。大変なのはお互い様だがなんとかしぶとく生き延びている。

経済的負債を苦に死を選ぶ人もいるが、金に殺されてはいけない。金なんて生きていればどうにでもなる。自己破産は人生の最後ではないし、人生に「負け組」なんて無い。自分の投資判断を間違えて一時的に苦境に陥ることはあるだろう。それは反省が必要だが、後悔しても起こしてしまった間違いを覆すことは出来ない。

参加された方の一人は某有名レストランでマネージャーをやっていたが、経営立て直しという名目で新しく採用された上司によってリストラされた。それを友人に話したら1週間後に友人のレストランでマネージャーとして好条件で採用された。そして彼を解雇した上司は一ヶ月後にリストラされた。

人生なんてどうなるかわからない。良い時も悪い時もあるだろうが、良い時に浮かれず悪い時にくさらないことが重要なんだと近頃思うようになった。そしてお金よりも大事なのが友達。ソーシャルネットワークでの繋がりも大事だが、本当に信頼出来る人間関係があれば人生はもっと充実するのじゃないかと思う。

繰り返すが、経済力で人生の「勝ち組」「負け組」は決まらない。人生の最後、死の5分前に今までの人生を思い浮かべて「あぁ、いい人生だった。楽しかった」と思えることが大事なのじゃないか。くれぐれも金に殺されてはいけないのだ。色鮮やかな人生を送りたければ家族や友達を大切にすること、他人を大切に思う自分になれることが大切。そんな人間になれるかわからないけれど努力は続けようと思う。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

旧友J

カナダに住む旧友Jに「今度遊びに行くから会わないか?」とメールを送った。今朝の返信には「2年前に早期リタイアしてエクアドルへ移住した。思った以上に住みやすいから君も来たまえ」と書いてある。

実はボクが海外移住を決めたのが彼の亡父の生き様を見たからだった。1980年代、彼の父親は香港で観光ガイドを生業としていた。日本語、広東語、英語、たぶん北京語も話せたはずだ。中国政府の統治を嫌った彼は1997年の香港返還前にカナダへの移住を決める。1987年だったと記憶している。当時彼は還暦を過ぎていたが家族全員でカナダへ移住した。

その時ボクは何故中国人が祖国を捨てて世界中へ散らばったのか理解した。歴史的に本土を離れた華僑には祖国への執着心が薄い、その時自分たちにとって一番住みやすい場所が彼らの祖国になる。そのうえ60−70年代の文化大革命で多くの同胞が辛酸をなめたので政府を信じていない。

日本人のボクにとってはまさに目から鱗の世界観であった。日本人だから日本で死ぬ必要は無いのである。江戸時代のように海外へ行く事が国禁ではない、自分の住みたいところへ移住すれば良いのだと気がついた。そしてボクはオーストラリアへ移住、そして今はアメリカに住んでいる。老後の予定はまだ未定。

彼も中国人である父親の血を継いだのか、香港、日本、カナダと移住して今度は南米エクアドルである。夫婦でスペイン語を習得中、大きな庭があるので畑仕事で忙しいと言う。羨ましいほどに自由な男である。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

中ちゃんへ

先日昔からの友人へブログを始めたことを知らせたら早速返信があった。
今日の記事は20年来の友人への返信なので、わからん人に軽く流してもらいたい。

中ちゃん
メールもらいました。
元気そうで何より、娘さんも大きくなったねぇ。
次に日本へ行くのは2011年くらいかなと思う。

「風が強く吹いている」って本を読んだことが無いけれど
小説に影響されて走り始めたそうで、まずはおめでとう!
もともと山登りが好きな君だから、孤独で走り続けることは得意なんじゃないかな。
もちろん駅伝はひとりじゃなくてチームだけれど、競技中はひとりで戦うことになるからね。

僕もジョギングならば2時間はあっという間に時間が過ぎてしまう。
あとは「もっと走りたいという気持ち」を抑えながら走っています。
なんといっても若くはないからね。
本番のマラソンならば4、5時間は走るし、トライアスロンならば
ランの前にスイムとバイクがあるのでもっと辛いかもしれない。

目標のアイアンマンはどのくらいの時間で完走できるのか今のところ全くわからない。
今はバイクも無いので、とりあえずはフルマラソンを4時間以内で走ることが目標。
水泳は時間を気にせずに泳ぐならば4キロくらいは全然平気で泳げる。
つーか、海で泳ぐのは結構好きです。

一度ハーフ・マラソンに参加してみてはどうですか?
健康のためにも良いだろうし、道具はシューズだけで始められるからね。
あ、コットンのTシャツで走るのはやめましょう。
汗が早く蒸発してくれないので気持ち悪いからね。

H1N1が流行っているそうですが、こちらも同様です。
先日通常のインフルエンザのワクチンを接種してもらった。
僕らの年代はH1N1の抗体があるらしい、とりあえず持病も無いので
あまり心配はしていない。
君のところはお子さんがいるから心配だね。
ワクチンも足りないらしいから、今は手洗いとうがいしか防ぐ方法がないね。

たまにこのブログにきてみてください。
たま〜にしか日本へは行けないけれど、わたしの近況はここに書き込みます。
それでわ。

↓↓↓↓↓↓↓ポチッとよろしく。

にほんブログ村