夕暮れまで

右膝内側の痛み(鵞足炎らしい)はかなり改善してきたけれど、正座をするとまだ痛い。
やれるのはスイムと筋トレ程度、たまには外を歩きたくなっていつものトレイルを散歩。
気温が下がって昼間の暑さが嘘のようだった。

トレイルで発見した花たち、クリックすれば拡大されます。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告

好奇心と探究心

20170401_080437

イチローの「野球の研究者でいたい」という言葉に共感した。

ボクはプロのアスリートでもなければ、トップ・エイジ・グルーパーでもないのだが自分の身体に起きる変化に対する「好奇心」と、それにどう向き合っていくかという「研究心」はあるつもり。

ちょうど「加齢」に関してブログを書こうと思っていたら室谷氏が先ご自身の更年期障害について書かれていた。たしか室谷氏とは同い年か、一歳違い程度だったと思う。ボクも数年前に更年期障害をわずらった。肉体的にも精神的にも今までの体調とはブレが大き過ぎて「これは厄介なことになっちゃったなぁ」と思った。

室谷氏は日本のトライアスロンでは常勝組だしIM Konaにも参戦されるほどの選手なので彼の求めるパフォーマンスと自分のそれでは比較にはならないのだが、同じように更年期障害に悩むってところは同じなのね。

さてさて、ボクはといえばどんなスポーツをやっても「下手のヨコ好き」にもならない程度。それほど上を目指しているわけじゃないのだけれど、ここ数年で疲労回復が目覚ましく落ちている気がする。以前なら筋肉痛が起きるほどのトレーニングをやっても翌日にはまた負荷をかけることが出来たのに今年は痛みがなかなか治らなかったり、筋肉の張りが取れないのよ。

去年末から職業病の一部である右手首の痛みが取れず、結局6ヶ月近く治療して手術をすることになるかもしれない。しかも職場での怪我なのでそれ専門の病院と保険会社とのやりとりもあって簡単には行かない様子。自己責任ならば良い医者を探して治療してもらうのだが、どうも中途半端なところなのだ。

そして3週間前にレースコースの下見で膝を痛めていたのに、トレーニングを続けていたら翌週には膝が曲げられないほど腫れ上がって最悪のパターン。数日前まで寝る時に脚を伸ばすことが出来なかった。まぁ、最初の段階で治療を始めてもレースには間に合わなかったと思うし、トレーニングをせずに完走出来そうなコースでもなかったのでこれは自分の不届きを反省するしかない。しかし22キロの山道を走った(歩いた)くらいで膝を痛めるなんて情けないったらないね。

強度を上げるよりも、怪我や故障をしないこと。疲労回復、体力回復を優先すること。他人のトレーニング量や強度は参考にはするけれど自分の体力に合っているのかは別。同年代のアスリートの中には兵庫の今井氏や前記の室谷氏のようなスーパーアスリートもいるので、加齢が遅くなるという理由にはならない。それに群馬のあつめし氏のように還暦を超えてもトライアスロンという競技を楽しまれている御仁もいらっしゃる。

優勝を狙うような選手なら別だけれど、競技を長く楽しむなら体調を整えることが優先されると思うんだなぁ。数ヶ月前食中毒だと思った病気も、手の抗炎症薬の長期服用で弱った胃に大量のアルコールを飲んだことで急性胃炎か急性大腸炎を起こしたのかもしれないと気がついたんだよ。これも若い頃は平気だったようなアルコール量だったのにいつのまにか弱くなっていたんだよね。

でもね、ちょっとづつ変化していく身体の変化を「老化」だとあきらめる気は全くない。それに合わせたトレーニング量や栄養摂取を研究していけば良いんだよね。日本人男性の平均寿命は80歳、うまくいけばあと24年くらいは生きる可能があるんだぜ!生きる可能性があるなら健康で食事制限を受けないままで過ごしたいよねぇ。

今年は怪我や病気が多い年なので上記のようなことをつらつら考えていたのさ。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

TFCC損傷の経過

朝一番で右手首の診察を受けた。造影剤を使ったMRIの結果は靭帯損傷ということで手術を勧められたのだが、返事は保留して針治療の継続と4ヶ月後のアポイントをとってもう一度検討することにした。

Screen Shot 2018-04-23 at 9.35.24 AM

自宅に帰ってTFCC損傷の手術方法やリハビリにかかる時間、そして運動再開までの時間を調べると6ヶ月から9ヶ月になると書いてある。手術をしなけば回復には時間はかかるが自然治癒もありうるらしい。

別に手術は怖くはないが、回復までにかかる時間と運動制限が大きいので自然治癒を選択すると思う。手首をある角度にした時の違和感や若干の痛みはあるが我慢できる程度、痛みで眠れないとか日常生活に不便があるわけではないので痛みと共存することになると思う。

華麗なる加齢なのか、職業病なのかわからないが二十歳の頃に比べたら無理が利かなくなってきたということ、そういう諦め方もあるのかもしれない。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

奇妙な夢を見た。

a57b12d2-b179-4327-aa68-0aeb907b3b75

なぜか自分は五島の海沿いの小高い山の崖っぷちに立っている。
カメラを首から下げて海の写真を撮っていると、
その崖の端に亀裂が入ってくる。

危険を感じて後ずさりした瞬間
今までいた自分が立っていた場所の土が崩落していく。

どんどん後ろに下がるのだが、崖が崩落するスピードが早くて
とうとう自分も崩落に巻き込まれてしまう。

崖と一緒に落ちながら「これで最後か」と思うのだが
崩れた土砂に巻き込まれることなく
最後にはその土砂の上に立っているのだ。

事故の後も以外と冷静に「助かった」と思いながら崩れた崖を見上げる。
そこで眼が覚めた。

気になるので夢判断で調べてみると意外な暗示がでた。

落下しても上手に着地する夢

「崖の夢は不安や恐れを表わし目前の障害や困難を表わしています。
限界ぎりぎり・後が無い・窮地に追い込まれ頭から離れない悩みや、どうする事も出来ずに解決の手段は祈るか諦める意外無いという状況や、境遇を意味しています。夢の印象が悪ければ更に悪い事を意味します。

しかし、乗り越えれば新天地が開けると言えます。
また『崖』のイメージからは予想しにくい事ですが、あなたの人生の頂点とも思われることがある予兆としても解釈されます。
しかし、気分が舞い上がって失敗し転がり落ちる事も意味します。
いずれにしても物事が大きく移り変わろうとしている大切な時を表わしています。

今まさに立っている足元の崖が崩れてしまう場合、夢占いでは突発的なトラブルや事故に巻き込まれる可能性が高くなっていますので注意が必要です。

落下しても、怪我もなく両足で無事に着地できたり、自分でも驚くほど上手に着地することができたら、何らかの困難や問題が起きても、うまく切り抜けられたり、自分が思ったよりもスムーズに物事や問題が解決できることを暗示しています。」

あなたは自分の「夢」を覚えていますか?

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

悲喜こもごも

昨夜は数年ぶりに古い友人たちに再会した。2003年頃から始めた不動産投資で知り合った個人投資家の方々。会社員、専業主婦、自営業と職種も年齢も様々だが、アメリカの不動産バブルで夢をみた後にサブプライムローン、リーマンショックで地獄を体験した仲間。

負債を抱えて投資物件を手放し自己破産した人もいれば、億単位のローンを完済した人もいる。リストラで失職したり、病気の伴侶を介護している人もいた。数年に一度消息のわかる人たちだけが集まってファミレスで近況を話す。いろんな苦労はしているが全員無事に顔をあわせることが出来た。大変なのはお互い様だがなんとかしぶとく生き延びている。

経済的負債を苦に死を選ぶ人もいるが、金に殺されてはいけない。金なんて生きていればどうにでもなる。自己破産は人生の最後ではないし、人生に「負け組」なんて無い。自分の投資判断を間違えて一時的に苦境に陥ることはあるだろう。それは反省が必要だが、後悔しても起こしてしまった間違いを覆すことは出来ない。

参加された方の一人は某有名レストランでマネージャーをやっていたが、経営立て直しという名目で新しく採用された上司によってリストラされた。それを友人に話したら1週間後に友人のレストランでマネージャーとして好条件で採用された。そして彼を解雇した上司は一ヶ月後にリストラされた。

人生なんてどうなるかわからない。良い時も悪い時もあるだろうが、良い時に浮かれず悪い時にくさらないことが重要なんだと近頃思うようになった。そしてお金よりも大事なのが友達。ソーシャルネットワークでの繋がりも大事だが、本当に信頼出来る人間関係があれば人生はもっと充実するのじゃないかと思う。

繰り返すが、経済力で人生の「勝ち組」「負け組」は決まらない。人生の最後、死の5分前に今までの人生を思い浮かべて「あぁ、いい人生だった。楽しかった」と思えることが大事なのじゃないか。くれぐれも金に殺されてはいけないのだ。色鮮やかな人生を送りたければ家族や友達を大切にすること、他人を大切に思う自分になれることが大切。そんな人間になれるかわからないけれど努力は続けようと思う。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

老いるショック その後

先日眼鏡店で定期健診。
いつもは眼科の専門医に診てもらうのだが、眼鏡を新調するために眼鏡店で調べてもらう。視力は変わっていないが右目の乱視が進行していると診断される。緑内障による視野狭窄の進行なし。

点眼薬で眼圧を下げているのが良いのか聞いてみると、どうやらそうでもないらしい。もともと眼圧は低いのに緑内障になるのは加齢もしくは遺伝的なものだという説明。自分の場合は極度に眼圧が高かったわけではないので点眼薬はあくまでも現状維持のためだという。

加齢や遺伝によるものであれば仕方がない。右目の視野が狭まっているのは自覚があるが、あくまでも片目で見た場合のみ。両目で見ている限りでは視野は普通のままだ。特に老眼も進行しているので「見えていない」と「見えているのにボヤけている」かは別のものだ。

いままで使っていた眼鏡もそろそろ飽きてきたので、ちょっと変わった眼鏡にしてみた。エルトンジョンのような奇抜なやつではないが、青いフレームにして気分転換。対外的に顧客に会う必要が無い職場なので何をしても基本的には自由なのがありがたい。ついでにブルーライトカット加工もお願いした。これをやると青色を反射するので他人からは青色のレンズに見えるのよね。

バラキンまであと2ヶ月。
トレーニングもこれから過酷になっていく予定。
老いても元気にトライアスロン!

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

老いるショック!

視力が衰え始めたのが38歳頃、それまでは左右とも20/20(日本式でいうところの2.0)だった。それまで手作業でやっていたデザインの仕事がコンピューターを使うDTPに移行し、一日のほとんどをモニターを見ることになってから徐々に視力が落ちてきた。もちろん加齢もあるだろうから眼鏡を作るたびに眼科で検査をしてきた。

アメリカに移住してからは予防診療は保険でカバーされるので会社の近くの同じ眼科医院の通っている。今年も仕事の暇なうちに検査を受けようと思い先週の木曜日に仕事を抜けて1時間ほどの検査を受けた。

担当されたのはいつもの女医ではなく、新顔の日系二世の大迫という男性医師であった。いくつかの検査器を使って視力や視野を調べていたのだが、ある検査器で二度同じ検査をした。若干嫌な予感がしたのだが最後に眼底写真を撮影してみると網膜に黒い帯が出ている。

彼は「たぶんGlaucomaだと思う」という。Glaucomaというのが医学用語だとは思ったが意味がわからない。一般的な目の病気といえば白内障と緑内障の二つしか思い浮かばない。彼はスマートフォンを取り出すと何かを調べ出した。「緑内障です」と今度は日本語で教えてくれた。日系二世の医師なので患者の中にはボクのように英語の苦手な人が多いのだろう。

2008年から最後に検査をした2014年のデータを見せながら説明してくれた。最初は視野検査に関して言えば何の問題もなかったが2013年に一箇所、2014年には徐々に見えない部分が大きくなってきていた。今年はその部分がさらに広がっていた。

緑内障の原因には眼球内の圧力である眼圧が高くなり網膜を損傷させるらしいのだが、自分の場合は眼圧は正常だったので遺伝的に網膜が弱いのかも知れないと医者は言う。

ショックが無かったといえば嘘である。緑内障になれば徐々に失明するということはどこかで聞いたことがある。「後はどのくらいの年数普通の生活ができるのか心配だな」などということを考えながら会社に戻った。医師は緑内障の専門医に診てもらうようにと紹介状を書いてくれた。それから酷いドライアイなので1時間に一回は人工涙を点眼しなさいと3種類の点眼薬をくれた。

会社に戻ると今日が締め切りの仕事がいくつかあったので、気持ちを落ち着けながらこなす。少しでも間があけばすかさずネットで緑内障の情報を探す。そのうち緑内障イコール失明というのは昔の話で、今は眼圧を下げたりレザー治療、外科的手術で病状の進行を遅くしたり止めることが可能になったという。ES細胞を使って視神系を再生する研究も進んでいるというので数十年以内に完治するのかも知れない。

Wikiによると「2003年の疫学調査からは40歳以上の20人に1人が罹患しているという結果が報告されている」そうなので、有病率はかなり高い。ただし病気が進行しても自覚症状がない。その理由は「ためしてガッテン!」で詳しく解説されているので参照されたし。自分も今回の診断を受けるまでは気が付かなかった。特に右目が悪化しているので、右目だけで風景をみると若干中央から上の部分にアーチ状に薄い霧のようなものがかかっている。実はその部分は脳が周辺の画像から想定して補正しているというのだ。すごいぞオレの頭脳、勝手にPhotoshop加工しているらしい。

「ためして…」では40歳を過ぎたら5年ごとの検査を進めていたが、できれば毎年受けた方が良いと思う。少しでも早く治療を始めればそれだけ失う視野は小さい。自覚症状の無い病気なので発病してから5年間に進行していた場合、その間に死んでしまった視神系は戻らない。

今回自分の病気を公開するのは、自分と同じように病気が発症しているのに自覚症状の無いまま歳を取って、診断された時には手遅れにならないようしてもらいたい。視力検査だけではなく、定期的に眼科での検査を受けてもらいたいからだ。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村