ウェットスーツ探しの始まり

前回の投稿で4代目のウェットスーツを注文したと書いた。翌週にはスーツが配達されたのだが残念ながら返品することとなった。今回はその顛末を紹介したい。

XTERRA Wetsuitはサンディエゴにある会社で、アメリカのトライアスロンレースでは良く見かけるブランドだ。エントリーレベルから上級者用まで幅広く商品展開をしている。近年は空気で膨らませるSUPの開発販売もしている。

自分の最初のウェットスーツがXTERRAだったので品質も分かっていたし、今回は前回よりも薄い素材、そして新しい機能「キャッチ・パネル」がついたというので購入を決めた。

volt

XTERRA VOLT

棚卸しセールで半額以下だったので一年落ちだろうと予想していたのだが、届いたスーツを見ると袖の色が違う。「キャッチ・パネル」が無いのである。自分の記憶が正しければ、同僚が2015年ごろに購入した「キャッチ・パネル」の代わりに凸凹の素材で水の抵抗をあげているモデルなのだ。

IMG_0812

Screen Shot 2018-04-12 at 11.11.57 AM

これがキャッチ・パネル、これで水を掴みやすくする

IMG_0813

袖が違うじゃん!

IMG_0814

ということは送られてきたスーツは2015年から2016年頃に製造された2、3年落ちのスーツの可能性もある。ご存知の通りウェットスーツの表面素材はネオプレンで石油化工製品、経年劣化で保存が良くても固くなるか、保存状態がわるければ熱や湿度で溶けてしまう。実際腕を通してみるとかなり硬いし、伸びた部分の表面がまだらに変色した、ということはかなり硬化が進んでいるらしい。

公式サイトを確認すると返品は指定されたメールアドレスに返却フォームをリクエストしろと書いてある。指示された通りにしても返信が無い。3回メールを送り、会社に電話をかけてメッセージを残したらようやく返事がメールで返ってきた。

その文面をそのまま転載する。

Akira,

Thanks for reaching out. The wetsuit that you received is the updated model. The original model with the green catch panels is being phased out. Your size must have sold through.

The suit you received is significantly more durable in these catch panels.

Kind regards,
XTERRA WETSUITS TEAM

簡単にいうと「当社が送ったウェットスーツはアップデートしたモデルでキャッチ・パネルは徐々にマーケットから消える。あなたが受け取ったモデルは前回よりも耐久性に優れている」というのだ。

公式サイトをみるとわかるのだが、エントリーレベルから上級モデルまでの全モデルに「キャッチ・パネル」がついているのに古い製品を送りつけておいて「こちらの方がアップデートしている」と強弁しているのだ。しかも謝罪の言葉のひとつもない、これって物を売る業者としてどうなのか?

もし彼らの主張が正しいとして黒い素材の方が耐久性が向上しているのならなぜ公式サイトでアピールしないのか?もしくは同様の説明を商品と一緒に送ってこないのか?

もうね、こうなると企業倫理の問題ですよ。製品うんぬんよりその態度が気にくわねぇ!ってなるのだが、先方はこちらが素人だと思っているので古い在庫製品を売りつけようとしてるとしか思えない。

定価の半分でも原価割れしないだろうし、送料はこちらもちなので返品されても自分たちには損はない。こちらは送料を支払わなくてはならないので損失なのだが、こうなると絶対に買ってやるもんかとなる。

というわけでウェットスーツは配達された翌日すぐに返品した。今シーズンは古いウェットスーツはを修理してしのぐことに決定、買うとしたら年末セールを狙うことになるだろう。自分の中でOrcaは良質の素材を使っているし、サイズも自分にあっているので鉄板なのだが値段があまり下がらない。ROKAも値引きのメールが送られてくるが、元々の販売価格が高いのと各パネルの接着が良くないとネットで批評されているので躊躇している。

4-5年は使うものなので200ドル程度の投資は仕方がないが、使い勝手の悪い製品を長期間使うのは嫌なのである。OrcaのS4はエントリーレベルなのに伸縮性が良く、肩や腕への負担が軽減したので出来ることならこのレベルの快適性は維持したい。

う〜む、ウェットスーツは探しの旅は始まったばかりなのでR。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告

ウェットスーツ探しの始まり」への5件のフィードバック

  1. ウエットスーツは返品ですか・・・
    毎週SMOGでウエットスーツを使うのでVivid Fullsuitがまた99ドルで販売されれば買おうかと思ってました。 まあ、練習用でこだわりは無いので出来れば2年使えれば良いかと思ってます。

    そう言えば、ジッパーの歯が欠けてしまった2XUのウエットスーツはサンタクルーズのレースの前に連絡したらシーズンオフで在庫が無いからと言って替え(新品)が届いたのは3ヵ月後くらいだったので、カスタマーサービスは良くなかったですが、ROKAはレスポンスも良いし対応も良いですよ。 前回、ジッパーが壊れた件で問い合わせたら直ぐに連絡が来て発送用ラベルを添付してくれたので、年末の日本に帰る前に送ったらこちらに戻った頃には修理が完了して戻ってました。

    こう言う話しを聞くとやっぱ、カスタマーサービスは良いメーカーの方が安心ですね。 練習用は2XUかXterraで本番用はRokaにします。

    いいね: 1人

    • 使う用途でウェットスーツを変えるのは良いですね。自分は冬はフル、夏のレースはスリーブレスにしようと思っています。

      カスタマーサービスは対応の良い方が好感が持てるし安心ですよね。ROKA次回お会いした時に見せてください。実際に伸縮性を実感してみたいです。

      いいね

  2. ご無沙汰しています、以前SMOGでお会いしたルークです。私は同じようなタイミングでVortexを50offで買ったのですが、いつまでも発注されなくてweb見たら在庫切れ、コンタクトに、次の大会で必要なので発送見込みを教えてくれって聞いたら、返信ないかわりに一つ上のVectorが送られてきました、、私は得した方ですね。

    いいね: 1人

    • おお、それは良かったですね!きっとVortexを注文したからですよ。Voltはエントリーレベルで一番安いモデルですからねぇ。それにしてもアメリカらしい対応ですねぇ、在庫管理もちゃんと出来ないなんて。

      ところで最近土曜日の朝はいらっしゃていますか?

      いいね

      • 土曜日は自転車が忙しくてまったく参加できていません、、平日の夜にマスタープログラムで泳いでいるのですが、Akiraさんと同じ会社の方と泳いでいます。

        いいね

コメントは受け付けていません。