五島長崎トライアスロン・バラモンキング ー スイム篇

昨夜は午後9時に就寝したのに深夜、雨の音で眼が覚める。それから深い眠りに戻れず布団の中でゴロゴロ、時差ボケなのか、それとも緊張からなのかはわからない。それでも身体を休めることは出来た。

3時起床、外は小ぶりの雨。天気予報は朝方が小雨、午後から晴れる予想。朝食をとりに階下の食堂へ行くと選手の皆さんが続々とあらわれる。辻氏と今日の健闘を祈って別れる。4時半にシャトルバスの乗り場へ行き、一路スイム会場へ。

まだ曇天肌寒い中でゆっくりバイクのセッティングをする。185キロの相棒、計画通りに行けば完走出来るはず。おたま君やワンコさん、今井先生を発見。FBでしか知らない人達とこうして同じレースを走るなんて不思議な気分。

スタートまで時間があるのであんぱん、カステラ、スポドリを少しずつ胃に入れておく。スイムは徹底的にバトルを避ける作戦。スイムチェックのアナウンスがあったので水に入ると濁った海水で視界は悪い。漁港だから当たり前か。

一度陸に戻ってスタートまで待つ。ちょうど試泳から戻って来たワンコさんが心配して話しかけて来てくれた。誰も知り合いの居ない場所で声をかけてもらえると精神的に助かる。ありがとうワンコさん、でも気が利いた返事ができなくて申し訳なく思う。

スタートまでまで数分となり全員がスタート地点に横並びに浮いている。自分は中央付近の一番後ろに位置取る。フローティング・スタートは初体験、何が起こるのかわからない、わからない事はしないのが鉄則。

スタートの合図が鳴ると一斉に水飛沫があがりブイが見えなくなる。10秒ほど浮いて周りが前方に移動したのを確認してから泳ぎだす。最初はゆっくり心拍数を上げずに周りの動きを観察する。予想通り慣れない選手は蛇行を繰り返しお互いに接触を繰り返している。位置を確認するたびに立ち泳ぎで横に蹴りを入れている選手は極力さける。

こちらが間隔を空けてもドンドン寄ってくる選手を避けて、しかも目標に向かって泳ぐのは経験が必要なのかもしれない。今年は年初からOWSのグループトレーニングに参加していた成果出たようで精神的には楽に感じた。一番遠いブイが外海に近いので若干うねりがあったが、いつも地元で泳いでいる海に比べたら余裕だった。

問題は2週目を回った頃から尿意を感じ始めたこと。一番奥のブイの先まで行って立ち泳ぎをしながら済ませようと思ったが全然出せない。変に立ち泳ぎをしているとライフガードに心配をかけるので諦めて泳ぎだす。波がほとんど無いので長くゆっくりなストロークで体力を温存する。

最後は左側にコースロープを見ながら泳いでスイムアップ。疲れは全く感じない、息もあがっていない。海岸まで後方から来る波を心配しないで泳いだのは2011年のIMオーシャンサイド以来。バイク・バッグを受け取り更衣室へ、とにかく早く着替えてトイレに行きたかった!wwwwwwwww

SWIM 1:23:04 351位

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告