翻弄された週末トレ

バラキンまであと一ヶ月。
あと4回の週末を残すのみ、これからはブリックに集中していこうと決めてトレのスケジュールを組んだ。なのにだ、今週末は気温が2月に逆戻り、降水確率60%雷雨も予想されていた。

天候に文句を言っても仕方が無い。土曜日は午前中に野暮用を済ませてジムに籠ることにした。プールで4キロ、キロ20分程度のスピードで1時間20分。その後スピニングバイクの跨り30分ケイダンス重視、30分ヒルクライムを想定。2時間半ひたすらペダルを回し続ける。

ジムに入った時は曇天だったのに、4時頃には青空が広がっていた。くっそー、これなら外でトレーニング出来たではないか!やはり南カリフォルニアの天気予報はあてにならない。

日曜日は昨日と同じく曇天、冷たく湿った空気だったが晴れるとかけてバイク練。公式サイトによるとバラキンのバイクコースは185キロの区間中、高さ150メートルの低い山を4回登ることになっている。過去のレース参戦者のブログでも高低差がキツイとあったので坂トレに重視。

地元のパロ山は高さ400メートル、この山を中心に八の字を描くように回ると3回坂を登ることになる。ところが日曜日の伏兵は登り坂ではなく、下り坂に潜んでいた。登る時にかいた汗が下り坂で冷えるのだ。日曜日の気温は53℉(11℃)冷たい潮風の吹く海に向かって坂を下るとその冷え方が半端ではなく、マジで耳がちぎれそうに冷たい。シューズカバーなど持っていないので足の爪先がどんどん冷える。唯一アームウォーマーをしていたのでなんとかしのげたが、これが無かったら途中で中止していたに違いない。土曜日のジムのトレーニングで筋肉痛、乳酸いっぱいの脚をさら苛めて3時間のバイク終了。

20170507_122003

カリフォルニアには似合わない鉛色の空

ランシューズに履き替えてトレイルラン開始。もうね、最初の数キロは脚が痛くて痛くてまったく進めない。いつものことだが、これに慣れないとレースでは無駄な時間が多くなるので我慢して前に進むしかない。このあたりで通り雨に追いつかれて雨中ラン。大きな木の下に隠れるが止みそうにないので走り続ける。最後はキロ5分ちょっとで下り坂を駆け下りる。1時間8.7キロ、情けなぁ〜い。

20170507_151323

折り返し直前で雨につかまる

20170507_153358

突然空が開ける

20170507_155212

忙しい天気じゃ!

車に戻ってジムによってサウナに入り疲れた筋肉を揉みほぐす。さっぱりして外に出ると北の空は真っ黒な雲に覆われ気温は急激に下がっていた。家に帰る10分程度の間にゲリラ豪雨、標高の高い街では雹が降ったらしい。

トレーニング中にあの豪雨が降らなくて良かった。晩飯を用意していると青空が広がってきた。天候に振り回された週末トレーニング、来週以降は安定してくれることを祈るのみ。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村