2016年海老漁解禁

今年も海老漁解禁の日がやってきた。

通常の勤務が終わってから野暮用に出席して自宅に戻ったのが夜9時。出漁は11時の予定なので一年ぶりにダイビング器材を準備。ウエットスーツの膝のパッドの間に大きな亀裂が入っているので接着剤をつけて塞ごうとするが破断部が大きすぎて無理っぽい。ふと修理箱の中を見るとバイク用のパンク修理パッチが目に入ったので、とりあえずこれで応急処理しておく。

20160930_225202

今年はトライアスロンに集中していたので潜り方を忘れてしまったんじゃないかと心配。夜11時に自宅を出発、車を走らせて30分ほどのダイビングスポットへ到着。顔見知りのダイブ仲間はすでに準備を済ませていた。何人か新しい人も増えていたようだ。

午後11時45分出発、水に入るのは9月30日だが解禁日は10月1日なので戻ってくるのは真夜中を過ぎてから。毎年海老ダイバー達はお気に入りのポイントでリミットの7匹を目標に漁に出るのだ。

日中確認した波予報では波が低いはずだったか、ポイントはかなり高い波が来ていた。引き潮のはずだったが満潮時に近いのか海岸の岩場には白い波がうち寄せている。エントリーポイント近くは砂が舞っていて透明度が悪そうだったので、遠くのポイントまでフル装備で岩場を歩くことにする。

例年になくフリーダイバーが多い、岩場であった二人組には女性がいて驚く。こんな荒れた状況で女性が潜るということ自体が稀なのである。溺死者も出ることがあるので、無事を祈る。危険なのは自分も同じなのだが。

海の入ると水温は64°F程度だろうか、例年に比べるとやけに暖かい。予想していた通り海岸付近は海水が濁っていてちぎれた海藻が待っている。こんな時は迷わず20フィート以上の深さへ行く、その方が波の影響が少ない。海岸付近はかなり強い潮の流れを感じるが、50ヤードほど離れると落ち着いて潜れる。

自分のお気に入りスポットより南側に入ったのだが、なかなか良いサイズの海老ちゃんに会えない。自分は海老はハーレムをつくる習性があると考えている。小さな海老が多くいるということは其処を営巣地にして大きな海老が潜んでいるはずなのだ。小さな海老を発見した岩礁のまわりをくまなく探して岩穴を探す。

そこで1匹目をゲット、2匹目も同じスポットで捕まえた。この時点で潜水時間30分ほど、ダイビングと海老漁の感覚が戻って捕まえずとも一見しただけで捕獲して良いサイズかどうかわかるようになった。25-30フィートの深度でコンパスをたよりに移動しながらさらに1匹ゲット。

このあたりで潮の強さが変わってきたのがわかったので多めにエアーを残して戻りはじめる。水面移動をするが上下の揺れがひどいので再び潜水、押し潮の時だけキック、引き潮の時は海藻に掴まって戻る。帰る途中で最後の1匹をゲット。エクジットポイントに来た時にはかなり波が強くなっていて水中は泡で真っ白だった。波がおさまるのを待つつもりだったが、気がつけば波に押されて浅瀬にきてしまった。

立てる水位になったら直ぐにフィンを外して岩の陰に隠れるが波が強くて押し倒される。このままだと岩礁にうちつけられて怪我をする可能性が大きいのでフィンを海岸に投げて、急いで上陸。やはり現場から離れると感覚が鈍っていた、それでも最低限危険な場所は覚えていたらしい。

車を停めた場所まで戻ると捜査官が先に戻っていたダイバー達を取り調べていた。彼らは突如現れて抜き打ち検査をおこなう。許可証を持っていなかったり、海老の大きさが規定以下であればその場で違反切符を切る。またアワビなど捕獲禁止になっているものを発見すればその場で逮捕、ブタ箱行きである。

いつものように漁猟許可証、海老捕獲リポートカードと運転免許証を提示、海老を1匹ずつ目の前でサイズを確認させられる。数年前に証拠も無いのに切符を切られた経験がある、検査官によっては嫌な奴もいるのだ。

dscn1614

着替えてからレドンドビーチのDive ‘N Surfへ行き海老を計量してもらう。これをやってもらえると記念のTシャツがもらえる。今年のデザインは大統領選をパロったらしい。悪くない。ここでコーヒーとマフィンをいただきタンクのエアーを入れてもらう。今年も無事に海老シーズンが始まった。来年のバラキンのトレーニングがあるので毎週末潜るということは無いだろうが、年内は頑張ってお正月料理用の海老をゲットしたいと思うのでR。ちなみにこの日家に戻ったのは午前3時半、それから器材を洗って海老を袋詰めにして寝たのは4時半だった。ちかれたび〜

20161001_02435120161001_124422

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告

2016年海老漁解禁」への2件のフィードバック

  1. 深夜のダイビングですか?ちょっと怖いけどAkiraさんのようなベテランになると大丈夫なのでしょう。こういうのは私にとっては冒険です。でも大きなエビを4尾もゲット出来てよかったですね。

    いいね: 1人

    • ははは、ボクはベテランではありませんよ。ボクの師匠はベテランでしたが最近は70歳に近づいてきたので陸にあがったままですねぇ。真夜中の海では小さなサメに遭遇したり、海老を捕まえようとしてウツボに噛まれたりすることもありますが楽しいですよ。海老やタコ、ウニを目指して潜ります。

      いいね

コメントは受け付けていません。