逝く命と新しい命

今朝一番の驚きは、在豪中にお世話になったあるご婦人の訃報。スコットランド人のご主人共々、短くも濃厚な時間を過ごさせていただいた。当方がアメリカに移住したのち彼女も田舎へ移られたのでシドニーへ行くことがあってもなかなかお逢いする機会がなかった。今年の8月にようやく再会がかなったが、彼女は既に体力がなくなり老人介護ホームへ移っていた。短い滞在時間だったが、偶然彼女の息子とも会うことが出来た。そしてあれが最後の別れになってしまった。

法華経の死生観でいえば日蓮は「い(生)きてをはしき時は生の仏・今は死の仏・生死ともに仏なり、即身成仏と申す大事の法門これなり」といった。また別の教えでは「生あるものは、必ず臨終の時を迎えます。しかし、生命は永遠です。自分の生命がなくなるわけではありません。大宇宙に冥伏するんです。ちょうど、一日を終えて、眠りに就くようなものです。時が来れば、また生まれてきます」と言っている。

友人、知人が亡くなるのは悲しい。家族となればなお悲しいものである。しかしそれは永遠の命の流れから見れば一時的なものである。故人の新しい旅立ちだと思えば、かえって喜ばしいことである。もちろん理論的にはそうではあるが、残された者の悲しみは故人との「思い出」が自分が死ぬまで続くことだ。

人生の半分も過ぎれば、悲しいことに友人知人が鬼籍に入ることにも慣れてきた感がある。特に冬場は亡くなる人が多くなるような気がする。立て続けに訃報が届くと若干気が滅入る、しかしこれも人生である。

それに届いたのは訃報ばかりではない、知人から初孫誕生の知らせが届いた。逝く人がいれば、生まれくる命もある。高齢化社会、少子化社会となれば数的には逝く人の方が多いのかもしれないが、それでも生まれてきた命が充実した人生を送れるように、少しでも良い社会にしていくのが今を生きている自分たちの役目なのかと思う。

01300000288883122718432922813

スミさん、大変お世話になりました。
ありがとうございました。

合掌

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告

ロング・ビーチ・マラソン反省会

ロング・ビーチ・マラソン完走

Screen Shot 2016-10-16 at 12.20.24 PM.png

サブフォーを目指していたが今年も撃沈でした。
昨年は熱波で30℃を超える中でのレースで最後の10キロで潰れましたが、今年も同様気温が高く最後は辛い状況でした。しかし今回の最大の問題はスケジュール管理。

いつも通りのトレーニングを続ければ余裕だと思っていたが嫁の転職で3月の休暇が6月に変更、さらに8月の旅行が追加。これで一週間トレーニングも減量もふりだしに戻る。

自社スポンサーのショートのトライアスロンレースが9月の第2週。そしてロングビーチが10月の第2週でした。一ヶ月の余裕があると思っていたが、7月に突如参加レースが9月の第3週に変更。

休暇の遅れを取り戻す為に通常二ヶ月かかるショートのトレーニングを一ヶ月でやったのでマリブではそこそこ走れたが、その時点で疲労が溜まっていた。3週間後のフルマラソンまでは疲労回復する時間もないまま追い込みを続けたのでレース5日前に右脚梨状筋を肉離れ発症、2日スローダウンしたがレース2日前に再発。

レースではコンプレッションスリーブで太ももを締めつけて走ったが、フォームが変わってしまい、27キロ地点あたりから右足の水ぶくれと左ふくらはぎが痙攣したのを騙しながら走った。

0008

サブフォーのペースランナーとパックを作って走ったが、彼らはフラットペースでトイレもいかずエイドもほとんど歩かないまま。練習不足なのに無理して彼らのペースで走ったのがいけなかったのか、後半脚が売り切れてしまった。

0035

今年は反省ばかりのマラソンでした。2年続けて天候に恵まれなかったということもあるが、スケジュール的に10月のフルマラソンは無理だと実感。やるならば1月か2月の方がコンデションを作りやすい。来年は6月にバラキンの予定なので、フルマラソンの予定を入れるなら2018年以降になるだろう。しかし、やりたいトライアスロン、マラソン、トレイルランが多すぎてお金も時間も無い、しかも移り気なオジさんには悩ましい限りなのでR。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

2016年海老漁解禁

今年も海老漁解禁の日がやってきた。

通常の勤務が終わってから野暮用に出席して自宅に戻ったのが夜9時。出漁は11時の予定なので一年ぶりにダイビング器材を準備。ウエットスーツの膝のパッドの間に大きな亀裂が入っているので接着剤をつけて塞ごうとするが破断部が大きすぎて無理っぽい。ふと修理箱の中を見るとバイク用のパンク修理パッチが目に入ったので、とりあえずこれで応急処理しておく。

20160930_225202

今年はトライアスロンに集中していたので潜り方を忘れてしまったんじゃないかと心配。夜11時に自宅を出発、車を走らせて30分ほどのダイビングスポットへ到着。顔見知りのダイブ仲間はすでに準備を済ませていた。何人か新しい人も増えていたようだ。

午後11時45分出発、水に入るのは9月30日だが解禁日は10月1日なので戻ってくるのは真夜中を過ぎてから。毎年海老ダイバー達はお気に入りのポイントでリミットの7匹を目標に漁に出るのだ。

日中確認した波予報では波が低いはずだったか、ポイントはかなり高い波が来ていた。引き潮のはずだったが満潮時に近いのか海岸の岩場には白い波がうち寄せている。エントリーポイント近くは砂が舞っていて透明度が悪そうだったので、遠くのポイントまでフル装備で岩場を歩くことにする。

例年になくフリーダイバーが多い、岩場であった二人組には女性がいて驚く。こんな荒れた状況で女性が潜るということ自体が稀なのである。溺死者も出ることがあるので、無事を祈る。危険なのは自分も同じなのだが。

海の入ると水温は64°F程度だろうか、例年に比べるとやけに暖かい。予想していた通り海岸付近は海水が濁っていてちぎれた海藻が待っている。こんな時は迷わず20フィート以上の深さへ行く、その方が波の影響が少ない。海岸付近はかなり強い潮の流れを感じるが、50ヤードほど離れると落ち着いて潜れる。

自分のお気に入りスポットより南側に入ったのだが、なかなか良いサイズの海老ちゃんに会えない。自分は海老はハーレムをつくる習性があると考えている。小さな海老が多くいるということは其処を営巣地にして大きな海老が潜んでいるはずなのだ。小さな海老を発見した岩礁のまわりをくまなく探して岩穴を探す。

そこで1匹目をゲット、2匹目も同じスポットで捕まえた。この時点で潜水時間30分ほど、ダイビングと海老漁の感覚が戻って捕まえずとも一見しただけで捕獲して良いサイズかどうかわかるようになった。25-30フィートの深度でコンパスをたよりに移動しながらさらに1匹ゲット。

このあたりで潮の強さが変わってきたのがわかったので多めにエアーを残して戻りはじめる。水面移動をするが上下の揺れがひどいので再び潜水、押し潮の時だけキック、引き潮の時は海藻に掴まって戻る。帰る途中で最後の1匹をゲット。エクジットポイントに来た時にはかなり波が強くなっていて水中は泡で真っ白だった。波がおさまるのを待つつもりだったが、気がつけば波に押されて浅瀬にきてしまった。

立てる水位になったら直ぐにフィンを外して岩の陰に隠れるが波が強くて押し倒される。このままだと岩礁にうちつけられて怪我をする可能性が大きいのでフィンを海岸に投げて、急いで上陸。やはり現場から離れると感覚が鈍っていた、それでも最低限危険な場所は覚えていたらしい。

車を停めた場所まで戻ると捜査官が先に戻っていたダイバー達を取り調べていた。彼らは突如現れて抜き打ち検査をおこなう。許可証を持っていなかったり、海老の大きさが規定以下であればその場で違反切符を切る。またアワビなど捕獲禁止になっているものを発見すればその場で逮捕、ブタ箱行きである。

いつものように漁猟許可証、海老捕獲リポートカードと運転免許証を提示、海老を1匹ずつ目の前でサイズを確認させられる。数年前に証拠も無いのに切符を切られた経験がある、検査官によっては嫌な奴もいるのだ。

dscn1614

着替えてからレドンドビーチのDive ‘N Surfへ行き海老を計量してもらう。これをやってもらえると記念のTシャツがもらえる。今年のデザインは大統領選をパロったらしい。悪くない。ここでコーヒーとマフィンをいただきタンクのエアーを入れてもらう。今年も無事に海老シーズンが始まった。来年のバラキンのトレーニングがあるので毎週末潜るということは無いだろうが、年内は頑張ってお正月料理用の海老をゲットしたいと思うのでR。ちなみにこの日家に戻ったのは午前3時半、それから器材を洗って海老を袋詰めにして寝たのは4時半だった。ちかれたび〜

20161001_02435120161001_124422

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村