今季初スイムクラス

20160721_185307

昨夜は今季初めてのスイムクラス。
過去4年お願いしてきたコーチから新しいコーチに変更。
今回のコーチは2011年に一度OWSを習ったことがあったIan Murrayと彼のスクールコーチBrian Mineo。

昨夜「呼吸」についてコーチから説明があったので参考になれば。

「スイムで呼吸が苦しいという選手がいるので説明します。
あなたたちはランニング・トレーニングをしますよね?
その時に二歩進むごとに息を止めますか?
もちろん答えはノーですね。

スイムも同じです、陸上を走るように息をしましょう。
ではなぜ苦しくなるのか?
そういう問題のある選手のほとんどが
口が水面に出た時に思いっきり吸い込み
顔が水に水没している時に息を止めてしまうからです。

息を吸うのは50%程度、そして水中でそれを吐き出す。
どちらも50%にとどめて、落ち着いて呼吸することが重要です。
思いっきり息を吸い込むと肺が膨らみ上半身が浮きます。
その結果下半身が沈みこんで水の抵抗を生むのです。

水中で身体は腰を支点にしてシーソーをするように動きます。
だから水の抵抗を少なくするためには上半身が浮かないように
呼吸は安定したペースで、前に出した腕は水平ではなく
4時から4時半の方向へ伸ばしましょう。
特に太った選手は脂肪で上半身が浮き気味になるので
腕が上がらないように気をつけてください。」

う〜ん、気にしたことがなかったけれど納得。
空気の量まで考えたことがなかったです。

レッスンが終わって更衣室で着替えていると
スイムウェアがボロボロだったことに気がついた。
水着は消耗品と割り切っているので
早速アマゾンの奥地で次のウェアを探す。
去年から使っていたZootのジャマー、
前期モデルが生産中止で処分品になっていた。
45ドルが18ドルということで2つオーダー。
これで2-3年はウェアを心配しなくてよさそうでR。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告

今季初スイムクラス」への2件のフィードバック

  1. 陸上を走るように呼吸するって新鮮な情報でした。50%の呼吸を試してみます。上半身が浮きすぎないように注意するという点も
    知りませんでした。スイムでは水平が大切なんですね。

    いいね: 1人

    • 何年もトライアスロンをやっていると、わかっていると思っていても以外に知らないことばかりですね。プロにコーチしてもらえるチャンスがあるなら積極的に参加しようと思いました。

      いいね

コメントは受け付けていません。