ランニングシューズ探しの旅は長く険しい

休暇前にHOKA ONE ONE Cliftonが欲しくてネットで探し回ったのだが、定価が130ドルでは即ポチできない。たまたまあるレビューサイトを眺めていると同じランニングシューズのカテゴリーでSaucony Cohesion 9を薦めていた。

Saucony Cohesion 9

Saucony
Sauconyというメーカーを知らなかったのでwikiで調べてみると、結構歴史のあるランニングシューズメーカーだとわかった。もともとアメリカのシューズメーカーで評価は悪くない。

runrepeat.comで調べるとなんと評価が1位。定価60ドル、ネット価格で39.95ドルになっている。ランニングシューズ選びは極めて主観的なもので評価サイトで良かったから自分の足やランニングフォームと合うとは限らない。それでもこの価格ならばハズレたとしても普段履きには使えるだろうと休暇後に配達されるようにアマゾンでポチしておいた。

休暇後にジムへ行くと同年代でマラソンとトライアスロンをやっている同僚がトレッドミルの上で走っていた。足元を見るとなんとSaucony Cohesion 9、自分がオーダーしたものと同じシューズを履いていた。選んだ理由を聞いたところ、自宅近くのスポーツショップでナイキの120ドルのランニングシューズを買おうと思っていた。しかしお店にあった別のシューズを試したところ自分が欲しかったナイキと同じフィーリングでナイキの半分の価格だったので購入したという。

随分昔のことだがオーストラリアの報道番組で30ドルと100ドルのランニングシューズの比較をしたことがあった。何人かのランナーに履き心地を比べてもらったところ、大差は無かったのだ。これはあくまでも主観的なものなので100ドルを超えるシューズがダメだというわけではない。ただ、自分にとってはレース用の軽くて底の薄いシューズはどんなに性能が良くとも使う気になれない。足底筋膜炎で歩くことさえ苦痛になった経験をお持ちの方ならご理解いただけるだろう。
2014年に初めてのロングレースを経験したが、その初期のトレーニング期は足底筋膜炎を発症していて走るたびに苦痛だった。専門医からの助言でシューズを換え、さらにNew Balanceのインソールを使うようになってから痛みはなくなった。だから自分にとってランニングシューズ選びは完走できるかどうかの要なのである。

HOKA ONE ONE Cliftonも値段が安くなれば購入したいのだが、節約アスリートには定価で買える余裕はない。もしSaucony Cohesion 9との相性が良ければ10月のフルマラソンで使うかもしれない。

ブログでは2016年バラキンのレースリポが多くなってきた。それらの記事を参考にバラキン攻略トレーニングを始めるつもり。勝負はバイクとラン、坂道攻略と湿度なのではないかと思っている。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告

ランニングシューズ探しの旅は長く険しい」への2件のフィードバック

  1. HOKAはクッションが抜群に良いらしいですね。ロングにはバッチリでしょう。私もいつの間にかシューズの在庫が増えてしまいました。あれこれ試してみるのも楽しみの一つだと思います。
    私も来年に向けてそろそろ練習開始です。
    Akiraさんの言うとおり、坂道練習が鍵でしょう。

    いいね

    • 弊社がスポンサーをしているトライアスリートがいつのまにかシューズをHOKAに変えていました。それで連勝を重ねているので悪くはないと思いますが、ロスでは取り扱い店が少ないので量販店では買えません。もうちょっと安くなれば良いのになぁと思っています。
      今年のレースリポートを読みながら来年のバラキン攻略を検討しているところです。2017年は一緒に走れることを目標にしています!

      いいね

コメントは受け付けていません。