トラブル続き

土曜日はひさしぶりに晴れ、大きな雲がぽっかり空に浮かんでいたが雨を降らせるような感じでは無かった。こんな日に限って野暮用が朝と午後にあったのでトレーニングは無理かと思ったが、大阪の今井パイセンから「少しでも時間があればトレーニングしています」とFBでアドバイスされたので会社のジムでスピニングをすることにした。

いつもどおりボッチ練かとおもいきや、途中から顔だけは知っている社員がバイクジャージで入ってきた。他の同僚とライドだったが走り足りなかったのか彼もスピニングを始める。名前がジェフとわかった。二人でしばらく回しているとITのミツがやってきた。彼は3年ほど前にトライアスロンを初めてここ数年は一緒にトレーニングをやってきたのだ。

一ヶ月ほど前にあったレース以降バイクに乗っていないというので、日曜日のライドに誘うと渋々承諾してくれた。今週末はボッチ練じゃないと喜んで、朝9時に会社の駐車場に集合と決めて別れる。彼は同じ市内在住なのだが、PVは走ったことがないという。

翌朝9時に会社へ行くとミツからテキスト、「今起きたからこれから向かう」と言う。ミツは日系二世なのでヒスパニック系アメリカ人に比べれば時間にはきっちりしているはずなのだが、ITと仕事柄突然の仕事が入ったのかもしれないと待つことにした。結局彼が姿を見せたのが9時50分、駐車場を出発したのが10時10分。今日は晴天、気温が上がることと交通量が増えることが心配だったがなんとかなるだろうと出発。

昨日のスピニングの所為なのか、それともトレーニング用のチューブで重量が増えたせいかペダルが重い。走り出しから太ももが怠い。こちらが誘ったのだから中止するわけにもいかず、ケイダンス重視のペダリングを続けて15分くらいで楽になる。そこからアップダウンの多いコースを二人で走る。ミツはクリートに慣れていなくて信号で止まるときに2回に1回程度の割合で立ちゴケをする。去年買ったばかりのP3でこれまた初めてクリートを付けたのだ。

いつもより遅いペースで走りながら、コース上のトイレや給水ポイントを教えながら進む。一度回ってしまえば後は一人でも走れるだろう。コースも半分をこえた辺りで突然Fディレーラーからおかしな音がし始め、そしてギアが完璧に動かなくなる。道路脇に止めてFディレーラーをチェックするとディレーラー自体がアウターギアの内側に落ちている。こんなことになってことが無いので、とりあえず携帯工具でディレーラーを外す。どうやらフレームと固定しているボルトが緩んで、シフティングした時のワイヤーの力でディレラーがずれてしまったようだ。原因はわかったが同じ位置にFディレーラーを戻してもなぜか動かない。

このままではフロントはインナーに固定されたまま、しかもディレーラーの位置が悪いのかリアも大きギアから5枚程度しか使えない。どうしたものかと思ったがこれ以降は山登りがメイン、フラットな部分はケイダンスのトレーニングだと割り切ってペダリングすることに決めてトレーニング続行。よく考えたら最初のロングのレースも落車して同じような状態で160キロ走ったのであった。

その後は使えるギアだけを使って山を登り、山登り初心者のミツのためにいつも以上に休憩をとりながらPV完走。山頂の絶景を楽しみながらトレーニングはこなしたのである。心配していた気温は思ったより上がらず、絶好の晴天と海からの冷たい空気に助けらてボトル二本の水で終了。会社に戻って解散したのである。

会社の駐車場のジャカランダが満開。この紫の花が散るとロスの本格的な夏到来である。

ジャカランダ

真っ青な空に紫の花をつけたジャカランダ

夜、ガーミンからデータを取り出すとなぜか山の山頂からのデータがぶっ飛んでいる。たぶん4年くらい使っているのでそろそろ寿命なのか?このところ動作不安定な時があって心配していたのだが…。ガーミンオーナーの皆様、ガーミンの寿命てどのくらいなんでしょうねぇ?

https://www.strava.com/activities/585050857/embed/2105057db83e013c8626a58cf98033e2aaf2412d

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告

トラブル続き」への3件のフィードバック

  1. お疲れ様です。
    どこも同じじゃないですかね?
    そんなことよりこのブログ奥様見られませんか?
    一歩間違うと火に油を注ぐことになりますよ〜んw

    いいね

  2. いやあ頑張っていますね。バイクの故障も自分で直せるとは素晴らしいです。アートだけではないAkiraさんを改めて見直しました。
    いつも私の事も気にかけてくださりホントに感謝しています。
    会社にジムがあるなんて羨ましいです。

    いいね: 1人

    • 2014年のレースで転倒、その時にメカニカルなことがわかるとトレーニング中はもちろんレース中にも違った対応ができるのじゃないかと勉強しています。それでも毎回違う問題が発生するのでなかなか難しいです。

      会社にジムがあるとトレーニングしない理由を見つけるのが難しいです。逃げれない状況を作っています。ww

      いいね

コメントは受け付けていません。