Intermittent Fasting

栄養学に詳しいトレーナーと今後のダイエットを検討。今朝自分の体験した「頭に霧のかかったような」状態を説明。予想していたとおり彼も「5:2ダイエットではアスリートにとって必要な栄養素、カロリーが不足してトレーニングに影響がでるだろう」アドバイスだった。筋肉内のグリコーゲンが減って力が出なくなるそうだ。

ということで「断続的断食」第二弾。
今度は食事の時間帯を制限する断食、英語ではIntermittent Fastingという。午後12時から夜8時の間に食事時間を限定する。

期待できる効果としては:

  • 断食している間は代謝が増加する。
  • 寿命が延びる可能性がある。
  • 健康診断の数値(インスリン感受性など)が改善される。
  • レプチン感受性が向上する可能性がある。これが向上すると、身体が痩せた状態でも快適でいられる。
  • IFは、通常のカロリー制限に比べて、お腹まわりなどの「落ちにくい体脂肪」を落とす効果が高いとされる。ただし、もともと細めの人でなければ、この効果は感じにくい。

断食(節食)を始めると「食べなくても大丈夫」と感じられる。1日三食を食べるという習慣は疑っていいのじゃないかと思い始めている。食いしん坊、いやしん坊なので美味しいものを食べたいことに変わりはないが、空腹に慣れるということで自分の身体の変化に敏感になってくると思う。

ご興味があれば下記のサイトを参照されたし。

朝食は重要ではない!?「断続的断食法」によるダイエットで健康に!
http://matome.naver.jp/odai/2143253351131897401

断続的な絶食は、健康に劇的な効果がある(Dr. マーコーラ)
http://choice-suppli.com/weblog/2946/

「朝食が重要」はウソだった…ので、朝食抜き「断続的断食法」の理論と実践
http://www.lifehacker.jp/2015/05/150525intermittent_fasting.html

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告

Intermittent Fasting」への2件のフィードバック

  1. ファスティングは私もやっています。これぞダイエットという感覚です。
    練習をしない日は食べないという規則にすると何とか我慢できます。
    翌日の朝のみかんが一層おいしく感じられますよ。
    ぁ秘密をばらしちゃた。
    Akiraさんの勉強好きには驚きました。徹底していますね。

    いいね

    • ダイエットに関してはカスタムメイドにする必要がありますね。トレーニングを続けながら健康的に痩せる、そしてそれが継続できる必要があると思います。5:2ダイエットだと脳にブドウ糖がいかずに反応が鈍るのでダメでした。

      IFはボディビルダーやプロのトレーナーも教えているようなので期待しています。それにしても第二次大戦前は「飢え」が日常だったのにいつのまにか意識的に飢えないといけない時代なんですね。

      いいね

コメントは受け付けていません。