Black Mass (邦題:ブラック・スキャンダル)鑑賞完了

2011年6月22日、ニュースを見ていたら「ホワイティー・バルジャー、サンタモニカで逮捕」という報道が流れた。FBIが長年追い続けていたという凶悪犯だという。しかしニュースには犯人の写真として白いヒゲの爺さんの写真が映し出された。どう考えてもこいつが凶悪犯とは思えなかった。

映画は1970年代から1990年代にかけて活動したボストン裏社会のドンである。あらゆる手を使って金と力を手にした恐るべき犯罪者の映画である。女性には絶対にオススメしません。とにかく言葉が汚い、日本語に翻訳するのは大変だと思われる。殺人や拷問場面が多い、こんな映画を観るのは物好きな映画狂だけである。

ジョニー・ディップが狂信的な犯罪者を見事に演じている。もっと太っても良かったかもしれないが、彼の眼力の恐さは変わらない。ひとり息子と母親に対する愛情はみせるが、その二人が死んでからは凶悪度が加速していく。

いくつかの賞にはノミネートされているらしいが、たぶん好き嫌いのはっきり別れる映画。個人的には殺伐すぎて二度観る事はないだろう。

★★☆☆☆

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告