Everest (邦題:エベレスト 3D)鑑賞終了

登山の経験が一度でもあれば是非見て欲しい映画。登山に興味がない人には疑問だらけの映画ではなかろうか。ちなみにボクは谷川岳に一度登っただけなので、興味はあるけれど冬山登山や高山病になるような山の経験はない。なので「怖い」という感想しかない。

1996年に実際にエベレストで発生した大量遭難事故の映画化。ニュースで観た程度だったので事故の詳細は知らなかったが、この映画で見る限りでは人災だといって良い。近年エベレストは主要な登山ルートが開拓され商業化がすすんで登山経験、技術の無い登山者が増えた。ボクらがニュースで見るのはゴミが散乱するベースキャンプの状況ばかりだ。

簡単にいうと金儲け主義、自己中心的な登山者が自然の猛威で命を落とすということなんだが、それにしても素人が見ても無茶な登山である。そこまでして登ることに意味があるのか?映画の冒頭で「なぜ山に登るのか?」「そこに山があるからだ」という有名なくだりがあるのだが、自分の肉体や技術を鍛える事無くガイドにひかれて登るのは果たして登山とよべるのか?

ちなみに登山ルートには120体もの遭難者の遺体が放置されているそうだ。なぜなら山頂付近の気圧は平地の1/3、気温は零下26℃、死体を蝕む動物も腐敗させるバクテリア存在しない。ヘリコプターは気圧が低すぎて飛行できず、人力で遺体を地上までおろすことは不可能らしい。

事故についてはWikiを参照されたし。これを読んでからDVDで映画を鑑賞すると良く理解できると思う。
1996年のエベレスト大量遭難

★★1/2☆☆

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告