「Hitman Agent 47」鑑賞終了

2007年公開の「Hitman」の続編。ただし主演はティモシー・オリファントからルパート・フレンドに変わった。ゲームから派生した映画なのでプロットはそれなり、裏切りも何もなくただただガン・プレイが続く。キアヌ・リーブ主演「John Wick」で銃とマーシャルアーツを混合したアクションを作り出したが(正確には香港映画でかなり以前からあった)今回も同様にビシバシきてます。

カーアクションはAudiがグリグリ走り回る。マニュアルシフトがドッスンと入る音が好きなんだがこんなに傷をつけたら修理代が…。主人公は不死身なので敵からマシンガンで撃たれても一発も当たらない。どうもその辺のリアリティが無いからなのか評論家からの評価は悪い。それにポーカーフェースな役なので演技うんぬんでもない。

映画の最後で敵が復活するシーンを挿入したってことは続編があるってことだね。次回作はもうちょっと主人公が怪我をしてもらいたいものだ。ww

★☆☆☆☆

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告

「Hitman Agent 47」鑑賞終了」への2件のフィードバック

  1. オデッセイは原作の「火星の人」を今、読んでいるところですけど、こちら「ヒットマン」は見る気がしませんね。30キロ走で疲れて休憩に映画ってのはオシャレです。

    いいね

    • ヒットマンはゲームマニアか余程の映画中毒者以外にはオススメしません。映画は固定バイクに乗っている時以外には滅多に見ませんねぇ。貧乏ヒマ無し、それに我が家の鬼嫁様の監視が厳しくてのんびり映画など見せてはくれません。

      いいね

コメントは受け付けていません。