LA Triathlon at Torrance Beach参戦リポート バイク篇

bike

トランジションを出た時点から上り坂、最初は軽いギアでケイダンス重視で登る。住宅街へ入るとさらに勾配がきつくなり最初の10%を越える坂が数百メートル続く。その後一度緩い勾配のある直線があって下りの激坂、坂の下で90度以上の右折を過ぎると細かい上下を交えて折り返し、同じコースを4周してトランジションへ戻る。

とにかく坂だらけである。最初の上り坂でマウンテンバイクの選手に抜かれるのだが、直線で抜き返して往路の登り坂で抜き変えされるのを4回繰り返した。上りで負けない脚力が欲しいとしみじみ考えた。このあたりからジリジリと陽射しが強くて日焼け止めを塗り忘れた首筋や肩が痛くなってくる。コース上にエイドステーションは無い、ただ折り返し地点に水のタンクが置いてあるので欲しい人は停止して勝手に飲んでくれと主催者から説明があった。とにかく人員が足りないのでエイドでのボランティアが配置出来なかったのだろう。

Screen Shot 2015-09-19 at 4.08.45 PM

途中トラ仲間のマサさんが撮影しているのに気がついた。一番苦しい坂の下と上でカメラを向けられていたので笑うしかない。いやらしい場所で撮影しているなぁと思ったがFacebookで公開された動画をみると自分の顔なんてほとんどわからなかった。そんなもんだよね。www

途中、同僚とエールを送り合うがさすがに4周目になると疲れて声も出せない。拳をあげてガッツポーズをするのがやっと。距離的には水はボトル一本で良かったのだが、身体にかける様に予備のボトルを用意していて正解だった。途中から頭や身体を冷やしていた。

写真提供:Master Athlete Support Associates LLC

写真提供:Master Athlete Support Associates LLC

昨年は坂道の途中で後輪のディレーラーが外れた選手がいたが、今年はチェーン切れの選手がいた。切れたチェーンを首にかけて歩いていた。はたしてあの選手は完走出来たのであろうか?4周目が終ってトランジションに向かっていた時点で体感的には気温が37℃を越えていたと思う。あとで同僚に聞いたところ、この時点で暑さでギブアップしたという。

ラン篇へつづく

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告

LA Triathlon at Torrance Beach参戦リポート バイク篇」への4件のフィードバック

  1. Akiraさん、独占撮影させていただきましたMASAです。オリンピックディスタンスで、周回コースということで、すべて撮影させていただけました。特に坂のAkiraさんを狙うつもりはなかったのですが、見下ろす風景が撮れればなぁとあの辺をウロウロしていたしだいです。

    いいね: 1人

    • ははは、独占撮影ですか。NBC UniversalがIM KONAのイントロで映像を使いたかったらしいので放映権を売りつけてください!
      坂のつらいところで毎回マサさんを発見したので「いけずな人や」と思っていましたぁ。(≧◇≦)

      いいね: 1人

  2. スイム編とバイク編を一緒に読みました。キャプテンとしての役割も果たしながらのレースとはご苦労様でした。激坂の後遺症はありませんか?
    私もMASAさんのビデオでAkiraさんのランの姿を少しだけ見ることが出来ました。余裕たっぷりとお見受けしました。ランはどうなったか?楽しみです。

    いいね: 1人

    • ありがとうございます。
      他のメンバーの面倒をみるのは大変ではありません。いつも一人でトレーニングしているので、たまに他の仲間がいると刺激になります。特に会社の同僚はひとまわりもふたまわりも若い連中なので、なんとか負けないように頑張ろうと思います。
      バイクの激坂の後にランも激坂なので脚がジワジワとへたってきます。乳酸バリバリで走り続けるのが一番きつかった。

      いいね

コメントは受け付けていません。