Heather Jacksonのセミナーから学んだこと

コーチがセットアップしてくれたウェッブセミナー、今日のゲストはプロアスリートのHeather Jackson。初心者向けのセミナーだったのだがいくつか気になったポイントをシェアしたいと思う。

「違法なドラッグよりも睡眠こそが一番効果的なリカバリー薬。」

「プロになって最初の3年はトレーニングとレースに明け暮れてシーズンオフになると病気をしていた。リカバリーを考えるようになってようやく上位に入れるようになった。」

「レースで苦しい時に考えること…。最近病気で死んでしまった友人がいるのですが、彼女の闘病時の苦しみに比べたら自分の苦しみなんてたいしたことない。だからいつも彼女の顔を思い浮かべて、彼女に負けないように頑張る。」

「レース直前に注意すること、5%のオーバートレーニングよりも、5%のトレーニング不足の方が良い。」

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告

Heather Jacksonのセミナーから学んだこと」への4件のフィードバック

  1. なかなかその境地に達するのは大変ですね。結局、そこまで練習量を確保すること自体が難しいリーマンですからw
    ランニング始めた時もそうでしたが、まずはオーバートレー二ングを実際に体験して、そこから何を学ぶか。
    その前に自分は練習です(^_^;)

    いいね

    • オーバートレーニングというのは個人によって許容量が違うので「ここが限界」なんてのは見えないわけです。彼女も言っていましたが、トライアスロンを始めた当初はとにかく自分の限界までトレーニングするのがベストだと思っていた。それで毎回怪我や病気をしてしまい結果が出せない。コーチチングを受けるようになってからトレーニングのやり過ぎを指摘された。それから成績が伸びるようになったそうです。

      一般人の問題は「全然トレーニング出来なかったからせめて直前だけでも高負荷トレーニングをやろう」とやり過ぎてしまう。結局本番では疲労が抜けずに失速してしまうというのがよくあるパターンじゃないでしょうか。

      いいね: 1人

  2. おおっ!Heather ちゃんからの直接コーチですかっ!?
    昨年位かラメキメキと実力発揮。あの桜吹雪にモンモンカッコいいですなぁ〜
    コチラのビデオでもバッチリ撮影させて頂いてます。

    いいね: 1人

    • 今日はQ&Aで彼女にいくつか質問させていただきました。刺青だらけ、モヒカンの容貌からは想像できませんが、話し方はいたって普通の若い女性でしたよ。スラングやFワードも使わないし、照れているのかクスクス笑いながらも丁寧に答えてくれました。レズかと思っていたら近々結婚されるそうです。たぶんコナが終ってからでしょう。

      いいね

コメントは受け付けていません。