朋あり遠方より来る

シドニー時代の友人クロちゃんがやってきた。
彼はオーストラリアでアドベンチャーツアーの社長兼ガイドをやっている。
今回はブラジルのアマゾン川で一週間釣り三昧をしてきたらしい。
真っ黒に日焼けしてまさに名前の通りのクロちゃんだった。
羨ましい限りである。

ロス滞在は朝7時から夜7時半までだというので、
休暇を取って空港まで迎えに行く。
自宅に戻ってシャワーを浴びたらさっそく
「寿司とラーメンが食いたい」と言う。

アマゾンでは現地のツアーに参加して食事もブラジル料理。
最初は釣った魚も食べたらしいが、そう何日も同じものは飽きたという。
日本人の多いロスならば寿司もラーメンも美味しいだろうと
期待していたらしいのだ。

ネットで調べるがあいにく月曜日定休の寿司屋が多く
Yelpで見つけた「森蔵」という寿司屋の人気が高いので
地図をプリントアウトして車で住所の示す場所に行くとそんなお店は無い。
そこには日系スーパーマーケットがあるだけ。
中に入ると店の奥にテイクアウトの寿司屋があった。
なんと人気の寿司屋はそこだったのである。

あまり期待せずにちらし寿司と握り寿司セットを購入。
近くの海の見える公園へ行こうと思っていたが
クロちゃんがビールが飲みたいというので、
ミツワマーケットのフードコートへ直行。
こちらでは公共の場でアルコールを飲むのは禁止なのである。

期待せずに食べ始めたお寿司が予想外に美味しい。
寿司ネタが厚く、シャリも人肌で酢の塩梅が丁度いい。
二人で当たりだったねと大満足。

その後、彼は日系スーパーマーケットの中を探索、
シドニーに比べて商品の安さ品揃えに驚いていた。

すぐに「次はラーメンに行こう」と言う。
昔からクロちゃんは健啖家である。
次はトーランスのラーメン屋「疾風丸(はやてまる)」へ。

ここはラーメン好きの知り合いに薦められていたのだが来店は初めて。
北海道味噌ラーメンが有名だというので
ボクは白みそラーメン+チャーシュー丼セットをコール。
クロちゃんは辛味噌ラーメン+チャーハンセット。
どちらも美味しくボリューム満点で二人とも満腹で動けなくなる。
こんなにドカ食いして良いのかと思ったが食欲には勝てない。

その後、地元パロスバーデス半島をドライブ。
高級住宅地で数億ドルの豪邸を眺めながら観光。
初夏を思わせるお天気のなかを男二人でドライブ。
そして腹ごなしに近くの小高い丘の公園まで山登り。

晩ご飯は嫁も合流する予定だったので一度帰宅。
最後の晩餐はとんかつ屋の「神楽」。
クロちゃんはここでも「ヒレかつ御前」にビール二杯を平らげる。
ボクは「ロースかつ御前」とコール。
二人でカキフライをシェアして、ここでも満腹。
なんだか短い滞在期間中食い続けていたような気がする。

アメリカに移住して15年、お互いいろいろなことがあったが
まだ元気で働けることが一番だなと感じた。
老後はシドニーに戻りたいがどうなることやら。

食い物の話なのに写真が一切無い。
今回はガイドだったのでカメラを持っていなかったである、申し訳無い。
ご興味のある方はリンク先で写真をご覧ください。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告

朋あり遠方より来る」への6件のフィードバック

  1. 古くからの友人、大切ですね。僕には親友と言える人がいません。事故で他界してしまったのです。海外で暮らしているとなおさら友人の力が大切に思えるのではありませんか?
    食べ歩きの記事を読みながら、お二人が自分の元気な所を見せ合っているように思えました。まるで「俺はこの通り元気だから心配するな」とでも言うように。

    いいね: 1人

    • あつめしさん、ありがとうございます。
      どこに住んでいても最後に頼れるのがお金と友達だと思っています。
      お金があっても友達がいなかったら淋しい。
      友達がいてもお金が無かったら遊べない。

      今回は確かに年甲斐も無く、二人で胃袋の大きさを競い合ったみたいですね。

      いいね

  2. ご友人、よく食べますねェ~。お寿司にラーメン&チャーハン!そしてAkiraさんもw
    Akiraさんは老後はシドニーですか?羨ましいなぁ~。ちょっと背伸びしてローズベイやワトソンズベイあたりに居を構えて下さい。そして、是非、遊びに行かせて下さいねw

    いいね: 1人

    • クロちゃんと知り合ったのは三十路を過ぎてからなのですが、二人とも呑んで食べまくりましたね。今回は彼のペースにはまってしまいました。

      老後はオーストラリアと考えていたのですが物価高騰で検討し直しかもしれません。以前は安かった家も高くなって手が届かない。ローズベイなんて無理無理、それよりも田舎へ引込んだ方が広い家が買えます。

      いいね

  3. お友達の来訪、嬉しいですね。
    シドニーは私が10数年、お世話になってる美容室のオーナー夫妻が昨年から語学留学で滞在してます。美容院に行くと№2の人が様子を知らせてくれます。
    来月、娘家族が滞在するバイロンベイに次女と行くことになりました。
    ローカルだけどリゾート地でもあるきれいな海、楽しみです。
    婿がバイロンベイの日本食レストランで働き始めたのでリンク先、そしてお料理も楽しませていただきました。

    いいね: 1人

    • ロスで知り合ったご夫婦は、日本では教師をされていたのですがお二人ともリタイアされて奥様はアメリカで暮らし、ご主人は山口県で趣味の山登りをされています。昔とは老後の生活は様変わりしましたね。

      25年前にボクが訪れた時のバイロンベイは静かな田舎町でした。
      Googleストリートビューで検索してみたらあの頃のままでした。
      さすがに車は新しくなったようですが、あまりの田舎ぶりに驚きませんように。www

      いいね

コメントは受け付けていません。