米映画と英伊合作映画

トレーニングしながらシュワちゃん主演の映画「Sabotage」鑑賞。
シュワちゃんもスタローンも肉体派から演技派に移行しようと
脚本を変えてみたり、コメディ路線へ切り替えた事があったが失敗。
やはり彼らにはアクションが似合うと思う。

この映画は監督、演出、撮影が秀逸で
シュワちゃん演じる老いた潜入麻薬捜査官を渋く描き出している。
ただし、銃撃戦など血しぶきがドバドバなので
その手の映画が苦手な人は観ないほうがいい。

後半のひねりは良かったが、演技の下手なシュワちゃんに
最後の数分感の演技は無理だったようで、
あの最後のシーンで安い西部劇になりさがっちまった、残念。
★★☆☆☆

もう一つは「STILL LIFE」というイギリス映画。
全体の色あいがいいのよ。
いつも曇っているイギリスの雰囲気が出ている。
(って行った事が無いのだが、ヨーロッパって曇り空のイメージが強いのよ
きっと南仏とか海岸側のイタリアは太陽サンサンなんだろうね)
ハリウッド映画だとパキッとした色合いに変えちゃうのだが
この映画は影もほとんど出ないくらいの曇天の日ばかり。

登場人物も冴えない人間ばかりが登場する。
主人公が44歳の公務員って設定がいい。
2013年制作だが日本でもようやく上映されるらしい。
英英語なので部分的に聞きづらいシーンがあるが、できれば字幕で観て欲しい。
ネタバレになるといやなのだが、ボクは泣けました。

でもね、公式サイトのコピー「奇跡的なラストシーンに感動!」じゃないのよ。
これ誰が考えたんだ?安っちいコピー。
感動じゃなくて、哀しくて切なくて泣けたのだ。
黒沢明監督作品「生きる」を思い出した。
★★★★1/2

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告

肉離れでR

以前会社のジムに頼んで「Triathlon Training Bible」を購入してもらった。
こんな本を読むのはボクだけだろうとタカをくくっていたのだが
休暇中は読む機会が無かったので本を返却したら他の社員に貸し出されてしまった。

1月になってようやく戻ってきたので再度借りたら
「他の社員からも借りたいと要求があった」と
図書を管理しているトレーナーから連絡が来た。
一体誰だろうと名前を尋ねると数年前
ボクがトライアスロンに引き込んだ社員だった。

彼が興味を持ったのなら半分はボクの責任である。
翌日本を返却して、ボクはアマゾンでKindle版を購入した。
これで心おきなく本を読み続けられるし、
iPadがあれば会社でも自宅でも読むことが出来る。

さてトレーニングの方であるが、腰痛が続いている。
二部練を夜だけにしてみたが改善が見えない。
昨夜は軽めにしようとウォーミングアップとして縄跳びをしていたら
左ふくらはぎに痛みを感じてきた。
鎮痛クリームを塗って一晩コンプレッションカーフガードを
履いて寝たが痛みは続いている、どうやら軽度の肉離れらしい。

目指せアイアンマン!のりょうこさんに肉離れの話を聞いたばかりだというのにこれである。
数週間は大人しくしておかないと更に炎症が広がるかも知れない。
上半身とコアに集中したトレーニングに変更である。

今までは右脚ふくらはぎだけを肉離れを起こしていたのだが
今回は初めて左脚に発症、これを理由に休めってことか?

最近見つけたサーキット・トレーニング・ビデオ
35 Min Body Weight Workout
かなりきついけれど、このトレーナーの腹筋に惚れた!

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村