サンタも走るクリスマス

クリスマスといっても子供もいないのでプレゼントも用意しないし、
夫婦で仏教徒なのでクリスマスデコレーションも飾らない。
唯一やるのはクリスマス・ディナー。
といっても特売のデカいハムを焼いてシャンパンをあける程度。
そしてこれはボクの担当なので夕方までは自由時間。

ということで久しぶりにラントレをしようと朝食後に走り出す。
ピーカンの空、気温は17℃程度、風邪は冷たいが走り出せば気にならない。
とりあえずハイドレーションパックを背負って出発。
行き先はサンペドロという港までの12キロ。

一ヶ月半ほど走っていないので怪我をしないように
スピードは気にせず、歩いても構わないから脚の筋力を取り戻すことが目標。
クリスマスなのでランナーもローディーもほとんど会わない。
コースもかなりマイナーなコースだからかもしれない。
超地味なペースで黙々と走る、ここから再出発だと自分に言聞かせながら。

結局25キロ走るのに3時間ちょっとかかってしまった。
宮古島トライアスロンまで約三ヶ月半、完走出来る体力に戻す事が課題。

家に帰るとすでに午後2時半、シャワーを浴び
軽く食事をしてから料理にかかるつもりが棚の上に不思議なものを発見。
嫁が日本に帰省したときに実家にあったミニチュアお正月飾りを
クリスマスの時に貰って金色の松の葉と一緒に一輪差しに入れたらしい。
一体クリスマスなんだか、門松なんだか…。
嫁は実物の門松を見た事が無いという。

上記の材料を使って5分程度でミニミニ門松を作る。
これで正月準備も完成か?www

kadomatsu

クリスマスディナーといっても
毎年同じメニュー、同じ手順なので夜7時丁度に完成。
夫婦二人だけのクリスマスディナー。

xmas dinner

明日嫁の会社は通常営業なので出社らしい。
さて明日はスイムに行くかなぁ。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告

サンタも走るクリスマス」への2件のフィードバック

  1. アバンギャルドな門松ですねえ。その上、ハムの大きさは挑戦的です。
    何とも迷走的なご家庭とお見受けしました。

    いいね: 1人

    • 門松っていうのはホテルのロビーや大金持ちの家の前にあるものだと思います。うちの嫁は東京生まれ、東京育ちなのに見た事がないというのは不思議です。今後も新年に帰省することはありえないので、一生見る機会は無いと思われます。

      このハム485グラムで88セントです。9ドルちょっとなので10キロ以上ありますね。アメリカに住み始めてほぼ毎年焼いています。クリスマスの翌日に切り分けて冷凍して半年くらいかけて食べきります。

      いいね

コメントは受け付けていません。