Herbalife LA Triathlon バイク篇

Screen Shot 2014-10-06 at 10.38.36 PM

バイクコースはこんな感じでした。
最初に見た時からイヤ〜な予感がしていたのですが
トレーニングで実走してみるとトランジションから数キロ登り、
高級住宅地を抜ける直線が終わると下りになり右へ鋭角に曲がる。

ところがこのあたりの住宅は早朝スプリンクラーで散水するので
路面が濡れていて非常に滑りやすい。
トレ中に一度後輪が滑って危うく転倒しそうになった。

T1を出て徐々にきつくなる坂道を登り始めたところでなぜかベダルが重い。
後輪をチェックするとブレーキパッドがホイールに接触している。
なんとかネジを緩めてこじ開ける。
調整し直して再出発したが、再度後輪がロックする。

今度はホイール自体がずれてタイヤがフレームに接触している。
スキュアーを緩めてホイールを入れ直す。
ショップでホイールを入れる時にメカニックが
「Profileのスキュアーは軽量化のためにレバーが小さすぎてホールドが悪い」
と言っていたのを思い出す。
レースは始まったばかりだ、無駄にしたタイムは少ない。

マウンテンバイク組

マウンテンバイク組

早速最初の上り坂で団子状態。
違うレベルのアスリートがいっぺんにこの坂を登るのだから仕方が無い。
中にはバイクから降りて押している選手もいる。
本来ならば座ったまま登るはずだったが、こんな団子状態では遅くなるばかり
疲労を覚悟でダンシングで登る。

平地に出てからはカーボンホイールの利を生かしてどんどん加速する。
しかし、エアロボジションになる間も無くすぐに下り坂。
途中までは加速するに任せるが、直にカーブだとわかっているので減速。
道路脇の監視員もスローダウンの合図を送っている。

下り坂ではダントツに速いぜ。

下り坂ではダントツに速いぜ。

カーブをすると後は折り返し地点まで全速。
知り合いの同僚が見えたが挨拶をする暇も無く
また登り坂、さらにダンシングで駆け上がる。

ほとんどの選手がヘタレているが、登りきったあとにすぐ加速。
やはりカーボンは出足が軽いなぁ。
直線は遅い選手をぶっちぎりで抜ける。
ただルールを知らない選手が多くて、遅いのに道のど真ん中を走る人が多い。
審判員などはいないのか?

こんな格好でレース? ピストで参戦。

こんな格好でレース?
ピストで参戦していた猛者もいた。

下り坂をおりると減速して折り返し。
一周目は余裕があるが、今回はこれを5回繰り返さなくてはならない。
何周したかセンサーは設置してあるが、ちゃんと覚えていないと失格になる。

二周目に道路脇の係員に「トイレはどこ?」って聞いたら
裏の茂みに行けと言われる。wwwww マジ?
どうもトイレは用意していないらしい。
スイムの後半にもようしていたのだがT1では無視していた。
バイクのコース上にあるだろうとタカをくくっていたのだ。

とにかく我慢するしか無い。
周回を重ねる毎にお腹が張ってくる。
5周目ではエアロボジションが取れない。
といってもこんなテクニカルなコースではたいした違いは無い
とにかく出来るだけ早くトランジションに戻ることだけを考える。

途中パンク、チェーン脱輪を数人見たが、リアディレーラーが
フレームから外れた選手を発見したときは驚いた。
まさかあんな物が外れるとは想像出来ない。

まさかのリアディレーラーが外れて裸足でバイクコースを走る。ちなみにこのおっさんは完走していた!すげー!!!

まさかのリアディレーラーが外れて裸足でバイクコースを走る。ちなみにこのおっさんは完走していた!すげー!!!

後でオフィシャルメカニックと話す機会があったのだが
ほとんどの選手がパンク修理キットも持っていないし
メンテナンスなんてやっていないのでバイクのコンディションは悪かったらしい。
彼は6人のパンク修理をやったと言っていた。

なんとかお漏らしせずにバイク終了wwwwww。
汚い話で恐縮だが、T2でトイレに飛び込んだ時にまるで馬のようにオシッコが出た。
T2で6分もかかったのはこのせいです。

さてラン編へ続く。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告

Herbalife LA Triathlon バイク篇」への2件のフィードバック

  1. 好きだなあ、こういうの。いえ、写真の女性ではなくてトライアスロンの雰囲気のこと。
    みんな一生懸命だろうけど、ゆるゆるとやっている感じがいいです。
    バイクを担いで走るなんて僕に出来るだろうか。すげー!

    いいね

    • ははは、間違えてランマップを貼付けていた。

      とにかくローカルな草レースなんですよ。
      オリンピックは281人しか完走していないみたいで、残りはスプリントとスーパースプリントの選手。5Kランが855人。
      今書いていて気がつきましたが、これを本当にトライアスロンレースと呼んでいいのか?wwwwwww
      バイク担いだおっさんはきっと筋金入りのアイアンマンだと思います。
      ゴリマッチョですよね。

      いいね

コメントは受け付けていません。