3種ブリック強行

先週末、熱中症注意報が出ているのに3種ブリックを強行。
初めてオリンピックディスタンスに挑戦するという同僚の
日系三世のミツと朝7時に海岸に待ち合わせ。

メキシコでハリケーンが発生し、その影響で
高波注意報も出ていたのだが、思ったよりも波は小さかった。
それよりもうねりが高くて目標にしていたブイが見えない。

遠泳は心配なさそうなので、エントリーとエグジット
の練習をかねて700メートルほどの距離を2周こなす。
30分程度だったが、ここまでは余裕。

駐車しておいた車に戻ってバイクをセットアップ。
駐車場を出ると直ぐに登り坂が数キロ続く。

ミツのバイクは彼が高校生の頃に買ったという
NISHIKIなるメーカーのクロモリバイク。
変則レバーはトップチューブにレバーが付いている
フロント2速、リア7速の古いシマノ。
ブレーキはドロップハンドルの真ん中に付いている。
なんとも渋いバイクなのだ。

坂道が多いのでマウンテンバイクやシクロバイクの方が有利。
今回もフロント3速のマウンテンバイクに抜かれてしまう。
直線では抜けるのだが登りで抜き返されてしまう。

5周走り終わった後は脚が売り切れか?という感じ。
それでもランシューズに履き替えてスタート。
日差しが強くなってきたのでVinemanで被ったものと同じ
ツバのでかくて首筋まで日除けが付いている帽子を使用。

500メートルほどの登り坂を往復した後ビーチを往復2キロ走る。
これを3周、このコースを提案した奴は絶対にSだと確信している。p(o_O;)

本番まで一週間だというのにラン、スイムコース変更。
コース上で何人かのトライアスリートと会うが
一様に「このコース大っ嫌い!」と言う。
トライアスロンと同時開催される5Kランレースに
同僚を誘ったのだが、きっと恨まれるだろうなぁ。

ランはハイドレーションパックを背負って走った。
前日に水を入れたパックを冷凍しておいたのは正解だった。
本日の最高気温は30℃をゆうにこえている。
実際のレースはこんなに暑くならないという天気予想なのだが
どうなるかは運に任せるしか無い。

後4日、疲労を取ることに専念する。
コンディショニングというやつだが、Vinemanをやった後では
心配になることは何も無い。
Vinemanは「完走出来ないかもしれない」という心配があったが
オリンピックはそんな心配が無いのがありがたい。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告

ようやくバイク修理完了

前回のレースが終わった後に
「バイク修理・調整が出来たら良かったのに」と反省。
バイクで転倒して伸びてしまったケーブルの交換を
自分でやろうと決めてネットでケーブルを注文。
先週末ようやく時間が出来たので修理を始めたのだが
これが単純にケーブルを交換するだけでは終わらなかった。

シフターケーブルを交換したのにディレーラーが動かない。
バイク修理の情報を探るとハウジングが原因かも知れない。
だとするとパーツも無いし、ツールも無い。
結局翌日ショップへ。

メカニックに転倒した際の状況と
新しいケーブルに交換したことを伝えると
TTバーからシフターを外して中を覗き込み
「ああ、こりゃぁヒドい」と一言。

せっかく交換したケーブルを引き抜き
ハウジングを取り出すとこんな状態。

DSCN2857

つまり転倒した際にシフターレバーが思いっきり引かれ
ハウジング自体が力を押さえきれずに破断したらしい。
ハウジングはプラスチックのインナーとアウターの間を
ワイヤーの束で支えられているので
破断する可能性など低いはずなのに
これだけ裂けてしまうなんてよほどの負荷がかかったのだろう。
メカニックもこんなに酷い状態のハウジングを見たことが無いという。

ワイヤーとハウジングを交換して工賃を含めて$25。
今回の転倒で「もし修理の仕方を知っていれば
レースはもっと良かったのでは?」と反省していたのだが
結局、予備のハウジングを持って走る訳も無く
メカニカルな部分を知るということは重要だが今回のレースに限れば
やはりフロントギアが使えないままレースを続行するしか手は無かったのだ。

どうやったらバイクの修理方法を習得できるのかと訊いたら
専門の学校がオレゴン州にあるのだとか。
そ、それは無理だな…。

「もしくは自分で本を見ながらいじくり回すか
俺のようなメカニックと友達になって修理を見させてもらうかだな」

自宅から近ければそれもありそうだが…。
トラ友達のジミーさんのバイクを組み立てたのも彼らしい。

とにかくこれで一ヶ月ぶりに実走が出来る。
週末は3種ブリックの予定。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村