気温32℃、湿度70%、バイク実走153キロ

レース本番まで残すところあと2週間。
ロングのバイクトレが出来るのは今週末が最後だと思ったので
Los Angeles River Path – Rio Hondo Bike Path – San Gabriel River Ride – San Gabriel River Drive
フラット(だと思っていた)だが3つの長い自転車専用道路コースをつないで走ることを選択。

San-gabriel-biketrail-800x450

7時に起床するが前日の4キロスイムの疲れか
睡眠不足なのかウダウダと準備を始める。
そうこうしているといつもは寝坊するはずの嫁が起床wwww
いろいろ家事をこなして出発は朝の9時半。
すでに太陽は高く、気温は80°F(26.6℃)を越えている。
天気予報では熱中症注意報が出ている。

とにかく水と食料を詰め込んで出発。
ジリジリと太陽が照りつけるが、今回はSPF50の日焼け止めと
De Soto Cool Wingsを着用しているので日焼け対策は完璧(だと思っていた)
脚は何度も日焼けして真っ黒なのでこれ以上は焼けまいとタカをくくっていた。

走り始めは海岸に近いので潮風が顔に当たって涼しい。
と、思ったのは最初の15キロ程度でそれ以降は熱風に変わる。
さすがにこんな日にバイクに乗る酔狂なヤツは少ないらしい。
それとも皆既にトレーニング完了して帰っちゃったのか?
すれ違うローディーも少なく延々エアロボジションでペダルを踏む。

内陸へ向かうとどんどん気温が上昇。
90°Fは軽く越えているだろう、体感気温は95°F(35℃)。
給水出来るポイントでは毎回水を補給して全身水浸しにして
身体を冷やしているのだが10キロ進む頃には乾燥している状態。
ガーミンの計測設定を10キロ毎にしているのだが、ひどく長く感じる。

自転車専用道路が終り、一般道を走り始めると上り坂になる。
この先は行った事が無いのだ。
走っていると上り坂だとは感じられない程緩い坂が延々続く。
ひたすら我慢してペダルを踏む。
谷底に川が見えるが、上流にダムがあるらしく遊泳禁止の看板がある。
バイクを投げ出して川に飛び込みたくなる衝動を抑えながらえっちらおっちら昇る。

Morris Dam

Morris Dam

一つ目のMorris Reservor(ダム)を越えるとしばらく下り坂、ところがその先にはまた坂が見える。
二つ目の坂を上ると別のダムSan Gabriel Reservoirが見える。

San Gabriel Dam

San Gabriel Dam

山の上なので気温が若干涼しくなる。
ところがここで残り水の量が怪しくなる。
ここで走行距離75キロ、レースは90キロで折り返しなのだがこの先の様子がわからない。
どう見てもこの先に街などなさそうだし、日本の様に峠の茶屋などは期待できない。
コンビニなどありはしないだろう。
命の危険を感じて折り返す事にするwwwwwwwww チキンか!

Screen Shot 2014-07-15 at 1.05.04 AM

結局フラットだと思っていたら500メートルの山登りもあり、
暑さと脚力不足を実感する結果となりました。
山上りがあったとしてもアベ23.1キロは情けない。
しかも復路はゆっくり下りになっているはずなのに往路より遅くなっているwww

このあと10キロのブリックランを予定していたのですが
家に戻ったのが午後4時過ぎ、このまま走っては家事も出来ないのでギブアップ。
そんでもって日焼け対策を怠った脚はこのような有様に。

DSCN2729

すみません、中年男のすね毛の生えた脚で…。f(#^^#;)
ボクは雪国生まれなのでもともと地肌は白いのです。
で、バイクトレとラントレでかなり焼けていたはずなのに更にこんがり焼けました。
おまけにエアロバーについている肘パッドが立ち漕ぎのたびにすれて
太ももの上の部分が真っ赤になっておりました。
嫁からは「これは日焼けじゃなくて火傷じゃない?」と言われる始末。

マジで日焼け対策考えないと本番で悲惨なことになりそうですわ。
怖い!怖い!怖い! (-公- ;)ウーン

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告

気温32℃、湿度70%、バイク実走153キロ」への2件のフィードバック

  1. う~ん、焼けただれていますよ。そちらのサンシャインは強烈ですからね。日本の優しいお日様とはまったく違います。チリチリ刺すような感覚だったことでしょう。早く冷やしてね。

    いいね: 1人

    • 家に着いたら即刻冷水シャワー浴びました!
      日本だと湿気がつらいのですが、雲があるので直射日光に苦しめられることが少なかったと記憶しています。
      こちらは熱風と紫外線で容赦なくいたぶられます。
      あ、でも高崎も日本一暑い市の熊谷市が近いので夏は暑いのでは?

      本番のレースは北カリフォルニアなのでもうちょっと涼しいと思うのですが、日焼け対策を万全にしないとレース後に地獄を見ることになりそうです。wwww

      いいね

コメントは受け付けていません。