腰痛の診断結果

今朝、腰痛の診察を受けに神経科の専門医へ。
「痛みはどう?」という質問に
「筋肉痛はあるけれど腰痛は無い」と答える。wwww
当たり前だよ、痛かったのは一ヶ月以上も前なんだから…。

去年から苦しんでいた腰痛の事を説明
数ヶ月前は脚が上がらなかったし、痛み止めを服用していたと伝える。
MRIを見ながら診断、結果は

「神経ブロックの注射をすることはできるが
トライアスロンのトレーニングが出来るくらいなら
必要無い、市販の痛み止めを飲んで続けたまえ。

ただし、椎間板の保水量が少なく変形が見られるから
いずれはリュウマチに変わって歩けなくなると思う。
そうなったら手術で人工椎間板に交換だ。
それがいつになるかは個人差があるのでわからない。
今はストレッチを充分にやりコアマッスルを鍛えなさい。」

30分程度の診察で$40也。
結局痛み止めという対処療法しかないのだと確定。
医者も人工椎間板に交換する以外に腰痛の根治治療は無いという。
ただそれも日常生活に影響がでるようにならないと
手術をしてはくれないらしい。

1. 神経ブロック注射
2. 内視鏡下手術ではみ出した椎間板を削り取る
3. 人工椎間板に交換
の順番らしい。

「スイム、バイク、ランが出来るなら健常者ではないか。
そんな人間に保険を使って高い手術など不要。
歩けないようになって普通の生活が出来なくなってから来たまえ。」つーことか?

85歳までトライアスロンを続けて
エイジチャンプを目指すと放言していたがどうも無理らしい。
予定変更を検討します。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告

腰痛の診断結果」への2件のフィードバック

    • その頃にはボクの椎間板はチタンになっているでしょうねぇ。
      サイボーグアイアンマンですよ!
      空港のセキュリティーで必ず引っかかる人になります。wwww

      いいね

コメントは受け付けていません。