Vineman -4- バイク篇

Vineman 25th anniversary 2014

バイクコースは一般道、道路封鎖されていないので
右側走行厳守(アメリカなので)で後ろからの車も気をつけないと行けない。

Screen Shot 2014-07-31 at 10.57.35 PM

最初は団子状態、遅い選手も速い選手も一緒なので非常に危険。
前を走るバイクからサイコンが落ちたと思ったら
いきなり後方確認せずにUターンされて危うく追突しそうになる瞬間あり。

路面はかなり荒れているがジミーさんに言わせれば
これが普通とのこと、道路のつなぎ目や
コンクリート劣化で荒れた表面が続く。
しかも場所によっては道の両端に深さ20センチ
幅30センチほどの溝がある。
ここに落ちたら落車だろうなぁと思いながら走る。

前を走る選手が遅い選手を抜くために左から追い抜き始める。
後ろからついて一緒に抜こうとしたら3台目を抜いた時点でスピードが止まる。
つまり並走し始めたのでこれでは違反を取られてしまう。
強引に左から追い抜いたら左からレースマーシャルのバイクが
接近して何かをメモしている。
「あちゃー、違反を取られたか?」と思ったが
後で結果をみると何も違反は無い。

レース後ジミーさんから「きっと違反は前を塞いだ先週が
ブロッキングで違反を取られたんだよ」とのこと。
あぁ、そういうこともあるのかと勉強になる。
やはりレース経験が多いといろいろご存知だと思う。

15キロ地点で最初の下り坂、緩い右カーブ。
下りでスピードが出ていたのでサイコンに目を落とすと46キロ
という数字が見えて、視線を前方に移したら
前輪が道の端にあるコンクリートの段差を踏んだ。
そう思ったとたん右側の側溝に落ちた!

落車した途端にバイクは前方に、ボクは段差のコンクリートの
角で左の脇腹をしたたかに打った。
そのまま前に回転し、左の方を擦って行く。

左膝にも痛みがあるが、とにかくバイクを側溝から引き上げ
フレームとウィールをチェックする。
何も変形していないし、ブレーキも利くようだ。
これなら走れると判断した。

自分の身体を触ってみるが血が出ているのは左のひじと膝だけ。
左肩が痛むが見えない、ヘルメットに傷はないし
腕はちゃんと動かせるので鎖骨は大丈夫のようだ。

周りにボトルや工具が落ちていないか確認していると
追い抜いていく選手が「大丈夫か?」と声をかけてくれる。
「ああ、たぶん大丈夫!」と答えるが「マジ?」って心の中で思った。

再度走り出してからしばらくは細くてクネクネした道が続く。
とにかく直線になるまでなんとかこのまま行くしか無い。
フロントディレーラーが動かない。
レバーを動かしてもギアが変わらない。
インナーギアに入ったままで走り続ける。
この先どんなコースなのかわからないがこのまま行くしか無い。

30キロほど走って直線になり、道路脇にポータブルトイレを発見。
たぶん道路の補修作業をする人たちのためのものだろう。
そこで用を足して、ようやくワイヤーを直せないか
手持ちの工具でいじってみるが直せない。
レース後にわかったことだが、転倒した時にレバーが引き上げられて
ワイヤーが伸びていた。
レバー側を調整するのではなく、後ろのディレーラー側の端を引っ張って
閉め直せば良かったのだと気がついた。

バイクは残り130キロ、気温はどんどん上昇している。
この時点で脚が回らない、重く感じる。
転倒のせいで筋肉が一時的に緊張していたのだろうか。

ワイナリーをつなぐアップダウンの続く道を走り続ける。
美しい風景が続くのだが楽しむゆとりが無い。
一周目の最後で大きな坂、ここで太ももが悲鳴をあげた。
自転車をとめてストレッチを使用とするがかえって脚が攣る。
痛みでうなりながらストレッチを繰り返す。

坂の途中から再スタート、見えない坂の上から声がする。
「ここが坂の頂上だよ!」と言っている。
ようやく坂をこえるとWindsor高校に到着、2週目の開始。
スペシャルエイドバッグを取り、エナジードリンクを交換。

二週目に入る頃には気温は100°F(37.7℃)を超えていたようだ。
風が温風に変わる。
幸いルートには大きな木が所々木陰を作っていたのだが
それでもトライスーツだけで日焼け対策をしてこなかった選手達の腕は真っ赤になってきた。
De SotoのCool Wingsはかなり有効で、エイドステーションで
水をかけると気化熱を奪ってかなり涼しく感じる。
しかし今日はそれも10分程度で乾いてしまうほど暑い。

Vineman 25th anniversary 2014

二周目は暑さとの戦い。
エイドステーション毎に日本の水を受け取り
一本は飲用、二本目は冷却用に身体にかけ続けた。

それでも集中力が無くなってきていたのか
途中のT路地で方向を間違えてコースから外れてしまう。
結局4キロのロス、馬鹿だな。

T2まで残り30キロあたりで右の肘パッドが下がって
エアロボジションが取れなくなる。
転倒した時にネジが緩んだのか、徐々に下がってきていたらしい。
ここで修正するために止まるのか、それともこのまま行くのか考えたが
残りのコースは市街地も入るのでエアロポジションを取る機会は少ないと判断
エアロバーが曲がったままレース続行。

そしてT2に到着。
バッグを開けて迷い無くつばの広い帽子を取り出す。
重くて風の抵抗はあるが、絶対にこの方が熱対策になると確信があった。
日焼け止めをたっぷり塗る。

隣の同じエイジグループの選手が
「俺はもうダメだ、ここでリタイアするよ」と言った。
「まだレースは終わってないぜ」と言おうと思ったがやめた。
それは彼の選択だ、ボクが励まして走り出しても
彼が熱射病で倒れても責任は取れない。

一度飛び出してサングラスをかけ忘れたのに気がついて引き返す。
ちゃんと頭が動いていない。
T2での滞在時間が長いのは無駄な動きが多かったから。
脚が痛い、重い、苦しい。
この為にブリックトレーニングしたのじゃないか?
それでも痛みには変わりない、これであと42.195キロ走れるのか?
自問自答しながらランスタート。

続く

バイク篇の写真はJeff Kapic氏の2014年のレースからのものです。
彼のサイトはwww.jeffkapic.com

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告

Vineman -3- スイム篇

7/26 土曜日 朝3時半起床

既にモーテルの外では人の声が聞こえる。
ドアを開けると空気が冷たい、たぶん57°F(13.8℃)程度だろう。
気の早い連中が既に荷物を積み込んで出発の準備をしていた。

朝食:オーツミール、塩昆布、バナナ、エナジージェル
腰痛痛み止め、ポタシュウム、ビタミンB服用

ウォーターボトルに特製エナジードリンクを作り氷を詰め込んでおく。
モーテルには冷蔵庫が無いのでボトルを完璧に凍らせることができなかった。
氷でもバイクの始めの頃にはまだ冷たいはずだ。

トライスーツを着込むが緊張感は無い、
何度もやってきたことなのでいつも通りの手順。
おまけに今回は6時間も睡眠時間が取れた!

必要な装備と予備のヘルメットを全て車に詰め込んで4時半出発。
曲がりくねった漆黒の道をスタート地点まで走る。
路駐できるだろうと予定していた道に到着したのが午前5時。
あたりはまだ真っ暗、ヘッドライトを着けて荷物を車から降ろす。
アスリート達がスタート地点の川岸へ集合している。

20分ほど並んで最後のトイレを済ませ、軽くストレッチし
荷物を並べると6時をちょっと回ったところ。
スイムの第一組がスタートする6時半になる頃に
ようやく空が明るくなってきた。
森の中なのでかなり日が高くならないと明るくならない。
これは予想していたのでクリアレンズのゴーグルを用意していた。
水温確認の為に水に入る、予想通り冷たくはない。

ウェットスーツを着ていたらカメラマンがパチり。

ウェットスーツを着ていたらカメラマンがパチり。

スタートを待つ間にジミーさんを発見。
エイジグループでは別だがスタートは同じなのだ。
お互いの検討を祈ってfist bump。

2011年のレースT1会場

2011年のレースT1会場

午前6時39分年齢別に分けられた第4グループがスタート。
川幅が狭いので一番右端からスタートしたのだが
最初の500メートルほどでバトルが始まる。
おしくらまんじゅう状態で100メートルほど泳ぐ。
ようやくばらけたと思った頃には後発グループの
早い選手と先発グループの遅い選手に巻き込まれてバトル。

036_alex-wave

800メートルほど泳ぐと前を泳ぐ選手達が立ち上がるのが見える。
なぜ?
不思議な思いで泳ぎ続けると徐々に川底の小石が見えてきた。
なんと浅瀬にくると水深はわずか30センチほど。
クロールで泳ぐと手が川底についてしまう。
立ち上がって歩く、だが小石が痛くて走れない。

折り返し付近で泳ぎ、さらに浅瀬を歩いたり
流れに乗ってなんとか泳ぎ続ける。
キックをすると川底を蹴りそうなので
掻き手を身体の近くにして泳ぐ。

2ループなのでこれを二回繰り返す。
二週目の往路で木々の間から太陽の光が水を照らし出す。
キラキラと水面が輝きだしてブイが確認できない。

vineman-swim

vineman_swim-e1312928669667

復路でようやく景色を確認できる余裕ができて
杉の清々しい香りを楽しみながら泳ぐ。
スゲーーーー気持ちいいかも知んない!
これがレースじゃなかったらもっと泳ぎたかったくらい。

スイムアップ、岸にあがるジミーさんを発見。
ボクはそのままストリッパーのいるセクションへ。
ストリッパーというのはウェットスーツを引っ張って
脱がせてくれるボランティアのこと。
間違っても変な誤解をしないでね。

dt.common.streams.StreamServer

あっという間にウェットスーツから脱出。
スーツを小脇に担いだままバイクに行き着替える。
T1は土の地面なので濡れてドロドロになっている。
足の裏を汚さないように靴を履く。
ここで全てのスイム装備をゼッケンのついたビニール袋に入れる。
この袋は全て回収されてゴールのWindsor高校へ運ばれる。

川岸から道路まではカーペットが敷いてあるので
クリートのついたバイクシューズのまま走れる。
ただし、かなり長い上り坂を上ることになる。
トイレに行きたかったがタイムロスしたくないので
そのままバイクスタート。
長い長いバイク区間のスタートだ。

トランジションを抜け出す瞬間。

トランジションを抜け出す瞬間。

続く

今回の写真は全てネットで拾って来た過去のレースの写真なのであしからず。
間違っても著作権違反で訴えないようにwwwwww

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

Vineman -2- レース前日篇

7/25 金曜日 レース前日レジストレーション

午前7時半起床。
腰痛がヒドく気が重い。
やはり前日の長距離ドライブが悪かったのか腰を曲げるのが苦痛。
痛み止め、ビタミンB、ポタシュウムを服用。

朝食を済ませてバイクの調整。
サドルの角度を換えて、エアロバーの肘パッドの角度を修正。
すべてのボルトを閉め直しておく。

午前11時半レジストレーション受付開始なので
それまでにスーパーマーケットで食料と水を買い出し。
昼食を済ませてT2バッグに入れるラングッズを持って
レジストレーション会場のWindsor Hight Schoolへ。

ランスタート地点

ランスタート地点

オリエンテーションは一時間おきなので
しばらくエキスポで時間をつぶしているとジミーさんに会う。
彼は既にオリエンテーションを受けてコースの確認に行くらしい。
待っている間にショップを出していたバイクメカニックに
ディレーラーの微調整を頼む。
10ドル払う、保険だと思えば安いものだ。

オリエンテーションは20分程度のビデオ。
その後、レース当日は熱波が予想されるので
水分補給と無理をしないようにとアドバイスを受ける。

そして会場を出る前に体重測定を受ける。
この時はなぜ体重測定をするのかわからなかったのだが
レース当日わかることになる。
この時点で175パウンド(79.3キロ)。

T2会場、Windosor高校の中庭

T2会場、Windosor高校の中庭

最後に手にスタンプを押され選手確認用ブレスレットを付けられる。
これはレース終了まで外せない。
その後レースバッグを受け取り
T2のラングッズを袋に詰め込んで会場を出る。
ガーミンを忘れたのでホテルに取りに戻るが
T2のドロップオフは夜8時半までなので、
スイムのスタート地点へ車で移動、ホテルから30分のドライブ。

駐車場が無いので路上駐車してくださいとレースガイドにあった。
レース当日慌てないように駐車できそうな場所を確認。

スイム会場は森の中にあるRussian Riverという川。
川の周辺はリゾートして開発されているのか、こぎれいなカフェがある。
しかし、到着が遅いと路駐した場所からT1までかなり歩くことになりそうだ。

川には避暑に訪れた観光客か、地元の子供たちなのか大勢の人たち。
パラソルが咲き誇り、歓声が聞こえる。

Russian River

Russian River

避暑地なのか観光客でにぎやか。ウェットスーツで試泳する選手はちょっと浮いている。

避暑地なのか観光客でにぎやか。ウェットスーツで試泳する選手はちょっと浮いている。

水はお世辞にもきれいには見えない。
試泳はしなかったが、水温は温水プール程度で流れは無視してよい程度。
杉の香りがする森の中、木漏れ日の中で泳ぐなんて滅多にない機会。

問題はゴール後にシャトルバスに乗ってここまで来て
自分の車をピックアップしてWindsor Highまで戻り自分のバイクを回収しなくてはならない。
レースの最終カットオフは午後11時、T2は12時に閉鎖。
もし間に合わなければ翌日に取りに行くことになる。
友達や家族がいればレース当日にスタート地点にドロップオフしてもらって
ゴールで待っていてもらうのが一番楽。

この時点で午後5時、急いでT2に戻ってガーミンをバッグに入れる。
T2バッグの中身はシューズ、ゼッケン、日焼け止め、サングラス。
そして二種類の帽子。
一つは普通のランニングキャップ、もうひとつはツバサが大きくて
日よけ用のカバーがついている帽子。
当日の天候次第で決められるように二種類を入れておく。

ホテルに戻ってバイク用のスペシャルバッグ用に
特製エナジードリンクの入ったボトルを入れることにする。
ラン用のスペシャルバッグには腰痛の痛み止めと
ミニサイズの羊羹を入れておく。

全ての準備を済ませて寝たのが午後9時半。
起床予定は3時半、6時間眠れたらなんとかなる。
きっと眠れないだろうと思ったのでメラトニン5mg服用。
それでも午前1時に目が覚める。
もう一度メラトニンを飲んで眠りにつく、意地でも寝てやる!

続く

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

Vineman -1- なぜVinemanなのか?

参加応募数693人
参戦者645人
完走440人
完走率68%

これが今年のVinemanのレース結果でした。

このブログを読んでいただければご存知だと思いますが
つい二ヶ月前まで腰痛でレースを諦めることも考えていたのです。
とにかく時間が許す限りのトレーニングを積んで
最後は歩いてでも完走しようと決意してレース当日をむかえました。

メタボなオヤジがとうとうフルディスタンスのトライアスロンレースを完走しました!
ちょいと長くなりますがおつきあいのほどを。

なぜVinemanなのか?

このブログを日本から読まれている方も多いので
なぜIronmanではなくてVinemanなのかご説明。

アメリカで生まれたトライアスロンですが、
全米全ての州でIronmanブランドのレースが開催されているわけではありません。
カリフォルニア州ではIronman Oceanside 70.3がありますがフルではありません。
Ironmanブランドにこだわるならば他州へ行かねばなりません。
しかし、唯一州内でフルディスタンスのトライアスロンレースがVinemanなのです。

ランスタート地点

ランスタート地点

25年前に22歳の青年Russ Pughがトライアスロンを自分のふるさとで開催しようと思い立った。
街の名前はWindsor美しいワインカントリー。
当時フルディスタンスレースはサンディエゴ、ハワイとヨーロッパの三カ所しかなかった。
彼はヨーロッパへ行き、トライアスロンの運営方法を習ってふるさとへ戻り
自分と18歳の弟、近所に住むホームレスのオジさん、
身障者のオジさんの四人で最初のレースを開催した。

さて、ボクの自宅から一番近いフルのレースがVinemanだが
それでも片道455マイル(732キロ)の距離。
一人で運転していかねばならない。
ロスとシスコ近郊は住宅地だが、途中500キロほどは荒野が続く。

レース二日前に自宅を出発。
前夜、バイクのメンテナンスが終わらず
結局すべての工具を車に積んで現地で終わらせることにする。
車で移動なので必要そうなものは全て詰め込む。
食料、工具、予備の装備を満載して朝9時半にロスを出る。

ハイウェイ5号線、逃げ水がゆらゆらと漂う。

ハイウェイ5号線、逃げ水がゆらゆらと漂う。

途中は熱風が吹く荒野、気温はゆうに100°F(37.7℃)を超えていた。
景色はほとんど変わらず、干ばつの影響か道路脇には

WATER = JOB

という看板が目についた。
つまりメキシコ人の季節労働者が仕事を求めてカリフォルニアに来ても
干ばつでは仕事は無いというサインだ。
炎天下の中Windorに着いたのが午後6時過ぎ。
Vineman 25周年記念ワイン&チーズレセプションの会場に滑り込む。

ワイン&チーズレセプション。地元のワインメーカーがスポンサーになっているらしい。

ワイン&チーズレセプション。地元のワインメーカーがスポンサーになっているらしい。

チーズ、クラッカー、フルーツ、オリーブが食べ放題。もちろんワインは一杯まで。

チーズ、クラッカー、フルーツ、オリーブが食べ放題。もちろんワインは一杯まで。

宮古島大会の様な大きなパーティーでは無いけれど
25周年の歴史や主催者の紹介、最初のボランティアのスピーチなど
とても興味深いパーティーだった。
それにアメリカ人はスピーチがとても上手だ。
子供の頃からいろいろな機会で話すことを学ぶからだろう。
日本だと地元の市長などのつまらない話を延々と聞かされるのだが
こちらのスピーチはユーモアにあふれている。

DSCN2748

Vineman主催者

Vineman主催者 Mr. Russ Pugh

第一回大会からボランティアをしている元ホームレスのオジさん。面白い!

第一回大会からボランティアをしている元ホームレスのオジさん。面白い!

パーティー後にジミーさん、ジミーさんのお友達で
Vineman初参加のボビーさんと日本食レストランで夕食。
お互いのベストを誓って解散。

その後予約を入れておいた隣町のMotel 6へチェックイン。
全国チェーンのモーテル、安部賃でハイウェイの側にあるのが特徴。
壁もドアの薄いので耳栓が必要。
荷物を部屋に持ち込んだら初日はおしまい。

続く

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

Vineman完走!

詳しいことは自宅に戻ってからアップしますが、念願のトライアスロン・ロングレース完走しました!
タイムは15時間18分23秒と全くすごくない記録ですが
いろいろありまして、これでも自分ではうれしい結果です。

取り急ぎ結果報告まで

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

テーパー期 レースまで4日

週末はロングビーチでスイム1.5キロ
De SotoのCool Wingsをウェットスーツの下に着れるのかテスト。

結果:ダメ

Tri-Zoneのお姉さんは「ウェットスーツの下に着たまま泳げる」と
言っていたので試してみたがこれは無理。
ムチャムチャ抵抗あり、重いというか引っ張られる感じ。

UV対策にCool Wingsを買ったのだが
身体が濡れた状態だと引っかかって着づらい。
スイムからあがってよほど良く身体を拭かないと着れないだろうな。
いっそジャージのポケットに入れてしばらく走ってから着るか?
まだドピーカンだと決まったわけではないので
T1バッグの中に入れておいて天候によって着るかどうか決めよう。

DSCN2731

スイムの後は海岸線を10キロラン。
ジョグでキロ7分程度の緩いラン出始めたのだが
曇天で日差しもなかったので気持ちよくて
上半身裸になってビルドアップラン。
レース本番がこのコンデションなら最高!
天気予報では熱波がくるらしい…最低↓

テーパー期なのでカフェイン抜き開始。
大好きなコーヒーも濃い緑茶も飲めません。
ひょっとしたらこれが一番辛いかもしれない。

月曜日はジムのスピニングバイク30分
サーキットトレーニング30分
ストレッチ20分

そろそろ荷造りやを始めないといかんね。
バイクもトレしたままで汗やドリンクの跡が残ったままだ。

初めてのロング、かなり心配です。
特にランがどこまで持つのか。
最後にフルマラソンを走ったのは数年前なので
30キロの壁が思い出せない。

鬼が笑いそうですが、来年はラントレに特化するつもり。
一年でフルマラソンを4時間以内で走れるようにトレする予定。
もちろんバイク、スイムも頑張るのですが
最後のランで失速するようなことが無いようにしたいし
ランは自信が無いので4時間以内で走れるようになることで
トータルのレース展開をイメージしやすいと思っています。

スイム、バイクはレースと同じ距離か、ほぼ同じ距離でトレしたので
疲労感やタイムを想像できるのですが
ランはタイムを気にして走ったことがないので強化したい。

今年はVinemanの後に9月のLA Triathlonが控えているので
それを最後にトライアスロンは終了。
10月以降はラントレとエビ漁に専念する!

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

お天気予報

はてさてレースまで一週間となりました。
レースの週と当日の天気予報を調べてみた。

week report

7/24に会場入り、7/28月曜日に戻る予定なので
その間のお天気は午前中曇り、午後晴れの予報。
日曜日は休養、観光なので晴れはグッド!

7:26

レース当日は夜中が58°F(14.4℃)日中が85°F(29.44℃)
前日の夜も同じ気温58°Fなので若干肌寒いらしい。
バイクのセッティングする時にジャケットが必要かな。

当然のことながらUVはマックスの10!
あぁ、焼ける〜。

今週末もトレですが、出来るだけ疲れが蓄積しない程度にする。
ウェットスーツの下にトライスーツと
Cool Wingsを着用して泳げるのか確認する予定。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村