ONが来た

以前から気になっていたON shoes。
宮古島でもショップが出ていましたね。
アメリカではまだ認知度が低く、取り扱い店が少ないので
日本で探そうと思っていたので試し履きをしてみました。
宮古島にあったのはこの二種類。
ON Cloudracer
ON Cloudsurfer

レーサーは軽量化されたモデルですがボクには底が薄過ぎて
ロングのレースにはきついかなぁと感じました。
サーファーの方が履き心地も良いしクッションも厚いので
扁平足のボクにはこちらの方が向いているようでした。

日本滞在中に東京と新潟のスポーツ専門店へ行くと
必ずONがあり、日本の代理店の努力が感じられました。
新潟にまで進出しているとは驚きです。
きっとマラソンブームが追い風になっているのでしょうね。
昔はランニングセクションって今程大きくは無かったと記憶があります。

宮古島でも税抜き特別価格で販売すると言われたので
心が揺らいだのですが、サイズが合わない時の交換などを考えて
ロスでの購入を予定していたのです。

ネットで調べるとrunningwarehouse.comというサイトが
棚卸しセール中で、去年のモデル$139が$79.88+税で
販売しているのを発見。
ボクのサイズ9は一個だけ在庫があったので即ポチ。
無料で翌日配達というのも素晴らしい!

DSCN2401

早速届いた箱を開けるとカッコいいブラックなパッケージ。
新興シューズメーカーとしての気概を感じるデザインセンス。
靴の色は黒とライムグリーン。
付属の小袋には黒のシューレースが入っていた。
しかも箱にはシリアル番号が刻印されたカードがあり
ユーザー登録できるという演出。
きっと囲い込みの一環だと思うのですが良いアイデアです。

DSCN2402

レースまで三ヶ月、アシックスGel Kayano 16と
交互に使って本番のシューズを決めたいと思います。

本日のトレーニング
Swim: 60 min.
Bike: 45 min. Km
Run: min. Km
Circuit : min.

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告

ONが来た」への2件のフィードバック

  1. Akiraさんもon行きましたか。販売当初、小さいサイズ展開がなかったのに憤慨し、絶対買わないと誓っちゃったので私は買いませんが、まわりのトライアスリートではブームになっているので少し焦ってますけどw
    でも、少し重くないですか?そのシューズ。

    いいね

    • ブームになる理由はわかりません。アメリカでは全くの無名、最近ようやく雑誌などで取り上げられているようですが取り扱い店は少ないようです。

      重さについてですが現在5種類が販売されていて、軽さを重視するならCloudracerか Cloudが良いらしいです。ボクの場合はそれほど速いわけではないので重くてもサポート重視のCloudsurferとなりました。
      宮古島で試着出来たのはracerとsurferの二種類でした。
      racerは軽いのですが着地のショックを軽減してくれなさそうなのでsurferにしました。

      ボクの場合ブームよりも足に問題があるので選択枝は少ないです。医者からはAsics、New Balance、Brooksなどサポート重視のモデルを購入するようにすすめられています。ONのサイトを読むと足に問題のあったアスリートが彼らのシューズを履いて痛みを感じなくなったというコメントが多かったので今回の購入に至りました。

      デザインはミニマム、過剰なデザインの多いランニングシューズの中ではとても地味なシューズだと思います。ボク好みではありますが。

      いいね

コメントは受け付けていません。