宮古島三日目、晴天なり。

朝6時起床。
選手たちはすでにスタートへ向かっているのだろう。
抜けるような青空、今日は暑そうだなと思う。

今回の目的は応援よりも沖縄自主トレと決めていたので
朝食の後ホテル近くのパイナガマビーチにでスイムトレ。
初日に購入しておいた長袖のラッシュガードを着てスイム開始。
ハブクラゲなるクラゲがいるそうなので周りに注意しながら泳ぐ。

平良港というフェリー乗り場の近くだというのに水はきれい。
ここで沖に見える岩礁までの往復を4回。
思ったよりも水温が低く一回のスイムは30分が限界。
サンゴの間にナマコ、鮮やかな青色の魚が見える。

ビーチから海岸線を走るバイクが見える。
先頭集団はかなり速い。
一時間半程度のスイムトレを終えて一度ホテルへ戻る。

着替えて食事をしてランのコースを辿りながら
歩いてゴールの陸上競技上へ向かう。
予想通りの暑さ、ラジオのアナウンサーが湿度80%だと言う。
気温は30℃以下だと思うが、体感では35℃くらい。
ランナーの一部はこの時点ですでにゾンビ状態。
選手も大変だが応援する沿道の市民も辛い。

日焼け対策をしていない選手の方や腕が真っ赤に腫れている。
かと思えば女子選手の中にはまるで忍者のように
全身黒いウェアと黒い覆面で完全ガードをしている選手もいる。
Vinemanでも日焼け対策が重要だと再確認。

ゴールの手前で女子一位の選手と
最後尾のランナーがすれ違う。
この時点で午後3時、彼女のタイムは9時間を切っていた。
あの最後のランナーが夜7時までにゴール出来る可能性は
限りなく低い。
彼の一日はまだまだ続く。

ランナーを応援しながら
「自分もちゃんとトレのしないと大変なことになる」
という危機感が沸き起こって来る。
午後4時頃、西の方から雲が湧き出てきた。
これでランナーたちも少しは灼熱地獄から逃れるのではなかろうか。

3時間歩きながら応援をし、ホテルに戻る。
ランの準備を整えてホテルへを出発。
海岸線を走る。
1時間半程度、約12キロ。

ホテルへシャワーを浴びて晩飯を買いにスーパーへ。
途中でまだ走り続けているランナーを見て
涙が出そうになる。
頑張れ!と応援するが、ひょっとするとこれはわが身かも知れぬ。
8時半に花火が夜空を焦がした。
宮古島トライアスロン大会が終わったのだ。

自分のレースに参考になることがあるとすれば
この灼熱の宮古島で折れそうになる気持ちに負けずに
最後まで走り続ける精神力では無いだろうか。

終日救急車のサイレンが街を駆け抜けた。
脱水症状、熱中症で救護された選手が多くいたと今朝知った。

本日のトレーニング
Swim: 60 min.
Bike: min. Km
Run: 90 min. 12 Km
Circuit : min.

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告

宮古島三日目、晴天なり。」への6件のフィードバック

  1. 2008年、トラデビューして2年目でラッキーにも当選し、ギリギリ完走しました。
    制限時間2分前にゴール!あの感動で今まで続けてきたのかもしれません。
    年齢制限65才なので来年が最後のチャンス・・・
    アイアンマンよりちょっとだけ距離短くてもロングはもうムリかも?
    Akiraさんはいつ参戦されるのでしょう?

    いいね

    • 今年は30回全大会出場選手の表彰がありました。
      一回でも大変なだと思いますが、やる人はいるのですねぇ。
      横浜の鉄人さんらしき方を街で発見。
      結構60歳以上の選手もいらっしゃいました。
      65歳で完走した選手がいるならば制限年齢を上げることも必要だと思います。
      IMでは毎年更新していますから主催者次第ですね。

      ぼくの参戦ですか?
      今年実感しましたが、あの暑さの中でロングは無理だと思います。
      沖縄も出身の選手と話しましたが、彼等にとって
      あの気温、湿気は普通らしいのですが、僕にはダメです。無理無理!
      でも65歳でまでには環境順応して参戦しますかねぇ?www

      いいね

  2. LIVE放送(宮古テレビUstream)をほぼ全て観ました。西内選手や谷選手などのベテランの活躍は大変いい刺激になりました。

    いいね

    • 西内選手ランの折り返しまでトップだったんですがねぇ。日本人に勝って欲しかった!とにかく暑かった!今の宮古島は空港ですが選手の皆さん日焼けで真っ赤なです。

      いいね

  3. 応援お疲れ様でした。何気で縁のない宮古島ですが、ブログを見てしまうと行きたいなあという気持ちが強くなります。
    一回位チャンスがなあ‥

    いいね

    • 海外のレースのも良いですが、国内のレースにも過酷で楽しいレースがたくさんありますよ。あの海で泳げるだけでも価値があると思う。
      奥様もご主人がレースにも中にシュノーケリングができると思いますよ。

      いいね

コメントは受け付けていません。