古傷が痛みの原因だとわかる

昨日ようやく足の専門医に診察してもらう。

名前から察するにインド系アメリカ人の女医。
問診の後、持参したレントゲン写真のディスクを渡す。
靴と靴下を脱ぎズボンの裾をまくり
診査室の前の廊下を歩けと言う。

何度か往復すると「あなたずいぶん昔に左脚をねん挫しているでしょ?」
確かに中学生の頃、体操部だったボクは左脚のねん挫を
冷やしながら練習を続けた。
以来長い距離を歩くと左脚くるぶしが痛くなるのだ。

ちょっと見ただけで古傷を見抜いたという事は彼女が名医なのか、
それともボクの歩き方が特徴的な症状を見せているのか?

いずれにせよ彼女の見立てでは
右足の親指の付け根の痛みは、親指に体重がかかる時間が長く
それだけ負担が多くなって腫れくるらしい。
今のままだとリュウマチ性の骨の変形がおこる可能性有り。

左脚は過去のくるぶしの怪我が原因で足首が体重を支えられず
足底腱膜炎を起こしているのだろうという診断。
手術が必要なほど悪くは無いので指定のインソールを使うように。
痛みに関しては市販の鎮痛薬を飲んでかまわないとのこと。
一ヶ月後にフォローアップで再来診するようにとのこと。

医師がすすめる靴の一覧表をもらう。
彼女のおすすめランニングシューズはニューバランスとアシックス。
インソールはスーパーフィート(Superfeet)スペンコ(Spenco)を勧められる。

以前大手スポーツ店の靴売り場で見た事がある。
ネットで調べて見るとSpancoならばトライアスリート用に
Ironmanという商品もあるらしい。
SPEN-IM-RACE-ST2-SBS2

左脚に関しては太腿やお尻にも痛みがあるので
くるぶしの不具合がお尻や腰に影響しているのかもしれない。
値段は高いがこれで痛みが和らぐならば試してみようと思う。
ちょうど140ドル程のギフトカードもあるので
嫁からも小言は言われないないだろう。

ランニングフォームも改善が必要なのではなかろうか。
靴ひもの絞め方を変えたので爪の変色はすっかり無くなったが
医者が一目見て異常がわかるという事は、
どこかで無理をしているフォームなのだ。

「走る」という奥義を極めるのは難しいものである。

本日のトレーニング
Swim: min.
Bike: min. Km
Run: min. Km
Circuit : 60 min.

実は昨夜サーキットトレーニングとコアマッスルトレーニング
で全身筋肉痛になり本日はオフです。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告

古傷が痛みの原因だとわかる」への4件のフィードバック

  1. 歩く姿を見て原因を突き止めてしまうなんてインドパワー恐るべしですね。出来れば患部を触って治してくれるまでしていただければ良いのですが。
    私もインソール替えています。オーダー品で福澤諭吉2人分。作ってから5年経過し、かなりへたった感があり、作り直したいのですが懐が寒くて中々作り直せません(^_^;)

    いいね

    • ヒーリングパワーはありませんでしたねwww
      Superfeetの日本語サイトへ行くと日本人トライアスリートやウルトラランナーが使っているらしく、やはり足の痛みに苦しんでいるのだと納得しました。

      オーダーメイドで諭吉二枚ですか!
      う〜ん、我が家の場合嫁からどんなお仕置きがくるのか怖いです。

      いいね

  2. ふーん、いろいろな原因があるものですね。ども私もインソールの情報をこれで得ることが出来ました。感謝します。近くの店ではファイテンのものくらいしか無いのです。
    身体を軽くすることは言われませんでしたか。

    いいね

    • 体重に関しては何も…。

      どんなに高いインソールを使っても体重が重かったら意味が無いですね。
      減量頑張りマッスル!

      いいね

コメントは受け付けていません。