歳をとると健康フェチになるという事実

同年代の友達と雑談をすると必ず出て来る話題。
仕事、離婚、健康。
どうもある程度の年齢になると「健康」というのがキーワードになる。
健康食品に奔る人、健康運動に励む人
怪しげな健康器具にハマる人とそれぞれ得意な分野のウンチクを語り合う。

さてボクはアマゾンの奥地からこんな物を注文いたしやした。
Pro-Tech Athletics The Orb Deep Tissue Massage Ball
71TlwrbmgcL._SL1500_

ローラーではお尻から太腿の裏にかけてのマッサージがうまくいかない。
もっとピンポイントでマッサージしたいということでこいつの登場です。
(スポーツショップでソフトボールなども試してみたのですが
堅いし、ちょっと小さすぎる感じ)
ちょこっと使ってみた感じではぐりぐりと筋肉の隙間まで押せる感じです。
ふくらはぎとか腰にも効きそうですわ。

お値段はちょっと高めですが、一生もちそうだし
壊れるような物体ではないのでマラソンやトライアスロン
をやっている限りは使い続けそうです。

本日のトレーニング
Swim: min.
Bike: 40 min. Km
Run: min. Km
Circuit : min.

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告

歳をとると健康フェチになるという事実」への4件のフィードバック

    • トリガーポイントって指圧点のことですね。
      こんなんが流行っているんだぁ、しりませんでした。
      テニスボールでも良いのね。
      参考にさせていただきます。m(_ _)m

      いいね

  1. ひえーアマゾンの奥地にはこんなものが生息しているのですか。それで太腿辺りをパクッと
    噛み付いてほぐしてくれるという訳ですね。面白いものがあるんだなあと感心しました。

    いいね

    • はい、アマゾンの奥地には沢山魅惑的な健康グッズがありまして、クレジットカードも使えるので思わずポチしてしまいます。www
      嫁から小言を言われるのも全てアマゾンのせいなのです。

      いいね

コメントは受け付けていません。