LSD 22.9Km

先週の大ブリック祭りで実感したのが脚力不足。
ちゅうわけで三連休の中日、坂道+LSDに挑戦してみた。
結果からいうと「今のおいらにフルマラソンを走る走力は無い」と。www
折り返し地点ですでに脚が重いんだもん。
あかーん!

トレーニングの課題としてはこんな感じ。
LSDなのでHRMを装着、135-155の間で走るのが目標とする。
ガーミンに表示するのはHRのみ、スピードを表示させない。
一時間半走って、折り返すということだけを課題とした。

LSDに関しては小出監督の著書にも功罪が書かれておりますが
サブ3を目指すようなランナーには必要無い、もしくは効果が薄い。
LSDはマラソンビギナーで脚力、走力の無い人にとって効果があるらしい。
詳しくはここの記述参照されたし。

さらに今回は平地をダラダラ走るのではなく
坂道を混ぜてヒラメ筋の強化を入れてみた。
選んだコースはいつものトレーニングコースから外れて
高低差372m、一番辛い折り返し地点が一番高い場所になるようにした。

途中給水場所が無いので昨年購入したハイドレーションパックを使った。
PLATYPUS ORIGIN 3 HYDRATION BACKPACK
2012年モデルが製造終了で安くなっていたのを半額で購入。
製造元のサイトを調べると新しい2014年モデルになっていた。

他にも有名なキャメルバック社のハイドレーションパックもあったのだが
あそこの会社はなかなか値引き対象にならない。
貧乏アスリートは名よりも実を取るのだ。

これが表側、側面と上部に防水加工をしたジッパーあり。

これが表側、側面と上部に防水加工をしたジッパーあり。

これが背にあたる側、モデルは一つ上のOrigin 5だがデザインは一緒。チューブの取り回しは自由。

これが背にあたる側、モデルは一つ上のOrigin 5だがデザインは一緒。チューブの取り回しは自由。

水タンクは分厚いジップロックで締め付ける構造。チューブはタンク底部にワンタッチで接続できる。

水タンクは分厚いジップロックで締め付ける構造。チューブはタンク底部にワンタッチで接続できる。

これってウルトラマラソンとかに使えるね。
って、やる気は全くありませんがwww
まだヘンタイランナーの仲間入りはするつもり無し。

防水加工がキッチリしてあり容量に余裕がある。
水2リットルの他に1リットル分のスペースがあり
手袋、カメラ、食料などが入って大変よろしい。
背にあたる部分もパッドが厚くて痛くない。
今年はこいつがラントレの相棒になりそう。

トレーニング後、自宅に帰ってしっかりストレッチ
そしてシャワーに入って直ぐに冷水で足を冷やす。
特に足首や右足親指の付け根を冷やす。
翌日はかなりの筋肉痛ありました。www
二階から下りて来る時の階段が地獄。
この痛みが前進の証だと思いたい。

本日のトレーニング
Swim: min.
Bike: min. Km
Run: 180 min. 22.9 Km
Circuit : min.

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告

LSD 22.9Km」への4件のフィードバック

  1. Akiraさん、LSDお疲れ様でした。
    走力が落ちてしまった者にはしっかりベースを作るという点でLSDは必要だと思っています。まさに今の自分がそれでペースがどうのいうよりはまずはベース作りとして長い距離走らないことには始まりません(^_^;)

    いいね

    • 全くその通りです。
      週に一回はLSDをしたいと思います。
      しかし平日は一時間程度しかラントレに使えないので
      心肺機能を高めるようなトレにして、走力とのバランスを取るつもりです。

      いいね

  2. いよいよ本格的に始めましたね。水バッグなんか背負って走るのはすんごいことです。
    われわれ(と言っていいのかな?)のレベルではLSDは大切な練習ですね。

    いいね

    • 我々で結構です。ww
      きっとあつめしさんの方がレベルが上だと思いますが…。

      コンビニは無いし、公園も少ないコースなので
      ロングランではハイドレーションパックが必需品。
      トイレも欲しいところですが、ロスではなかなか難しい。
      今回は3時間ノートイレタイムでした。

      いいね

コメントは受け付けていません。