バカでも風邪はひくらしい

おいらのようなバカでもいっちょまえに風邪をひくらしい。

週末は喉の痛みと咳に苦しみました。
トレーニングができないことを理由にして
久しぶりに映画館へ。

GRAVITY(邦題:ゼロ・グラヴィティ)を3Dで鑑賞。
同僚からは内容がない映画だが、CGは必見とコメントあり。
オスカーにノミネートされているようで
最終決定前に再上映しています。

CGはすごいのですが、話に厚みは全くありません。
サンドラブルックも主演女優賞にノミネートされていますが
どう考えても無理だと思うな…。

視覚効果賞は有力、あとは衣裳かなぁ。
撮影賞は五分五分かもしれない。

NASAからは宇宙空間で有り得ない場面ありとツッコミが入ったらしいが
映画なんてそんなものなのだから目くじら立てることもなかろう。
無音の宇宙空間なのだから
ゴォーとエンジン音をなびかせて、なんてのはあり得ないが
映画的には効果音がなくっちゃ臨場感が無い。

宇宙船内の火事の場面も焔が船内に充満してなんて
どれだけO2があるのか?www

ボクは十分楽しめましたが、映画館で上映するより
NASAのスペースキャンプで子供達に見せた方が
良いのではなかろうかと思いました。

今日は月曜日、頑張って30分運動する。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告

バカでも風邪はひくらしい」への4件のフィードバック

  1. Akiraさん、ご無沙汰しております。
    風邪の方はいかがですか?馬鹿は本当に風邪ひきませんよ。
    あんなに忙しかった年末でも自分は風邪ひきませんでしたからw

    ゼロ・クラビティ、私も全く同じ感想でした。確かに映像は素晴らしかったのですがストーリーがその素晴らしい映像について来ていない映画だったかなと。
    ここ最近、ハリウッド映画がイマイチと思うのは自分だけですかね?
    自分の中で良かったなと思ったのは邦画「永遠の0」でした。

    いいね

    • ヒデさん、お久しぶりです。
      お忙しそうですねぇ。
      なかなかブログが更新されないのでご多忙なのではと思っていました。

      ボクは馬鹿田大学を卒業していないので馬鹿が足りないのでしょうか?
      風邪をひいてしまいました。:-(

      「永遠の0」はこちらで公開されていないのでわかりませんが、
      日本のニュースをみると戦争美化だとう批判が多いみたいですね。
      戦争ものは右か左かどちらかに行くしかないのですが
      事実を書いているなと思うのは(戦場に行った事はないけれど)
      「人間の条件」「Saving Private Ryan」でしょうか。
      どちらも観た後に気が滅入る。

      いいね

    • 年上のあつめしさんが元気だというのに
      ボクが満身創痍というのはどういうことなのでしょうね?

      腰痛、脚の痛み、風邪、歯(これは痛みがない、もう神経とっちゃてますから)
      アソコもそろそろ御用済みのようです。

      その昔、上司に言われました。
      「あのな、男は年を取ると「はめまら」で悪くなるから」
      「え?なんですか「はめまら」って?」
      「歯、眼、マラ(ちんちん)の順でダメになるってことだよ」

      そんなもんかなぁと思いましたが、近頃実感するようになりました。

      いいね

コメントは受け付けていません。