オレは半沢直樹か?

トライアスロンとはまったく違う方向へ向かっております。www

「半沢直樹」視聴率42.2%を越えた骨太な番組。
あらすじをここでのべるまでもなく、銀行マンの主人公が上司の不正を暴く物語。
毎回胃が痛くなりそうなプレッシャーを受けながら
それでも必死で戦う半沢直樹に喝采を送った人も多いと思います。

どうも自分もそんな状況になってしまいました。
銀行の不正ほど規模はデカくないのですがwww
上司のミスを転化されてしまい、それを解決するために奮闘しております。

むー、思い返すと昨年は裁判所に何度も出向いたのだった。
どうもそういう紛争に巻き込まれる星の巡り合わせなのか?
己の不勉強、不徳とすることろなのか?
出社するのが億劫。

未だにその上司はいるし、そいつの更に上の上司に陳情してみたが
解決できるのか、汚名をはらせるのかはまだわからない。

グダグタしたくは無いので、ストレス発散の為に
終業後はジムで足腰立てなくなるまで筋トレしています。
床に汗で水たまりができるまで動くとちょっとは楽。
そういえば半沢直樹でも剣道の打ち合いやってたなぁ…。

テレビドラマや小説のように最後は解決できたら良いのですが、
実社会はそんなに甘くない。
上司に逆らっていい事は何も無いかもしれない。

「長い物には巻かれろ」とは言いますが、
濡れ衣をかけられたまま引き下がるわけにはいかない。

やはりここは

倍返しだ!

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告

オレは半沢直樹か?」への4件のフィードバック

  1. おお!イケイケで行け!正しいものは正しいのだ。
    って出来る環境にあるのならね。
    最後に勝つのは正義です。 

    いいね

    • ありがとうございます。
      まぁ、行け行けと言われてもどこへも行けないのですがやれることはやります。言うべき事は言います。

      もともと上司にへつらうことが出来ないのでどこへ行っても上下関係に厳しい環境では嫌われます。我ながら馬鹿だなぁと思いますが仕方が無い。ならぬものはならぬのです。

      アメリカ社会で出世などありえないので上司にたてつきます。www

      いいね

    • アメリカはたとえ上司であろうと反論しないと潰されます。苦手なのですが英語でディベートできないと生きていけません。

      良い上司につけば出世も早いし昇給もある。これは日本も同じですよね。しかし、今回の案件については言うべき事は言い、第三者の判断を仰ぐ事にしました。

      いいね

コメントは受け付けていません。