予定変更

11/14から2週間の休暇を取ってシドニー滞在と
近郊のリゾートを満喫しようと夏から予定していた。

その為に休暇も申請したし、ホテルもレンタカーも全て準備を
整えていたのだが、今朝義姉から電話があった。

先週軽い心筋梗塞をおこして入院していた義母の容態が悪化。
肺機能が低下して自己呼吸が出来なくなったとのこと。
その結果、常時酸素マスクをつけているので口からの栄養補給ができず
点滴だけで持ちこたえているとのこと。

医者も彼女の87歳という年齢を考慮して、
気管切開、経管栄養の手術もしないことになったらしい。
たぶん鼻から酸素を送り込んで、食事ができるのじゃないかと思うのだが
自分は医者ではないのでよくわからない。
いずれにせよ、医者からは万が一の事態を覚悟してくださいと言われたそうだ。

というわけで休暇はお流れ。
嫁は急遽週末のフライトで東京へ向かう事にした。
会社は辞表を提出したのだが受理されずに
長期休暇扱いにされたらしい。
いつまで義母の体力が持つかわからないので
しばらくは東京の実家で過ごす事になる。

自分の母も83歳、数年前に脳梗塞で倒れてから
すっかり老けてしまった。
嫁の父親は随分前に亡くなってしまった。
義母が逝けば次は自分の両親の心配だな。
いつかはお迎えがくる、これがまっとうな順番ということか。

ボクも51歳、あと30年くらいは元気でいれるのだろうか?
80歳でもトライアスロンに挑戦するなどと能天気なことを言っているが
実際のところどうなんだろうか?
やれんのか?

当分一人暮らしになりそうだ。
健康のためにも日々のトレーニングにいそしもう。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告

予定変更」への6件のフィードバック

  1. 一人での生活、そして、奥様や義母様へのお気遣いで大変かと思いますが
    頑張って下さい。
    そして、出来れば義母様が無事ご回復に向かいますように。

    いいね

    • お気遣いありがとうございます。
      幸い義母は快方に向かっていると嫁からメールがきました。
      嫁の母方の血統は長寿のDNAがあるらしく、祖母も百歳近くまで生きたので義母もこの調子だと米寿どころか、白寿まで生きるのじゃないかと思います。集中治療室から普通病棟へ移されたようなので少し安心しました。

      いいね

  2. 離れてるからこそ切ない!大変ですね。
    特に奥さまの心中お察しします。
    結婚前は病気がちの母と二人暮らし、結婚後は夫に同居してもらって母の介護せざるおえない。幼い3人の子育てをしながら・・・被害者意識が強かった頃を思い出します。
    友人達が今、親のことを抱えて愚痴を聞いて思う事。
    老々介護にならない時期で良かったのかも?
    私も夫に支えらて感謝です。
    Akiraさんもひとりで大変でしょうが奥さま、支えて下さいね。

    いいね

    • ボクは海外に住んでいるので親や親戚の死に目には会えないと
      覚悟はしていますが、今回はまだ親孝行できるチャンスがあると思い
      嫁が日本へ帰国することを応援しました。

      NEKOさんは介護をこなされたのですね。
      本当に頭が下がります。

      十年程前アメリカに義母を呼んで一ヶ月ほど同居しましたが
      いろいろ気を使ってストレスが溜まった事があります。
      義母は数年前から認知症もあり、義姉からいろいろな逸話をメールで
      もらうたびにそれを笑って受け止める義姉に感謝するばかりです。

      ボクら夫婦は子供がいないのでいつかは老々介護になるか、
      それとも二人で養老院に入るしか道はなさそうです。

      いいね

    • ありがとうございます。
      歳が歳なので家族全員覚悟はしています。
      だいぶ前から痴呆が始まっていて、
      娘のところへ行くと言って外出し、
      行方不明になったことが何度もありました。
      一緒に住んでいる義兄家族のご苦労は大変だったと思います。

      人間いつかは逝くのですから仕方がありません。
      老いて古くなった身体を新しい身体にしてもらう儀式だと思えば
      悲しいことではなく喜ばしい事です。
      苦労された方なので次に生まれ変わった時には
      楽しい人生を送って欲しいと願っています。

      いいね

コメントは受け付けていません。