初海老!

水曜日は夏日でした。
波情報を見ると凪で水温66°F(19℃)絶好の海老漁コンデション。
友達にメールを送ると「決行」の返事。
夜6時半現地集合ということで、
仕事が終わるとそそくさと荷物を整えて車を走らせる。

日が短くなって現地に近づく頃には既に黄昏れ。
素晴らしい夕焼けが海を茜色に染めていました。

DSCN1867

ポイントに到着すると既に他のダイバーが漁を終えて上がって来たところ。
う〜む、既に荒らされた後か?
準備をしていると知り合いが到着。
どうも友達が他にも声をかけたらしく4人が潜ることに。

ボクはいつものポイントへ直行。
が、なぜか入っては行けないはずのエンジン付きボートがいる。
カリフォルニアではエンジン付きボートがスクリューで
海藻を傷つけないように海藻の茂っている水域には
入れない事になっているのです。
どこの国にも心ない連中はいるものです。

今日は気温が高かったので、海に入っても水はまだ冷たくない。
しかし、水深の浅い場所に海老の姿が見えない。
凪なので浅瀬にきているはずなのに、なぜ?
徐々に深いところへ、水深30フィートまできても
海老の姿が見えない。

どうも数日来の好コンデションでかなりの海老が捕獲された様子。
ココまでで1時間経過、エアが少なくなって来たので
水面移動しながらエクジットポイントまで戻る。

あえて根のある岩場の下を探りながら泳いでいると
いた!デカイ海老ちゃん!
ライトで注意をそらしながら近づいて両手で捕まえる。
かなりの大物だったので抵抗するチカラが強い。
それでもなんとかバッグに押し込み、今シーズン初海老ゲット!

その後、ケルプクラブを一匹捕まえて今夜のダイブは終了。
海岸へ戻ると友達も漁を終えて戻って来た。
10年選手は6匹ゲット、彼を除いてはみんな一匹づつ。

DSCN1874

友達が一匹譲ってくれました!
並べてみたらこんな感じ。
小さいのがレギュラーサイズ、今回ボクが穫ったのはジャンボサイズでした。
モンスターサイズに逢えるのはいつのことか…。

家に帰って器材を洗って、風呂に入って寝たのが深夜1時過ぎ。
翌日は一匹はお刺身、もう一匹は蒸し焼きでいただきました。
ジャンボ海老は脱皮したてだったらしく、甲羅が薄くて食べやすかった。

ごちそうさまでした!

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

追記

前回ウツボに噛まれたことを先輩ダイバーに話したら
「ウツボの歯は内側を向いてはえているので
噛まれたらウツボの頭ごと捕まえて穴から引きづり出す。
それからググっとのどの奥まで指を突っ込むと指を吐き出すので
そうなってから指を外せば被害は最小限に済むよ」
とアドバイスをいただきました。

いや、あの状況でそんなに冷静に行動できませんって。汗

広告

初海老!」への2件のフィードバック

  1. 今シーズンの初海老ゲットおめでとうございます。
    そちらの伊勢海老の大型サイズのお味ってどうなのでしょうか?
    あまり大き過ぎると味もそれに比例して大味になってしまうなんて話を聞いたことがありますが・・・
    これからはウツボに噛まれても安心ですねw

    いいね

    • 大型になるということは年数を経ているということで身が硬くなるそうです。
      ただ、この程度ではあまり変わりないですね。

      昔はこの程度のサイズの海老がザラにいたそうですが
      今は乱獲が進んでいて滅多にみません。

      大型になると9パウンドくらいになりますが
      先輩ダイバーによると身がゴムのようになるらしいです。
      食べたことがないので味はわかりません。

      大きなアワビも発見しましたが、今は捕獲禁止になりました。
      20年くらい前は捕獲して良かったのですが
      現在は数も激減、密漁者は1000ドルの罰金か再犯者は監獄へ直行です。
      将来的に海老もそうなるのかもしれませんね。

      いいね

コメントは受け付けていません。