恒例の水練開始

先週の金曜日、社内でLA Triathlon Kick Off meetingなるものがおこなわれました。
社員を対象にした参加希望者への説明会です。
いつもどおりのレース説明の後、例年どおりスイムトレーニングも
今週から週3回するということだったので参加してきました。

プールは自宅から車で25分の海沿いにある私立高校のプールです。
夜8時から9時までの一時間。
コーチはおなじみのGinaおばさん。

今日は
300 yard warm up
100 yard/1’30” 300 yard x 3
10秒レスト

その後ペーススイムのトレ
300 yard x 3
75 yard x 1
50 yard x 1
これを2セット。
その後1分間の休憩をはさんで25 yard x 3本 無呼吸で泳ぎました。
心臓バクバクの心拍数を強制的に下げて無呼吸で泳ぐ練習。

ひとりでトレするとどうしても自分に楽なトレーニングや
人込みの中でスピードがあげられないトレになりがちですが
こうしてコーチがついてコースも占有できるトレーニングは自分を追い込みやすい。

今日は初めてのグループトレーニングだったので
脇腹が痛くなるほど頑張って泳ぎました。
明日は筋肉痛になるかも?

本日のトレーニング
Swim: 60 min.
Bike: min. Km
Run: min. Km
Circuit : min.

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告

恒例の水練開始」への2件のフィードバック

  1. え、え~ッ!?そちらはプールもヤードですか?オリンピック競技では確かメートルだったと記憶しておりますが???
    Akiraさんから言われて気付きましたが、日本の首都圏は屋内プールの施設が沢山あり、とても便利なんでしたね。
    そのあたりは他の先進国と比べたことがなかったので言われて初めて分かりました(^_^;)

    いいね

    • 驚くなかれ、アメリカ人は未だにインチ、マイル、ヤードの世界。
      重さもパウンドで表記されます。

      以前暮らしていたオーストラリアでもミックスでしたね。
      スコテッシュのおじいさんだとstoneという単位で重さを言われた事がありますよ。

      プールに関して言うと日本は海や川が多いので学校教育で水泳の授業がありますが、アメリカでは学校にプールが設備されているのは稀です。
      黒人で泳げる人も稀なり。
      なので冬場のスイムトレはかなり難しいです。

      いいね

コメントは受け付けていません。