カリビアンクルーズ 後篇

クルーズ四日目
今日は最終日、朝6時半起床。
積乱雲の後ろから日の出が見える。
後光がさした雲の美しさにしばし見とれてしまう。

DSCN1440

7時半に先発隊としてプライベートアイランドへ上陸。
元は個人所有の島なのだがクルーズ会社各社が使用料を払って
ビーチを使わせてもらっているらしい。

ボクらの船の他にも2隻のクルーズ船が遠くに停泊しているのが見えた。
ビーチは白い砂が続き、青いビーチベッドが夏らしいコントラストをつくりだす。
ボクらのチームは直ぐに仕事にとりかかる。

DSCN1453

DSCN1451

先週は悪天候でいくつものイベントがキャンセル。
このビーチもデコレーションが飛ばされないように
ロープでくくられていた旗がかなり緩んでいた。
先週からのデコと新しいデコを飾り付けた。

チームリーダーから撤退時刻まで自由行動の許可が出た。
撤退予定時刻は午後3時半、4時半までに飾り付けを取り外し
島から撤退完了しなくてはならない。

いずれにせよ、この日は楽になりそうだった。
さっそくビーチベッドを確保。
入り江に作られたビーチは波がほとんど立たない。
沖に大きな岩礁があり、そこを目指して泳いでみる。

398527-R1-14-10A

宮古島ではほとんど泳ぐ機会が作れなかったので
今回はスイム用ゴーグルとシュノーケリング用マスクの両方を持ってきた。
スイムはなかなかいい感じで前に進む。
特にここは海水が濃いのか、えらい身体が浮く感じ。

一度岸に戻ってシュノーケリング装備で海に戻る。
ビーチ付近は砂が細かく、足をつけると煙のように砂が舞う。
徐々に深くなり岩礁の奥は深くなっていた。
見慣れた熱帯特有の魚が群れを作っていた。
前日に船で購入しておいたフィルム式
使い捨てウォータープルーフカメラで撮影。
撮影した画像が直ぐにみれないなんて久しぶり。

途中で巨大なロブスターを発見。
カリフォルニアのスピンキーロブスターとも
メインロブスターとも違う種類、色合いもサイズも全然違う。
足一本がアラスカクラブくらいのサイズ。
人間を知らないのか隠れることもなく、
近づいてきたボクの方へ触覚をのばしてくる。
ちょっと無防備すぎだろロブスター君。

lobster8
この写真は他のサイトから拝借しました。

岩礁の裏へ廻ると若干潮の流れが速くなり水温も下がるのがわかる。
水深は20メートルといったところ。
色が深い碧に変わる。
さすがにそちら側は危険そうなので近づかない。

入り江には「沈没した海賊船」という設定にもとづいた
オブジェが人工的に沈めてある。
帆船の舵、壊れた酒樽、財宝の詰まった宝箱など。
そのオブジェの隙間に魚達が住み着いている。
そんな物が無くても十分楽しめると思うのだが…。

鋭い歯をみせるバラクーダや編隊を組んで泳ぐイカをみた。
バラクーダがこんなに岸辺に近くに住んでいる何て知らなかった。
イカはモンゴウイカに似た形だが、サイズは10センチ程度。
ボクが近づくと色と脚の形を変形させて警戒態勢に入る。

結局ビーチで肌を焼いたのは40分程度でそれ以外はずーと水の中。
日焼け防止のラッシュガードを着ていたので全然焼けず
船に戻って同僚に「ビーチで何をしていたの?全然焼けてないじゃないか」
同僚の中には焼け過ぎで真っ赤になってしまった人がかなりいた。
黒人の同僚は「どうだ、俺もますます黒くなっただろ?」と訊かれたが
もともと黒い肌の彼の黒さの違いはわからなかった。ww

船に戻ったのが5時、それから翌日の下船に向けて荷造り。
業務が終わったのが7時ちょっと前だったので
それから夕日をみながら甲板を一時間走る。

さすがに最終日に走っているのはボクと船員くらいのもので
客はすべて今夜のサヨナラバーティーに参加するために
着飾っている人が多かった。

翌朝目を醒ますとちょうど船がマイアミに到着。
夜明けの桟橋に船がゆっくり接岸していく。
街は新宿副都心か晴海埠頭を思わせるような高層ビルが立ち並ぶ。

DSCN1472

本日のトレーニング
Swim: min.
Bike: min. Km
Run: 60 min. 10 Km 船の甲板でジョグでした。
Circuit : min.

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告

カリビアンクルーズ 後篇」への4件のフィードバック

  1. やっぱりクルーズは一度行ってみたいですね。言葉は嫁に任せて思い切ってラテンを楽しめるカリビアンクルーズがいいなぁ~w
    ここぞとばかりに衣装を沢山持ちこんでシチュエーションに合わせてチョイスしたいですね。
    まぁ、小市民の小さな夢です(^_^;)

    いいね

    • カリビアンクルーズは季節によって感じ方が違うかも?6月は雨期なので湿気が高くてうだります。US$が使えるし英語も大丈夫なのでアメリカから行く人が多い。
      海はきれい、透明度が高くてダイビングをする人にはおすすめです。
      ちなみに各港で買ったお酒類はクルーズが終わるまでお預けです。
      船の中では飲めませんのであしからず。
      ラム酒が有名なんですが、ボクはラムケーキを買ってきました。

      いいね

  2. Akiraさん、お仕事お疲れ様でした。マリブ、憧れです。練習も出来ていたようで良かったですね。日常にもどっても頑張りましょうね

    いいね

    • カリブ海ってこんなにきれいなのかって思いましたよ。でも宮古島も透明度は高かった。人が多くなると汚くなるのでしょうね。
      トレはランだけでしたが、なんとかこなしました。
      仕事に戻ったら雑誌の締切が迫っていて連日残業12時間以上働いています。
      とほほ…

      いいね

コメントは受け付けていません。