カリビアンクルーズ 番外篇

今回会社がチャーターしたのはNorwegian Cruise Lineという会社のNorwegian Skyという船です。
所有している船の中では一番小さい船ですが、それでも定員2002名、乗組員は950名。

ここ数年クルーズでの事故や病気が問題になっており
出発前までかなり心配していたのですが、天候にも恵まれ
快適な旅を楽しむ事が出来ました。

今回の船に乗って非常に感心したのが、乗組員の教育が良くされているということ。
ボクの部屋の担当者はRoyさんという男性だったのですが
初めて部屋に行った時にボクの顔と名前をすでに記憶していました。

そして毎日部屋の掃除をした後にこんな動物達がボクを待っていました。

DSCN1310

DSCN1343

DSCN1460

DSCN1430

DSCN1462

どうですか?
こんなタオルアートが部屋に置いてあったら子供が喜びそうですよね。
Royさんに質問したら各客室担当者はこのタオルアートを
一分程度で作れるようにトレーニングを受けるそうです。
彼らはこれ以外にもいろいろな動物を作れるそうです。

スゴいですねぇ!
小額のお札が無かったので最終日に$5のチップを
動物の下に置いておきました。

それから甲板でジョギングしていた時に話しかけてきた
乗組員に聞いたところによると船員の半分以上がフィリピン人。
なぜなら他の人種の人は長く働かないということでした。
理由は労働環境が厳しく、一度乗船すると9ヶ月間船の中で生活するそうです。
一年のうちの3ヶ月しか家族に会えないとのことでした。

部屋は二段ベットが積まれ数人の船員が狭い船室で共同生活をしている。
自分たちの食事は船のバッフェ、衣服は制服があるのでほとんどお金を使わない。
彼らは収入のほとんどを母国に住む家族に送金するそうです。
他の人種の人達はそんな生活に耐えられずに一年で辞めてしまうと言っていました。

豪華クルーズの裏側ではこんな人達が働いているのですねぇ。
クルーズ中もボクの隣の部屋ではカーペットの交換をやっていたし
ときどき木製の手すりがはずされるので何をしているのか不思議だったのですが
数日後にはちゃんと新しい塗装がされて元の場所に取り付けられていました。
船にはそんな職人さんも沢山働いているそうです。

それに一日中供給される食事も半端な量ではありません。
巨大な洗濯機や乾燥機も船内に完備されています。
下水や汚水は全て船内で浄化し、ほとんど真水に戻して海に放出するらしい。

本当に海に浮かぶ巨大ホテルなんですね。
ちなみにこの会社の最新船はNorwegian Epicといい、写真でみると
14階建ての四角いビルが海に浮かんでいるようです。
次はこんな船に乗ってみたいなぁ。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告

カリビアンクルーズ 後篇

クルーズ四日目
今日は最終日、朝6時半起床。
積乱雲の後ろから日の出が見える。
後光がさした雲の美しさにしばし見とれてしまう。

DSCN1440

7時半に先発隊としてプライベートアイランドへ上陸。
元は個人所有の島なのだがクルーズ会社各社が使用料を払って
ビーチを使わせてもらっているらしい。

ボクらの船の他にも2隻のクルーズ船が遠くに停泊しているのが見えた。
ビーチは白い砂が続き、青いビーチベッドが夏らしいコントラストをつくりだす。
ボクらのチームは直ぐに仕事にとりかかる。

DSCN1453

DSCN1451

先週は悪天候でいくつものイベントがキャンセル。
このビーチもデコレーションが飛ばされないように
ロープでくくられていた旗がかなり緩んでいた。
先週からのデコと新しいデコを飾り付けた。

チームリーダーから撤退時刻まで自由行動の許可が出た。
撤退予定時刻は午後3時半、4時半までに飾り付けを取り外し
島から撤退完了しなくてはならない。

いずれにせよ、この日は楽になりそうだった。
さっそくビーチベッドを確保。
入り江に作られたビーチは波がほとんど立たない。
沖に大きな岩礁があり、そこを目指して泳いでみる。

398527-R1-14-10A

宮古島ではほとんど泳ぐ機会が作れなかったので
今回はスイム用ゴーグルとシュノーケリング用マスクの両方を持ってきた。
スイムはなかなかいい感じで前に進む。
特にここは海水が濃いのか、えらい身体が浮く感じ。

一度岸に戻ってシュノーケリング装備で海に戻る。
ビーチ付近は砂が細かく、足をつけると煙のように砂が舞う。
徐々に深くなり岩礁の奥は深くなっていた。
見慣れた熱帯特有の魚が群れを作っていた。
前日に船で購入しておいたフィルム式
使い捨てウォータープルーフカメラで撮影。
撮影した画像が直ぐにみれないなんて久しぶり。

途中で巨大なロブスターを発見。
カリフォルニアのスピンキーロブスターとも
メインロブスターとも違う種類、色合いもサイズも全然違う。
足一本がアラスカクラブくらいのサイズ。
人間を知らないのか隠れることもなく、
近づいてきたボクの方へ触覚をのばしてくる。
ちょっと無防備すぎだろロブスター君。

lobster8
この写真は他のサイトから拝借しました。

岩礁の裏へ廻ると若干潮の流れが速くなり水温も下がるのがわかる。
水深は20メートルといったところ。
色が深い碧に変わる。
さすがにそちら側は危険そうなので近づかない。

入り江には「沈没した海賊船」という設定にもとづいた
オブジェが人工的に沈めてある。
帆船の舵、壊れた酒樽、財宝の詰まった宝箱など。
そのオブジェの隙間に魚達が住み着いている。
そんな物が無くても十分楽しめると思うのだが…。

鋭い歯をみせるバラクーダや編隊を組んで泳ぐイカをみた。
バラクーダがこんなに岸辺に近くに住んでいる何て知らなかった。
イカはモンゴウイカに似た形だが、サイズは10センチ程度。
ボクが近づくと色と脚の形を変形させて警戒態勢に入る。

結局ビーチで肌を焼いたのは40分程度でそれ以外はずーと水の中。
日焼け防止のラッシュガードを着ていたので全然焼けず
船に戻って同僚に「ビーチで何をしていたの?全然焼けてないじゃないか」
同僚の中には焼け過ぎで真っ赤になってしまった人がかなりいた。
黒人の同僚は「どうだ、俺もますます黒くなっただろ?」と訊かれたが
もともと黒い肌の彼の黒さの違いはわからなかった。ww

船に戻ったのが5時、それから翌日の下船に向けて荷造り。
業務が終わったのが7時ちょっと前だったので
それから夕日をみながら甲板を一時間走る。

さすがに最終日に走っているのはボクと船員くらいのもので
客はすべて今夜のサヨナラバーティーに参加するために
着飾っている人が多かった。

翌朝目を醒ますとちょうど船がマイアミに到着。
夜明けの桟橋に船がゆっくり接岸していく。
街は新宿副都心か晴海埠頭を思わせるような高層ビルが立ち並ぶ。

DSCN1472

本日のトレーニング
Swim: min.
Bike: min. Km
Run: 60 min. 10 Km 船の甲板でジョグでした。
Circuit : min.

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

カリビアンクルーズ 前篇

きっとブログ村ではバラキンの話題でいっぱいだと思いますが
おかまいなくトライアスロンは別なブログであります。www

DSCN1290
クルーズの部屋は海側でバルコニーも付いました。
ダブルベットをひとりじめ。

DSCN1284

DSCN1288

初日は朝4時半起きで夜は9時近くまで肉体労働だったので
疲労困ぱいで寝ました。

二日目は朝2時間労働したあと夜5時半から10時過ぎまで肉体労働。
クルーズが始まってからはちょっとだけ自由時間がもらえて
昼間はプールに浸かったり、町を探索することができた。

dscn1386

カリブ海は蒸し暑いです。
カメラを持って冷房の効いた部屋からバルコニーへ出ると瞬時にレンズが曇る。

初日はマリブからバハマ。
真夜中デッキに出ると真っ暗な水平線に遠雷だけが光っていた。

DSCN1354

二日目はバハマからナッソーへ移動。
昨夜は時々空を覆っている薄雲が切れて星空が見えた。
星空の消えたところが水平線だとはっきりわかるくらい。
明け方、雨が降ったらしく甲板が濡れていた。

DSCN1401

波は高くないし、船が巨大なので揺れを感じる事はほとんどない。
ただエアコンが一日中動いているのでその音だけが気になる。
慣れてしまったのか、それとも連日の肉体労働の疲れか夜は直ぐに眠れる。

DSCN1394

夜は5時半からパーティの準備。
パーティの終わったのが夜10時半でした。

明日はバハマのプライベートアイランドへ行くので6時起床。
ボクは先発隊で出発、島で飾り付けとゲストのお迎え業務。

DSCN1372

DSCN1376

本日のトレーニング
Swim: min.
Bike: min. Km
Run: 60 min. 10 Km 甲板の上をジョグ
Circuit : min.

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

リゾートで働きづくめ

昨夜はホテルの近くで見つけた海岸線にそったジョギングコースを走った。
一時間で10キロ程度だと思う。
ガーミンを持ってこなかったので正確な数値は不明。

今朝は朝7時から夜8時まで乗船受付業務。
一日中立ちっ放しはさすがに疲れました。
しかし、明日は午前5時半からお仕事。
さすがに睡眠不足なので寝ます。

ブログランキング50位から脱落。
仕方ないなぁ…。

とりあえず写真だけアップしておきます。
船の上からネットへのアクセスはかなり高額だし
業務用回線を使うのは問題がありそうなので
四日間ほど音信不通となります。

DSCN1247
いかにも高級リゾート、ウォーターフロントのホテル
って感じな高層ビルが立ち並ぶダウンタウン。

DSCN1280
ボクのホテルの向かい側に建つビル。
夜になるとライトアップされ七色の光を放つ。
時間によってどんどん色が変わるのはスカイタワー並みか?

DSCN1258
古い建物を見つけて中に入ってみた。
50年代風のデコレーション、床はもちろんマーブル。
エレベーターのドアに施された板金細工が美しい。

本日のトレーニング
Swim: min.
Bike: min. Km
Run: 60 min. 10 Km
Circuit : min.

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

マイアミは嵐だった

さてさて、現在出張で東海岸のマイアミです。

金曜日の早朝のフライトでLAXを出て
三時間の時差のあるマイアミに到着したのが現地時間の三時半。
空港ターミナルは冷房がガンガン効いていて
わからなかったのですが、一歩外へ出ると熱帯の空気に包まれた。
数年前に行ったバンコックを思い出した。

空港からシャトルでダウンタウンのホテルへ。
外の景色はスラム感の漂うハバナと
近代化が進むダウンタウンの対比がよくわかる。

20年以上前のマイアミはキューバ移民と
ドラッグやギャングの抗争で荒れていたそうだが
今は観光客の集客を目指して大変身したらしい。
昔「マイアミ・バイス」なんて刑事物のテレビ番組があったね。
今はバハマ行きのクルーズが出る港なので小綺麗な感じ。

シャトルのドライバーは黒人だった。
彼がいうにはダウンタウンは安全になったし観光客が多くなった。
だが同時にダウンタウンは物価が高くて
普通の人間では住めなくなったとも言っていた。

初日の夜はカミナリをともなった雨が降り
外出は出来なかったのでテレビでも観ようかと点けてはみたが
カミナリの影響で衛生からの電波が乱れて何も映らない。

こんな時はどうしようもない。
ロス出発前はほとんど睡眠時間がとれなかったので早めに寝た。

土曜日の今日から14日まで肉体仕事。
これから仕事に出かけます。
巨大なストームは去ったようなので雨は止むようだが暑さと湿気は変わらず。
梅雨時の日本をアメリカの東海岸で体験することになるとは思わなかった。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

40年の歳月を越えて

まったくトライアスロンとは関係無いお話し。

高校時代の友達で遊び仲間に武田という男がいた。
彼の家は田んぼのど真ん中に立っていて、良く仲間が集まっては
タバコを吹かしながらオートバイや女の子の話しをキリもなく話しあった。

彼には会った事は無いが4歳年上の兄貴がいて、部屋にはいつも
見た事が無い洋楽のレコードがギターと共に置いてあったと記憶している。
そしてボクの脳裏にズコーンと焼き付いたのが
「クリムゾン・キングの宮殿」だった。

518NDKH2XTL._SL500_AA300_

ジャケットのイラストだけでいかれちまった。
(言い回しが古いなぁ、今なら「ヤバい」かな)

さすが兄貴はこんな音楽を聴いているのか!と、
レコードジャケットだけで感心してしまった。
だってこんなイラストの音楽を聴くなんて
ハナタレ高校生には想像もできなかったのよ。

で、今日たまたまYoutubeで彼らのファーストアルバムを聴いた。
さすがにぶっ飛びほどの驚きはなかったが
あの1970年代にこの音楽をやっていたのかと思うとカッコ良かったんだよなぁ。
ロックでも無くジャズでもなく、当時ヒットしていた
ビートルズに媚びるような作品は一つもない。
(ビートルズも後期になると実験音楽的な要素が増えるけれど…)

何故こんなジャケットだったのか、ようやくわかったような気がする。
音楽ファン、プログレッシヴ・ロックファンの方には笑われるとは思いますが
40年の歳月を越えてYoutubeでクリムゾンを聴いたという
オッサンの感激でありました。

本日のトレーニング
Swim: min.
Bike: min. Km
Run: min. Km
Circuit : 45 min.

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

本日は嫁の◯◯歳の誕生日、
彼女のお気に入りのファミレスでお食事すますた。

出張前の慌ただしさ

月曜日の朝目が覚めたら週末の腰痛がウソのように軽くなりました。
ストレッチが効いたのか、それともサロンパスの効能でしょうか?
それでも坐骨神経痛からくる若干痺れはあるんですが…。

とにかく月曜日はスピニング60分
サーキットトレーニング30分をこなせました。
身体が暖めれば血行が良くなって腰痛が軽減するらしい。

さて今週末から東海岸へ一週間出張。
6月末に雑誌の締切があるので、出発までにある程度進めておかないと
帰ってきてから地獄を見る事になる。

7月に賞金稼ぎの締切があるのでこの旅行中に
作品を作っておけば提出するチャンスは増えるなぁ。
となると持って行くのはiPadではなくmacbookか…。

七泊八日の出張の内、四泊五日はクルーズなので
ジム着が二着あれば毎日トレできると予想。
船のジムがどの程度かわからないけれど
最悪でも甲板をジョグするくらいはできるだろう。

担当者から渡されたスケジュールだと
お客様への対応で一日8時間は拘束されるので
夜間しかトレの時間は無いみたい。
日によっては7時から業務開始なので6時起床は必至か。

バハマの個人所有の島にも行くというから
シュノーケリングの装備も必要だよね?
う〜む、ちょっと着替えが多くなりそうな気がするなぁ。
そんな心配をする以前に遊べるのか自分?www

アメリカ中西部はハリケーンが多発しているというので
東海岸も結構あれているらしい。
船酔いにならないことを祈るばかり。

本日のトレーニング
Swim: min.
Bike: 60 min. Km
Run: min. Km
Circuit : 30 min.

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村