無罪確定

長らくアップデートしておりませんでしたが
皆様ご機嫌いかがでありましょうか?
雑誌の入校締め切りが重なりヒーヒー言いながら仕事に忙殺されておりました。
って、仕事の山はまだまだ続き先の見えない地獄の日々であります。

実は6ヶ月ほど苦しめられていた案件がありました。
単純に言うと、証拠も無いのに警官から
違反切符を切られたのが昨年の10月。

そこから自分の無実を証明するために証拠集めや
違反切符の無効性を説明するリポートを書き始めました。
もちろん全て英文で o(ToT;):アゥアゥアゥ
当然友達のアメリカ人に文法はチェックしてもらいましたが…。

そして裁判所へ出廷すること三回。
一度目は罪を認めて罰金を支払うかと問われ、当然拒否。
二度目は再度罪を認めるかと問われ、今回認めれば恩情があると誘惑されました。
しかし、ボクは自分の無実を信じていたので拒否。
そして三度目の先週の金曜日、法廷対決する決意で出廷。

ようやく自分の潔白を照明できるとビンビン緊張していったのですが
なんと相手の警察官が欠席。
法廷警備官からCase Dismissed(本件の請求を棄却する)と伝えられた時は

( ̄□ ̄;)マジ!? という気持ちと
(☆ω゚)ノ[祝]ヽ(゚ω☆) という気持ちが交差しました。

日本にいた時でさえ裁判所なんて行った事が無いのに
アメリカで、しかも英語で自分の弁護をやらなくてはならないという
プレッシャーで前日は眠れず、心のどこかで大きな重荷になっていたのに
なんともあっけない結末でした。

9割がた勝てると確信していましたが、結果は不戦勝。
知り合いから警察官が地元担当ではない場合は
相手が出廷せずに無罪になる場合があるという情報もあり、
毎日怨念祈念はしていたのですが、ひょっとして通じた?

罰金は1000ドルから2000ドル程度と思っており
これをまともに払っていたら2013年、2014年のレースには
到底参戦させてもらえなかったと思います。
これでやっと胸をはってレースに申し込めます。

身から出たサビとはいえ、証拠も無いのに違反切符を切る警察官がいる。
警察官全員がそんな奴らばかりとは思いませんが
できることなら関わり合いになりたくないと思いました。

法廷から出る直前に法廷警備官から
「面倒な警察官が一杯いるからな、次は気をつけろよ」
と言われた時には苦笑いがでました。

明日はメモリアル・デー戦没将兵追悼記念日
アメリカは祝日、朝からバイクトレに出かける予定。

本日のトレーニング
Swim: 90 min. 5 Km + ドリル
Bike: min. Km
Run: min. Km
Circuit : min.

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告

無罪確定」への6件のフィードバック

  1. やりますね~。警察よりも強いAkiraさん。尊敬します。理不尽な要求には断固戦う強い意志が必要ですが、Akiraさん、持っているんですね。敬礼!

    いいね

    • いやいや警察より強いなんてことありません。
      ただし、法治国家なのに証拠も無しに違反切符を切るような
      警察官がいることに腹がたったし、
      理不尽なこと平気でやる権力組織って大嫌いなんですよ。

      ただし、出廷する為に費やした時間と労力を考えると面倒くさい。
      弁護士を雇おうかとも思いましたが、経費を考えたら
      罰金を払うより高くなるので自分でやりました。

      それに二回目の時に「罪を認めたら反則金を下げてやる」と言われた時に
      グラッときましたが、準備した書類もあるし
      絶対に無罪を勝ち取れるという自信があったので拒否しました。

      でも結果がOKだったのでブログのネタに出来ましたが
      有罪だったら黙っていたと思うなぁwww

      いいね

  2. なんか、大変なことを抱えていたんですね。
    泣き寝入りしないところが流石ですし、勇気出して決着して素晴らしいです。

    これで一安心ですね。

    いいね

    • 先輩からは「さっさと罰金払ってしまえば楽だぞ」とか
      「警察に逆らっても勝てっこないから諦めろ」といわれました。
      確かにそっちの方が楽なんですがねぇ。

      ボクはちょっとおかしなところがありまして、
      こんな経験も他と変わっていていいかなぁと思ったりするのですよ。
      裁判所なんて滅多に入れないし、アメリカの法廷に立ったというのも
      経験として面白いのじゃないか?と思うのです。
      もちろん一回で充分でしたが…www

      刑務所にも入ってみたいのですが
      さすがにアメリカは恐いのでボランティアくらいで
      入ってみようかと思っています。

      いいね

    • あ、すごい早いコメ!www

      まぁ、こんな話しはおおっぴらに話す事ではないし
      自慢できることではないのでね。
      無罪確定したのでブログに載っけておきました。
      これが有罪だったら黙っていますよ、きっと。
      でも警察官も違反切符さえ切ってしまえば証拠不十分でも
      違反者は違反金を納金するという思惑が見え見えです。

      今回の事件でまともに違反金を払うのはアメリカではバカだなと知りました。
      2回目の呼び出しまで待って「失業した」とか「病気になった」といえば
      反則金の減額になるって知っていましたか?

      いいね

コメントは受け付けていません。