発想の転換なのだな

月曜日、仕事帰りにダイビング・ショップへ。
タンクにエアーを入れて、修理に必要な交換パーツを注文。
自宅に着いた時にはすでに7時過ぎ。

ランならば出来るかなぁとガーミン着けて出発。
土曜日は最悪だったので、慎重に走り出す。
まだまだリハビリ期間なのでカメペース。

自宅から会社のまで往復10キロを
キロ6.45分-7分ペースで走る。
今日はノンストップ、ノーウォーク
それでも疲れはそれほど感じない。

最初の頃のガーミンの記録をみると
キロ6分で走れていたのよね。
調子が悪い時で走れていたのだから
今が悪いからと絶望する事は無いのじゃないかと
ちょっと前向きに考えることにした。

それからもう一つ変えた事。
ラントレの時は水ボトルを腰のベルトに付いている
ホルダーに差し込んでいたのですが
腰痛対策として手に持って走ることにしてみた。

750mlの水を手に持って走るのはうっとおしいと
思っていたのですが、考え方を変えたら
これって腕の筋肉を鍛えるのに最適じゃないか?
現に二回のトレで肩や背中の筋肉痛がある。

ちょっと考え方を変えるだけで前向きになれたり
効果的なトレが出来るのじゃないか。
結局自分の発想次第なのだねぇ。

本日のトレーニング
Swim: min.
Bike: min. Km
Run: 68 min. 10 Km
Circuit : min.

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告

発想の転換なのだな」への10件のフィードバック

  1. 困りますよね。少しトレーニングをサボるとアッという間にパフォーマンス落ちるのに戻すとなると倍以上の時間が掛かりますからね。
    かといって腐ってトレーニングサボるとますます低下しますし。
    お互い刺激し合って頑張りましょう!私ももう少し頑張ります。

    私もカーフガードを幾つか使いましたが、あまり効果を感じられず、今ではほとんど使わなくなってしまいました。本当のところどうなんでしょうか?

    いいね

    • 年齢のせいもあるのでしょうが、筋肉が衰えるスピードが速くて、鍛えるスピードが追いつかないって思う時がしばしばあります。ww

      自然の摂理なんでしょうがくさらず、あきらめずトレを続けるしかないですね。80歳台でエイジチャンプを目指すのが目的ですから、あと30年はもがき続けないといかんのです。

      コンプレッションって確かに筋肉のブレを抑える効果はあるのですが、個人差や製品差があると思うのです。C3fitは一部の製品が一般医療機器の対象になっていると売り場のおにいさんに聞いて買ったのですが効果はまだ実感できていません。まぁ、たった一回しか使っていないので…。

      プレシーボ効果というのもあるのかもしれないし、ファッション性の高い製品や有名アスリートを使って大々的に広告をうっている製品もあるのでコンプレッション製品の全てが同じ効果があるとは思えません。

      De Sotoのカーフ・スリーブは値ごろ感が良いのと、ボクのふくらぎは結構大きくて走るたびに揺れているのが実感できるので(つまりデブってこと?)抑えるのは良いのではないかと思いました。肉離れ予防もあるし。

      いいね

  2. そちらは水温低いんですよねぇ~! 潜った事は無いのですが・・・
    チャゲもEAN21用のタンク検査出さないと・・・・
    O2デコボトルも目視検査出してないです・・・
    完全にダイバー失格でございます・・・_ノ乙(、ン 、)_

    いいね

    • 今日のLAの水温は17.5度ですが、30ft下は14度くらいだと思います。
      ボクは7mmのセミドライ・フルスーツなので真冬のダイブでも寒いのは顔だけです。
      水温が低いのは北カリフォルニアじゃないでしょうか?
      サンフランシスコから北上するとぐっと下がります。
      たしかもうすぐアワビのシーズンが始まる!

      いいね

  3. うんうん、分かりますわかります。
    私も調子悪い時でもキロ6分なんて楽々だったのに、今や6分半でしか走れないです。
    でも積み上げていけばまたいつか戻れるし、
    走り始めた頃の、距離や速度が伸びていく感じをまた味わえるのだと思って楽しんでます。

    手に持つ用のボトル、売ってますよね、ベルト付きのやつ。
    左右のバランス考えたら両手に持つのがいいのかと思うのですが
    そうすると飲むのもちょっと面倒ですね(笑)

    腕の振りを修正する器具もありますね。e3グリップとか言ったかな?

    いいね

    • 積み上げないとねぇ、あきらめちゃったら先が無い。
      早く昔の感覚に戻れるように頑張りマッスル。

      ベルトの付いたボトルって絶対に仕えねぇ!って思っていたんだが
      腰につけるのも揺れるのでうっとうしい。
      手に持つ事で筋トレにもなるし、最初は面倒だが
      リズムをつけて振ると結構気にならなくなる。
      もちろん腕はダルくなるのでレース本番ではやりません。

      e3 Fitnsee Gripググってみた。
      アメリカで開発された?って見た事無いぞwww
      はぁ、こんな器具があるんだねぇ。
      でも説明がやらせっぽくて笑えた。
      http://www.e3grip.jp/example/h20091216202311140.html

      いいね

  4. 昨年の宮古島大会のランで、ペットボトルに入れたスペシャルドリンクを持って走ったら腕振りが良くなって、元気になって、歩き始めていたランが復活しました。
    結局、20キロ程度を持ちながら走ったのが印象に残ってます。

    いいね

    • あつめしさんの返信コメでも説明しましたが、腕を振る事で
      最後の踏ん張りができた経験があるのでトレは欠かしません。
      特に上り坂は腕を振る事で身体を持ち上げることができる感じです。

      いいね

  5. なになに?効果的なトレーニングのためにボトルを手に持って走るの?
    重いでしょうに。でも実際に効果有りそうですね。私もトライしてみます。

    いいね

    • 意図的にボトルを満タンにして手に持ちます。
      もちろん途中で飲んで構いません。
      ただし、コースの途中で補給出来る場合はまた満タンにします。

      ボクはトレミでは両手に1-2キロ程度のおもりを持って走っています。
      The Sprit of Marathonという映画の中でプロのマラソンランナーが
      トレーニングの一部としてダンベルを使って
      腕の筋トレをやっていたのをマネしています。

      実体験として坂道やレース後半脚がへばってきた時に
      腕を振る事でスピードを回復できたので、
      ランは上半身の力も必要だと思っています。

      いいね

コメントは受け付けていません。