さきほど元上司が解雇された

今朝、元上司にちょろっと挨拶したんだが…。

昼になっていきなり会議室に全員が招集された。
こういう時はいつも解雇の話なのだが
今回は元上司がクビになった。

アメリカでは解雇通知は突然だ、しかも荷物をまとめる事もできない。
セキュリティーと人事担当者の立ち会いのもと外へ放り出だされる。
オフィスに残った荷物は後から送られてくる。

勤続12年、新卒からマネージャーまで登ってきた。
新年から新しい部署に配置換えされ、その頃から
雲行きが怪しいと思っていたが、ここまでだったらしい。

ボクも勤続7年目、後3年で10年の壁だ。
うちの会社ではその辺でクビになる可能性が高くなる。
勤続年数が増えれば給料も増えるので
10年目にかなり上のボジションに昇進しているか
底辺で大人しく働くのか、その辺でヘマをうつと
解雇対象になっているように思う。

馬鹿では上司に疎まれ、
利口でも上司に疎まれる。
そつなく立ち回れる人間だけが生き残れる。

利口な人は起業して自営業を始めた方がいい。
サラリーマンは宮使いだ、馬鹿な上司の為に働くこともありうる。
自分を殺してナンボの世界なのかも知れない。

ボクはと言えば、会社では寡黙で職人肌の日本人を演じ、
社外ではデザインで賞金稼ぎを目論むトライアスリート。
本当のボクを知っているのは数人しかいない。

できれば今の会社で定年まで働きたいのだが、
10年の壁を越えるまでこのブログを書き続けているのかわからん。
ひょっとしたら来年は転職しているのか、それともプータローか?

プータローではトライアスロンなんぞやらせてもらえないので
やはり必死に稼ぐしかないねぇ。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告

さきほど元上司が解雇された」への4件のフィードバック

  1. 会社に利益をもたらさない人は不要という訳ですか。シニアーというかドライというか、怖い国ですね。私は脱サラして自営業ですが、余程のへまをやらかさない限り首にならないしボーナスももらえる日本の会社組織を懐かしく思ったことは確かにありましたね。
    10年の壁を何とか乗り越えてください。

    いいね

    • ボクが社会にでて最初の会社の上司に言われた事。「社員の1/3は必要な人間。1/3は不必要な人間。残りの1/3はどうでも良い人間。1/3の人間が利益を出せば会社は生き残れる。」まだバブルを謳歌していた頃でした。
      今はそんな余裕も無く、全ての人間が100%以上の成果を求められる。

      今回の解雇が派閥争いなのか、横領なのか?真相はわかりません。

      この会社で生き残るのが良い事なのかもわかりませんが、
      自分の食いブチくらいは稼がんといかんですねぇ。

      いいね

    • そうですねぇ、日本で解雇されたことが無いので比べようも無いですが…。

      ただ、日本のように窓際とか肩たたきはありません。
      必要無い人は即刻解雇です。
      解雇しやすいように採用するときに書類にサインをされられますから。

      こればかりは慣れるしかないです。
      解雇されたら直ぐに職探し、つてを頼って友達に電話かけまくり。
      FBやLinkedInでレジメ送りまくりです。www

      いいね

コメントは受け付けていません。