LAで暮らすということ

常々、嫁には外出時の時間帯や車を駐車する場所
の選択に気をつけるように忠告しています。
彼女は今まで危険な目にあった事が無く
ボクの忠告など「馬耳東風」「めくらヘビに怖じず」でした。

先週末、彼女がテンプで働く会計事務所を出てから強盗に合いました。
事務所のある地域は日本人居住者は多いのですが夜は治安が悪い地域なのです。

ビルから自分の車まで20メートルくらいなのですが
後ろから変な男に付けられて
車に乗る直前に鞄をよこせと言われたそうです。

身の危険を感じたので書類の入った鞄を渡し
残りの荷物を車の中に放りこんで鍵を閉めてから
「その鞄には貴重品は無いから返して欲しい」
と告げたら犯人は中身を調べ、それが数字だらけの書類だとわかって
鞄を返したのですが、その後訳の分からないことを
彼女に言い続け(多分スペイン語)いきなりボールペンを取り出して
車のタイヤの空気を抜き出したそうです。

嫁は近くにいた男性に助けを求め
その男性は犯人に直ぐに立ち去るように言ったのですが
犯人は逃げる事もせずにタイヤの空気を抜き続けていました。

そうこうしているうちに異変に気づいた複数の人達が
警察に連絡をして合計5台のパトカーが到着。
犯人は現行犯逮捕となりました。

翌日警察から電話があり「犯人は違法滞在者で精神異常、
裁判を待たずに国外退去されるだろう」ということでした。

ともあれ彼女が無事だったことが何よりでした。
これでボクの忠告が被害妄想だなんて言わなくなるでしょう。

ボクがアメリカへ移住して15年。
最初の一、二年でいろいろな危険にあい
また他の人からの話を聞いて身の安全を第一に考えるようになりました。

アメリカは貧困国と地続き、多数の違法滞在者と暮らすことになります。
いまだに銃規制が出来ないのは自衛は国民の権限だという思想だけではなく、
実際に自衛しなくてはいけないという現実にあります。

ある知り合いはパーティーで乱射事件に遭遇し
流れ弾にあたり肩を撃ち抜かれたそうです。

昔の同僚で交通事故に遭い、警察が来て現場検証もし
相手の運転免許証や住所も記録したのに
翌日電話したら行方不明、免許証は偽造、メキシコ人だったので
たぶん国境を越えて逃亡したのだろうということでした。

「ナイスで陽気なアメリカ人」というのは
80-90年代にマスコミや雑誌が作った妄想。
ポパイやホットドッグプレスが記事にしたのは夢の部分だけ。
本当のアメリカは犯罪、ドラッグ、失業があふれています。

それでもアメリカンドリームはある。
それとも、あると信じている人達の国なのかも知れません。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告

LAで暮らすということ」への8件のフィードバック

  1. 奥様に何もなくてよかったですね。
    アメリカは裕福な国ですが、貧富の差が大きく、日本人の私達では想像も出来ない様な生活をしている人達が沢山いるので怖いですよね。
    私は日本に住んでいるので、そうそう危ない思いはしていませんが、やはりアメリカ本土に行った際はアタマの片隅に危なそうなところは行かないって注意だけはしています。

    いいね

    • > sunhideさん
      う〜む、今はどこへ行っても何がおこるのかわからないって感じですよね。
      日本も通り魔殺人とかあるし、新宿あたりで危なそうな連中も歩いているし。
      ボクは日本へ帰って東京のど真ん中にいる時のも怖いです。
      アメリカは車で移動するので車の中にいる限りは安全ですが
      東京で電車に乗っていたりすると隣に座った人がどんな人かわかりませんから…。

      いいね

  2. 奥様無事でよかったです!
    違法滞在者で精神異常との判断、背景には不法移民を留置する余裕(予算、スペース、手間)が無いので、強制退去ということかもしれませんなぁ、、。

    いいね

    • > masaさん
      ありがとうございます。
      実際被害は無かったし、おっしゃるように税金を使って留置場に入れて裁判する必要は無かったのでしょう。

      後日談ですが、どうもこのオッサンは嫁が銀行強盗だと妄想しており、自分は銀行強盗から金を取り戻そうとしたのだと警察の取り調べに答えたそうです。

      銀行強盗がショルダーバック抱えて、プリウスで逃亡するか?って突っ込みたくなりました。ww

      いいね

  3. 奥様がご無事で何よりです。私の住む街アーバインは、安全な街と言われていますが、実際にはこちらも危険と隣り合わせ。例の元LAPD警官の殺傷事件もこの街で起こりました。Akiraさんが言うように、安全には常に気をつけていないとダメだと痛感します。お互いに気を付けましょう。

    いいね

    • > Hiroshiさん
      きっとね、アイダホの田舎町とかコロラドあたりへ行ったら安全だと思うのですよ。アーバインは全米の中堅都市としては安全度一位でしたよね。それでも殺人事件は起こるだろうし強盗だってあるわけです。

      ボクはアメリカに移住して安全は金で買うものだと知りました。

      それでもアメリカに住んでいるのは何故?

      いいね

  4. 強盗ではなく狂人ですか。本当の米国は怖いのですね。奥さんのとっさの判断は見事でした。中国ではアメリカを美国と書いていますが、ちっとも美しくないのですね。私もアトランタの地下街を歩くときは財布をズボンのポケットに入れておかないように言われました。見えると狙われるんですね。
    Akiraさんもかなり注意しているようですが、大変ですね。
    治安の悪化はロスだけでなく世界中の問題です。

    いいね

    • > あつめし

      まったく日本も安全では無くなりましたよね。
      通り魔殺人だとか物騒な話を良く聞きます。
      PCゲームが悪いとか、ナイフのサイズを規制しろとかいいますが
      もっと根っこのところが歪んできていると思うのですが…。

      五島のシフォン♪さんののブログを読んでいると
      まだまだ人情があって、自然があって、楽園のような
      土地もあるのだなぁとうらやましく思います。

      いいね

コメントは受け付けていません。