シューレース(靴ひも)も重要なのだ

インソールテスト中に気がついたことがもう一つ。
以前ラントレを続けると爪が変色して剥がれるという記事を書いたのですが、
今回テスト中に原因のひとつと思われる事に気がつきました。

ボクが毎年参戦しているのはオリンピックディスタンスなので
トランジションのタイムを短縮するのもレースのうち。
その為バイクもランも素足です。

バイクは裸足で乗り、ペダルをこぎながらシューズを履き
ランは裸足のままシューズを履いてソックスを履く時間を節約します。
そしてランニングシューズの紐を結ぶ時間を短縮するために
Yankz! – Sure Lace Systemを使っています。

DSCN0451

これだと靴を履く時間の短縮ができ、靴ひもが緩む心配も無い。
ところがこれで下り坂を走ると靴の中で足が移動してつま先に
負担がかかり長い下り坂だと感覚が麻痺するくらいまで圧迫されます。

当然ゴム性だから荷重がかかればそれだけ伸びる。
これが指先を圧迫させる一因ではなかろうかと思うのです。
ちなみに新品のシューズではオリジナルの紐のまま走りましたが
足が移動する問題は発生しませんでした。

インソールの形や柔らかさ、シューレースの絞め具合
こんな微妙なことで走りやすさが変わるのですねぇ。
自分的には眼からウロコな実験でした。

人によっては高いランニングシューズを買う人がいらっしゃいます。
自分はそれほど気にしていなかったのですが、
今後はもうちょっと気をつけてみようと思った次第です。
もちろん100ドル以上の靴をバンバン買えるとは思えませんが。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告

シューレース(靴ひも)も重要なのだ」への2件のフィードバック

  1. 自分はシューレースでまだ悩んでいます。
    少し前までゴム製で等間隔に玉みたいなモノがあるシューレースを使っていたのですが、フィット感は良いものの、長い距離を走った際は、その玉の部分が足の甲を圧迫して痛くなってしまい、やめてしまいました。
    ただ、オリンピックディスタンスの時は普通のシューレースだと履くのに時間がかかってしまい、何かいいシューレースがないか模索中であります。
    何かいいモノがありましたら是非教えて下さい。

    いいね

コメントは受け付けていません。