人生はサプライズ パート3!

あ、そこのあなたこのブログのタイトルを読んで
「なんだよ、またか?」って思ったでしょ?

そうなんですよ、またサプライズ。w

前回パート2!で書いたように宮古島トライアスロン実行委員会から
授賞式以降の宿泊については自己負担、自分確保という
招待状が来て、参加辞退という結果を出したと書きました。

それがロス時間の月曜深夜、日本時間の火曜日。
その後三日間担当者からは何の音沙汰もなく
「きっと担当者は失望したか、激怒して
返信もしてくれないのかなぁ」と思っていました。

その後、このブログを読んでくださった方々から
いろいろコメントをいただき
正直なところちょっと後悔していました。
社交辞令かもしれないけれど残念だといってくださる方も
いらっしゃったのでほーんとに申し訳なかったです。

でも宿泊先も確定していないのに
空き室無しの宮古島へ行くわけにもいかず
悶々としていたのですよ。

そうしたら、金曜日の深夜(日本時間土曜日)に
担当者からメールが来ました。
そこには「ホテルは実行委員会が確保しているので
探す必要はありません。予算を言ってくださったら割当ます。
なので出席については再考してほしい。」
という主旨でした。

メールへの返信が遅れたのは実行委員会のオフィスが引っ越しして
一週間ほどバタバタしていたらしい。
想像するに年間を通して島の観光役場みたいな場所に席があって
レースが近くなると人員を増員してちゃんとした対策室に
なるのではないかと思います。
詳しくは実行委員会ブログ参照

(((((*ノДノ) なぁ〜んだぁよぉ、

なぁんでぇそれをぉ早くぅいってくれないのかなぁぁぁぁ。

電子メールって便利なのですが
どうも説明不足になりやすいなぁと実感。

こちらも詳細を訊かずに判断してしまったこともありますが…。

もちろん即答しましたよ。

「行きます!行きます!o(>▽▽<)o
宿泊先があるのなら行きますよぉぉ!

でも一番安い宿泊施設にしてくださぁいぃぃ!!」

つーことで宮古島遠征準備再開です。 あはは

旅行費用については嫁を説得。
「今回宮古島に行かなかったら一生行かないと思うので
旅費を出してくれるって言うなら行こうと思うんだよね。
本来の賞品は那覇・宮古島間往復航空券だったのですが
ロス・宮古島往復航空券が賞品だったと思えば納得。」

この出費でガーミンを買うための予算と、
Vinemanレースの参戦費用の交渉が
不利になるのは必至ですが仕方ありません。

でもね、現在まだ日本は週末。
担当者からの返信は来ておりません。
まだまだサプライズは続くのか?

本日のトレーニング
Swim: min.
Bike: min. Km
Run: 60 min. Km
Circuit : min.

ラントレ再開。
トレッドミルで傾斜5で60分。
辛いわ…。
さすがに走ったあと腰に痛みがきました。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告

人生はサプライズ パート3!」への4件のフィードバック

  1. 二転三転、大変だぁ(笑)
    お会いできることになるなら何よりです!(^0^)
    奥様と交渉可能な値段の宿が提示されることをお祈りしております!
    なんなら一泊ぐらいシュラフでも風邪はひかない気温かと(笑)

    いいね

    • るみおかんさん

      もうねEmotional Jet Coasterってやつですよ。
      喜んだり、地に落ちたり、落ち着かない。

      さきほど担当者から電話がありまして、
      宿は通常のビジネスホテルくらいの値段でした。
      予想はしていたので安心しました。

      まさか、ゲストハウスとかドミトリーはありえんなぁ と。

      いいね

  2. サプライズというよりも、ここまでくると、ドラマですなぁ、、、もう一回位なにかありそうな予感がするのは私だけでしょうか、、、。

    いいね

    • masaさん
      そ、そんな不吉なこといわないでくださいよぉ。
      サプライズ・パート4は無いと信じています!

      いいね

コメントは受け付けていません。