予測不可能なトレーニング

自宅近くのジムでスピニング・クラスに参加。
ここのトレーナーは60歳代(?)の日系人女性です。
ところがこれがかなりキツイ。
年齢じゃなくて、経験なのかなぁ。

自分だけでステーショナリーバイクを乗っていると
どうしても自分のパターンというか
好みの乗り方をしてしまいがちなので
たまにこのクラスに参加して、自分ではやらないような
キツいパターン、予期できないパターンでバイクトレします。

60分のクラスなのですが、クラスが終わる頃になると
床は自分の汗で水たまりができています。
おまけにエアコンの冷房が追いつかないので
ジムは熱気でムンムン、サウナ効果もありかも?。

こういったクラスに出ると本気組とダラダラ組があからさまになります。
本気組は高負荷のギアへ入れので汗びっしょりになりますが
ダラダラ組は低負荷なので汗さえかいていない。
痩せる為に参加しているのに何故?と思いますが
参加者全員がトライアスロンをやっているわけじゃないのでしかたない。

クラスの後、上半身の筋トレを15分間
十分なストレッチをやって本日のトレ終了。
合計875カロリー消費。

毎年1月はジムが人で一杯になります。
新年の目標で減量を掲げたり、年末年始で太った体重を気にした人たちが
頑張ってくるのでしょうね。
ほとんどの場合二月までもたないのですが…。
ブログ村のトライアスロン・ブログを読むと
皆さん宮古島トライアスロンに向けた練習に
励んでいらっしゃるようで自分にも励みになります。

宮古島やバラモンキングの記事を読むと
行ってみたいなぁと思うのですが
お金も時間も無い自分の境遇が情けない。

時事ドットコムで見かけた記事
『宮古島トライアスロンに挑む』
筆者のプロフィールが無いので想像するしかないのですが
たぶん体育会系の記者が大阪マラソンや宮古島トライアスロンに挑戦するという記事なのでしょう。

レースの厳しさや体長管理の大切さを感じさせる記事なので
ご興味があれば一読されたし。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告