入院生活中なり

ただいま病院に入院中であります。
別に病気や怪我をしたわけではありません。
治験というやつに参加しております。
簡単にいうと人体実験モルモットつーやつですね。

ボクにはちゃん仕事もあるのですが、興味があって参加しています。
もちろん報酬も良いので、これで家のローンも返せるしね。
ひょっとしたらガーミンが買えるかも?なんて甘い考えもあります。( ̄∇ ̄*)

先週人事からメールで年内に消化しないと無くなってしまう休暇があるので
とっとと使えと言ってきたのです。
調べると日程的に丁度いい感じの治験があったのです。
二泊三日が二回と通院が3回、報酬は2019ドル。
お薬は血圧降下剤。

一週間前にスクリーニングといわれる事前検査がありまして
それにパスすると本入院となります。
誤解される方もいると思いますが健康じゃないと治験には参加できません。

金曜日の朝8時に入院。
初日は血圧と心拍数を計るのですがここで異常値が見つかったり
医師からの質問で不適当と判断されると帰されることになります。

今回募集していたのは日本人の男女各6名づつ。
男女とも共通しているのは若い人たちが多い。
たぶん学生だとおもわれます。

ロスだと日系レストランで働くより格段に割が良いバイトだと思う。
年配の方々はやはり失業中だったり、手のかかる子供のいない
主婦の方々のバイトのようです。
ボクのように本業がありながら休暇をとって参加というのはめずらしい。

金曜日は入院オーケーが出るまでがドキドキです。
常連の方に聞くとはやり緊張で血圧が高くなるので
ここで落ち着いて検査をパスしないと今までの努力が水の泡になるということでした。

金曜日は夕方5時に食事をしたあと10時に夜食のサンドイッチがでます。
なぜ夜食がでるかというと翌日土曜日は朝5時半起床で
採血するためのシリンジを腕に装着、その後お昼まで食事抜きで採血と
血圧の検査が決められた時間をおいて続きます。

まぁほとんどベッドに寝ているだけなのでおなかはすかないのですが
すんごい退屈なんだなぁ、これが。( ̄◇ ̄)
本を読んだりするのですが、朝早かったので眠かったり
ウトウトすると採血に来るし、落ち着かない。
これが高報酬のゆえんなのですな。

ボクは平常心拍数が40台なので毎回検査器がエラーだとピーピー警報がなります。
トライアスロンをやっていて40台が普通なんだと説明してパスしました。

現在土曜日の午後4時、後は5時にご飯を食べて
午前12時の採血が終わったら、日曜日の朝8時まで採血は無し。
ただし、日曜日の夜8時にまた病院へ来ないといかんのよ。
それが面倒…。
すべてお金と経験のためじゃ〜。

これを2週つづけてやるので、来週末も休暇アンド入院生活は続く。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告

入院生活中なり」への2件のフィードバック

  1. すっごい稼ぎ方がアメリカにはあるんですね。。

     しかも超高額!!!  日本にもあるのかなぁ!

    さすがは、医療先進地のアメリカですね。

    いいね

    • やっさん、コメントありがとうございます。

      日本にも治験ありますよ。
      ググって見るとザクザクでてきますが、ほとんどがスポンサーサイトです。
      どちらかというとネガティブなイメージが強いのでしょうね。

      治験はヨーロッパにもかなりあって、治験をやりながら世界旅行をしている人も居ます。

      なかにはかなり危険なやつもあるので用心が必要ですが
      ちゃんとした医療行為なので、あらかじめ副作用や危険性は説明されます。
      同意書にサインをしなくては参加できないし、途中で止めたくなったらおりることも可能。

      危険性と報酬は正比例します。
      報酬10,000ドルの治験なんていうのもありますが、
      長期になるか、もしくは危険大。ww

      いいね

コメントは受け付けていません。