アメリカ大統領選挙

う〜ん、アメリカ大統領選挙の話を書こうと思ったのですが
きっとみんなとネタがかぶっちゃうだろうなぁ。
でも一応書いておきます。

「4年前の大統領選とは熱気が違った」
と社説を書くメディアが多かったのですが、そりゃぁ当然です。
前回はアメリカ史上初めての黒人大統領が生まれた年でしたから。

しかもオバマ氏がアピールしたのは「夢」であり「変革」でした。
ところが最初の4年を過ぎた今、その夢の実現には痛みを伴い
変革にはまだ遠い道のりが待っているとう現実をつきつけられているのですから。

でもね、オバマ氏は最初から「道のりは遠く厳しい。皆さんの協力が必要」
だっていっていたんですよね。
この4年間はその最初の痛みでしかないんじゃないかな。

ボクは個人的にはオバマ氏を応援したい。
別にアメリカ市民ではないので投票権は無いけれど応援はしちゃうね。
少なくともロムニー氏よりは中間所得層には良い政治をするのじゃないかと期待します。

ロムニー氏が負けたのは政策というより彼の人間性によるものだと思う。
彼は失言が多いということですが、失言というよりも
資本主義の本質である「資本家(搾取する側)と労働者(搾取される側)ならば
資本家が強い立場にある」ということを言っているだけなんじゃないかしら。

彼の父親も実業家でのちに政治家となった。
ロムニー氏はその父親の背中を見て育ち、そして彼は決意する。
「いつか自分も政治家になろう。しかしその前に揺るぎない経済的基盤を固める」
だから自分で投資会社を起こし億万長者になった。
実業家だから「働く者には富を、働かざるもには無を」という
考え方なんじゃないかしら。

彼は敬虔なモルモン信者で酒もたばこもコーヒーも飲まず
完全無欠の理想的な大統領候補という評判があった。
対照的にオバマ氏は自分のことを「雑種」とよび
大学生時代にマリワナをやったことを告白し
同性愛、同性間の婚姻に賛同した。

一般のアメリカ人はそんなに潔癖じゃないのよ。
完璧な人間を装うロムニー氏よりは人間味にあふれる
オバマ氏に好感を持ったということじゃないのかしら。

日経の記事「クルマの街」に嫌われたロムニー氏 失言で人気急落
暴言失言というよりはちゃんとチェックをせずに発言するのが問題。
これは彼の失言というよりスタッフの質の問題じゃないか?
この程度のことは電話でだって確認出来ることなのに
それを怠ったままロムニー氏に情報を渡しているような気がする。
そしてそれが度重なり、有権者はロムニー氏を信用できなくなっていた。

最後に敗退した大統領候補は勝利した大統領に祝福の電話をかけ
敗退宣言を公の場でやらなければならない。
ここでロムニー氏が話したことが本音だと思いたい。

“The nation, as you know, is at a critical point.
At a time like this, we can’t risk partisan bickering and political posturing.
Our leaders have to reach across the aisle to do the people’s work.

And we citizens also have to rise to the occasion.
We look to our teachers and professors, we count on you not just to teach, but to inspire our children with a passion for learning and discovery.

中略

And we look to Democrats and Republicans in government
at all levels to put the people before the politics.
I believe in America. I believe in the people of America.

And I ran for office because I’m concerned about America.
This election is over, but our principles endure.
I believe that the principles upon which this nation was founded are
the only sure guide to a resurgent economy and to renewed greatness.”

いずれにせよ、日本の政治家のように党利党略のために
国政をほったらかしにするようなことをしないで
オバマ氏もロムニー氏も選挙後は共にアメリカの為に働こうと
共闘を呼びかけている。

このあたりが政治の熟成度が違うのじゃないかと思うのだが
皆さんはどう思われますか?

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告