一足早いクリスマスプレゼント

先週あたりからBlack Fridayのセール告知が
いろいろな家電量販店から届いていて
お目当ての「アレ」が安くなんないかなぁと期待してました。

Thanksgiving Day当日は友人のお宅でディナーに招待されていて
そのまま泊らせていただいたので
金曜日はどう考えても朝一番にお店に行くとか考えられず
自宅に帰ってからネットで調べると、
ありました━━━(゜∀゜)━━━ !!!!! iPad!!!

TargetとBestBuyで60ドルの商品券付きっていうのがあったのですが
あっと言う間に売れきれ。

しかし、Apple Storeのサイトでも41ドル引きになっている。
しかもケースも安売り!
つーことでまとめてお買い上げです。
iPad 4th generation, Black 16GBとSmart case (PRODUCT) RED

こんな感じです。

赤いカバーなんて普段なら絶対に選ばないのですが
ボクの普段の黒い鞄に濃いグレーのカバーだと暗い場所で見えないのよね。
飛行機の中でゴソゴソ探しているとわかりにくいので
あえてこの色にしてみた。
しかもまわりにこのREDのカバーをつけている人を見た事がない。
取り間違えってこともないのじゃないかと思ったわけです。

iPhoneとかもっていないのでOSに慣れるのが先決なのだが
説明書も無くて使えるっていうのがすごいわ。
やっぱりAppleって偉いねぇ。

あとはRetinaディスプレイきれい。
仕事柄、かなり高解像度のモニターを使っているのですが
画像の滑らかさ、文字のシャープさが断然際立って見える。

もちろんApple Careも買いました。
以前ラップトップを購入した時も一緒に買いました。
保険だと思えば安いものです。
そのおかげでモニター交換(500ドル)、バッテリー交換(160ドル)
タダでやってもらいました。v(。・ω・。)ィェィ♪

iPadの場合は事故で損傷した場合は2回まで無料で修理してくれます。
たぶん一度くらいはガラス面が割れるのではないかと予想。
でもApple Careならカバーできるものね。

これで旅行へ行く時は身軽になれそうな気がする。
あくまでも気分だけですが。
仕事はMac Book Pro、私用だけならiPadと使い分けようと思います。

赤いカバーのiPadを見たら、ボクかもしれませんよ。
決して石など投げないように…。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告

一ヶ月ぶりの海老漁

土曜日の夜、ひっさしぶりに海老漁に行きました。
ダイブログを見るとなんと一ヶ月ぶりの漁です。
治験で入院していたり、高波でダイブできなかったり
本当にご無沙汰でございました。

ネットで波情報を調べるとかなり良さそうな感じ。
海老は夜行性なので夜7時にダイブスポットへ行く。
結構人が出ているかと思っていたのだが誰もいない。(°心∀°)

ビーチへ続く道をみるとかなりの足跡が残っていたので
昼間のうちにダイブした連中が多かったらしい。
ということは海老ちゃんはすでに獲られちまったってこと?
一抹の不安をかかえて海に入る。

水温は低いが波も無く、強い潮の流れもないので水の透明度は高い。
久しぶりなので遠出をせずに近場でサクッと獲ろうと思っていたのだが
全然海老の姿が見えない。

先月数キロ先の海岸でホオジロザメが目撃されたという
ニュースが記憶にあって深瀬にも行きたくない。
つーことで近場のポイントをぐるっと回ったが
結局とれたのは海老一匹とケルプクラブというカニさん一匹。

情けな〜い、とウロウロするがこういう時はダメなんだねぇ。
エア残量が500psiを切ったので岸へ戻ることに。
それでもあきらめられずに海底に眼を凝らしながら泳ぐ。
途中で結構大きな海老の触覚が見えたので
急降下して掴まえるが穴蔵に逃げ込んで引きずりだせない。
ようやく引きずりだしたと思ったら脚を引きちぎって逃げられる。

ガ━━Σ(゚Д゚|||)━━ン!!
せっかく掴まえたと思ったのに…。
失望のまま海岸へ。
この時の綱引きでエアは残量200psi

海岸へ上がろうとした直前、大きな岩の下にデカイ海老ちゃん発見!
レギュレーターくわえて潜るが敵も穴の中で手足を踏ん張って抵抗する。
夢中で引っ張るのだが、次第に息苦しくなってくる。
ここでエア残量0、ゲームオーバー。

タンクには最低200psiほどのエアを残しておかないと
湿気が入って錆の原因になるので決してやってはいけないと教わったのに…。

仕方なく岸に上がるが、諦めきれず
全部の装備をはずして海岸に残しフリーダイブで
先ほどの海老を追いかける事にする。

これで同じポイントに戻っても海老は逃げている可能性大。
それでも海老ごときに負けてなるもんかと意地になってくる。

予想に反して海老ちゃんは同じ穴に潜んでいた!
これからは素潜りで海老を掴まえる。
幸い浅瀬だったので息継ぎは問題ないのだが、海老も死にものぐるいで
踏ん張るので中々引きずり出せない。
4度目の挑戦でようやくゲット!
ゆうに規定サイズを上回る海老ちゃんだ!

これが今回の成果であります。

我ながら海老馬鹿ですなぁ。

カニちゃんは茹でてポン酢でいただき、
大きな海老ちゃんはお刺身でいただきました。
もう一匹の海老は尻尾を冷凍にし、二匹分の海老の頭を茹でて出しをとり
トムヤムクンスープを作ります。
伊勢海老のトムヤムクンスープなんて豪華でしょ?

ちなみに日曜日の朝、もうね身体中が痛かった…。(o´Д`)=з
トライアスロンのトレーニングもほとんどやっていなかったので
かなり体力が落ちていたもようです。
はぁ、明日からトレ再開せなあかんよなぁ。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

パーティー・シーズンにふとおもうなり

この時期になるとアメリカではパーティーが続きます。
今週末はThanksgiving(感謝祭)、来月はクリスマス、
大晦日にニューイヤー・パーティー。
いろいろなパーティーに誘われるのですが、よくあるのがPotluck(ポットラック)といわれる形式。
日本語だと持ち寄りパーティーといったところでしょうか。

各自が一品何か食べ物をもちよってみんなでシェアをして
楽しむという、個人的には好きなパターンです。
アメリカに来る前にいたオーストラリアでもポピュラーでした。

しかし、ここ数年会社でおこなわれるポットラックには参加を辞退しています。
なぜかというと大量なゴミを出すから。

というより、どう考えても充分以上の料理をもちより
パーティーの後は誰も持ち帰らず残り物は全て
ゴミ箱へ捨ててしまうことに罪悪感があるからです。
たぶん三分の一くらいはゴミになります。

アジア系のパーティーだとちゃんと幹事が
食べ物がかぶらないようにリストをつくったり
残り物を入れるコンテナを用意したりするのですが
アメリカ人のパーティーだと一切そんな用意はしない。

いつもはお金が無くてピーピーしている連中や
食べ物があれば呼ばれなくとも必ず姿を現す連中でさえ
パーティーの残り物は持ち帰らない。

アメリカが大量消費の国だというのは80、90年代の過去のことだと
思っていたのですが、不況に見舞われている昨今でも
こんな風に物を消費する姿をみるとアメリカ人の、
少なくともうちの会社の連中の浪費癖にはあきれます。

ボクは生まれ育ちが貧乏な家だったものですから
食べ物を粗末にすることにどうしても罪悪感を感じます。
子供の頃から親に厳しく躾られたし、
コロッケにかけたソースが余ってお皿に残っただけでも
母親に叱られたものです。

なんだかねぇ、貧乏クサイとは思いながら
パーティーの後の残飯の山をみながら
「これがあれば数日間は食べ物に困らないのに」
って思っちゃうのよねぇ。

だからアメリカ人から招待されるポットラックには
ほとんどの場合辞退させていただくことにしています。
無理をして食べきることも、大量の残り物を引き取るのも嫌なので。

アメリカのパーティー・シーズンにふとおもうなり。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

完璧にM

週末は治験で入院中だったので溜まっていたビデオを数本鑑賞し
年末の暴飲暴食のスケジュール管理をすませた。ww

時間を持て余してネットをふらつくと日経のこんな記事を発見。

中高年がフルマラソンやボクシング 限界に挑み充足感得る

うんうんとうなずきながら読む。
自分がトライアスロンを始めた動機に似ているなぁ。
ブログ村でも中高年になってから
トライアスロンを始められた方が多い気がする。
なぜ若い時に始めなかったかと言えば知名度の問題だろう。

ボクらの世代が二十歳の頃は日本はバブル期で
自分もふくめ会社の同僚がやっていたスポーツといえば
テニス、スキー、ゴルフだった。

あの頃マラソンでさえ「なんて地味な奴」
もしくは「ものずきな奴」と言われかねなかった。
ホイチョイプロダクションが作る本が売れて
ポパイやホットドッグプレスにデートマニュアルがのり
ブランド大好きな女の子をナンパできるスポーツが全盛だった。

別にゴルフに何の罪もないのだが、いまだにボクのなかでは
どうも仕事の延長だったり、接待ゴルフというイメージが強い。
ごめんねゴルフ君。

トライアスロンは自分との対話。
長いレースを走るほど弱い自分、負けそうになる自分を
時には情けなく思い、時には叱咤して前へ進む。
完璧にMなスポーツだねぇ。www

ドMなトライアスリートの皆さん、
自分の限界に挑戦してますか?

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

暴飲暴食の季節

さてさて今週末も再度入院です。
前回の治験がまだ継続中、今回は似た効果を持つ別の錠剤を飲んで
薬物がどの位体内に存在するのか調べます。

嫁も今週末から日本へ帰省、一人暮らしを謳歌できるか?
なんて思っていたらこれだ…。

治験入院前は激しい運動、酒、たばこ、柑橘系のフルーツは禁止。
お金と経験のためとはいえ、ちょっとタイミング悪いよなぁ。

おまけに土曜日は近隣の海老ダイバーが集まり、大酒盛り会。
もうね、すごいんすよこれ。
みんなこの飲み会のために海老、雲丹、魚を山のように獲ってきますから。
残念ながらボクは不参加…。・゚・(*ノД`*)・゚・。

でも22日はトラ友達の家でパーティーなので
それまでには体調を整え準備万端で参加しますよ!( ^ω^)_U

ダイエットしなきゃならんのに11月後半から
12月のクリスマスまではパーティーがつづくのよね。φ(c・ω・ )ψ モグモグ

飲みたい。
喰いたい。
痩せたい。

これを全部やるためにはカロリーは全部消費するくらいの
トレーニングをやらざるをえまい。(マジ?ww)

ウ〜ン、トライアスリートの皆様
この時期はどうやって過ごすのでしょうか?

1. カロリーを気にせず欲望のまま喰いまくる。
2. ダイエットを気にして抑制する。
3. どれだけ喰っても太らない。
4. どんなに太っても痩せる自信がある。

コメントお待ちしております!
あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

好奇心は止められない

自分は「病気とか怪我で入院したことが無い」と思っていたんだが
実は二十代後半に過労が原因で急性大腸炎になったんだわ。
三日ほど入院、食事が取れなくて点滴だけで過ごしたことがあったことを思い出した。
あまりに昔だったので忘れてた。www

今回は病気では無かったけれど、治験でアメリカの病院に
入院して普段の生活とは違った世界、
違った人達と会えて良い経験だったと思う。

日本人だけではなく白人の参加者と話をしたら
一人の女性は芸術家でテレビなどの小道具を作っているそうな。
大きなプロジェクとがある時はまとまった収入があるのだが
仕事の合間は無収入になるので生活費のために治験をやっているとのこと。

入院中も刺繍をやっていたので、趣味なのかと思ったら
それも彼女の作品ですでに買ってくれる客がいるとのこと。
面白いなぁ。

ロスは映画やテレビ番組の制作スタジオが多いので
この手の仕事をやっている人が多い。
以前にも全然別の機会ですが脚本家、役者志望とかにあったことがある。
特にハリウッド辺りの住人はそんな人が多い。

病院のスタッフもさまざまで
看護士同士の会話でもコンサートや家族の話、
もしくはかけもちでやっている他の仕事の話。
一人の看護士は平日は障害児専門の病院で働き
週末は治験の仕事をかけもちしているという。

彼らの人種もアメリカはもとより、メキシコ、タイ、中国、韓国、フィリピンなど多彩。
言葉を聞いているとタガログ語やスペイン語が飛び交う。

まだまだ自分の知らない世界がいっぱいあるんだなぁ。
来週も治験に入院です。
次回はどんな人達に会えるのか楽しみだわ。

入院生活して実感したことがひとつ。
普段の食生活がいかに味付けが濃いってことに気がついた。ww

食事は全て病院食なので塩分、カロリーが低い。
しかもカフェイン等も禁止されている治験だったので嗜好品は一切なし。
間食無しで三日間過ごしたのですが、かなり腹が減る〜。
つまり間食とコーヒーを止めたら痩せるってことかな?
これから気をつけてみようっと。

将来的には刑務所にも訪問したいと思っています。
知人で定期的に刑務所へ慰問している人がいるので
一度連れて行ってもらう予定。
ただし、刑務所への慰問は平日のみなので
今のところ実行できていません。

自分の知らない世界を見たいという好奇心はいくつになっても止まらんなぁ。
良いのか、悪いのか?

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

入院生活中なり

ただいま病院に入院中であります。
別に病気や怪我をしたわけではありません。
治験というやつに参加しております。
簡単にいうと人体実験モルモットつーやつですね。

ボクにはちゃん仕事もあるのですが、興味があって参加しています。
もちろん報酬も良いので、これで家のローンも返せるしね。
ひょっとしたらガーミンが買えるかも?なんて甘い考えもあります。( ̄∇ ̄*)

先週人事からメールで年内に消化しないと無くなってしまう休暇があるので
とっとと使えと言ってきたのです。
調べると日程的に丁度いい感じの治験があったのです。
二泊三日が二回と通院が3回、報酬は2019ドル。
お薬は血圧降下剤。

一週間前にスクリーニングといわれる事前検査がありまして
それにパスすると本入院となります。
誤解される方もいると思いますが健康じゃないと治験には参加できません。

金曜日の朝8時に入院。
初日は血圧と心拍数を計るのですがここで異常値が見つかったり
医師からの質問で不適当と判断されると帰されることになります。

今回募集していたのは日本人の男女各6名づつ。
男女とも共通しているのは若い人たちが多い。
たぶん学生だとおもわれます。

ロスだと日系レストランで働くより格段に割が良いバイトだと思う。
年配の方々はやはり失業中だったり、手のかかる子供のいない
主婦の方々のバイトのようです。
ボクのように本業がありながら休暇をとって参加というのはめずらしい。

金曜日は入院オーケーが出るまでがドキドキです。
常連の方に聞くとはやり緊張で血圧が高くなるので
ここで落ち着いて検査をパスしないと今までの努力が水の泡になるということでした。

金曜日は夕方5時に食事をしたあと10時に夜食のサンドイッチがでます。
なぜ夜食がでるかというと翌日土曜日は朝5時半起床で
採血するためのシリンジを腕に装着、その後お昼まで食事抜きで採血と
血圧の検査が決められた時間をおいて続きます。

まぁほとんどベッドに寝ているだけなのでおなかはすかないのですが
すんごい退屈なんだなぁ、これが。( ̄◇ ̄)
本を読んだりするのですが、朝早かったので眠かったり
ウトウトすると採血に来るし、落ち着かない。
これが高報酬のゆえんなのですな。

ボクは平常心拍数が40台なので毎回検査器がエラーだとピーピー警報がなります。
トライアスロンをやっていて40台が普通なんだと説明してパスしました。

現在土曜日の午後4時、後は5時にご飯を食べて
午前12時の採血が終わったら、日曜日の朝8時まで採血は無し。
ただし、日曜日の夜8時にまた病院へ来ないといかんのよ。
それが面倒…。
すべてお金と経験のためじゃ〜。

これを2週つづけてやるので、来週末も休暇アンド入院生活は続く。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村