モモ帰宅

先週の金曜日の午後に火葬場から電話があり
モモの火葬が終わったので遺骨を取りに来てくださいとのこと。
土曜日の朝、小雨の中取りに行く。

日本にはペット専門の火葬場やお墓なんてあるのでしょうかねぇ?
今回我が家がお願いしたのはGardenaにあるPet Haven Cemetery & Crematoryです。

ロスでペットをお持ちの方の為に少しだけ書いておきます。
予約は不要で遺体を持ち込めばそこで詳細を記入してお金を支払います。
現金のみつかえます。

猫は$80、犬の場合は重量によって違うそうです。
焼却炉は2つありますが、ペットのサイズによって焼く時間が違うので
料金に差があるという説明でした。

ペットの遺体を持ち込むと霊安室に一時保管、
5〜10日間の間に処理をしてくれます。

そしてお墓を買うことも可能ですし、遺骨だけを引き取ることも可能。
遺骨を集団墓地のように一カ所にまとめて埋めてもらうことも可能。
我が家は一生ロスに住む確信が無いので遺骨を引きとりました。

ちなみにお墓は90%が犬のものと思われます。
墓石には亡くなったペット達の写真がプレートに焼き付けられています。
昔も今も犬は人間の最高の友人なんですねぇ。

70年代のお墓もありますから飼い主も今は墓石の下かもしれません。
ペットに残した言葉から飼い主とペットの関係がどんなに深かったのか想像できます。

遺骨を引き渡してもらうときにスタッフの方が
「Momo going back to home」と言われました。
渡された四角い箱を振ると、中の骨がカサカサと音をたてました。
今はもう小さくなってしまったモモを家の仏壇に供えました。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告