イチローの決断

僕は野球にまったく興味がありません。
野球少年でも無かったし、大人になっても
他の同僚のように特定の球団の試合を注目することもありませんでした。

ただイチローだけは特別で、彼がメジャーリーグに移り
こちらのスポーツニュースに映されるたびに
なぜか気になってしまう存在でした。

きっと僕が彼と同じ頃にアメリカへ渡ったこと。
そして彼の野球に対する気持ちや態度が
他の野球選手と違いストイックで武士道のような感じがしたからなのかもしれない。

日本人でメジャーリーグに挑戦する選手といえば
野茂や松坂のような投手や、松井のような長打力を持った選手でした。
ところがイチローは安打と堅守の野球人です。
このような選手が今は様々な記録を塗り替え
アメリカのファンを虜にしたということに驚きを隠せません。

そのイチローが11年所属したマリナーズからヤンキースへ移籍。
38歳の決断です。
ポジションにもよりますが、野球選手で38歳といえば選手寿命はあとわずか。
その中でヤンキースへの移籍は悩みに悩んだ末の決断だと思います。

僕にとっては遅すぎた決断のような気がします。
それでもできることならリーグ優勝、全米優勝を味わってほしい。
最後の花道は常勝チームで優勝に貢献したと評価されて
選手生命を終わってほしい。

頑張れイチロー。
野球ファンではなくイチローファンとしてエールを贈ります。

ボチッと一押しお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

広告

イチローの決断」への2件のフィードバック

  1. 全く同感です。オールスターズでも顔なじみになったし、ワールドシリーズ優勝の花道になればいいなあと思います。

    いいね

    • あと何年彼の勇士をみることができるのかわかりませんが、ワールドシリーズ優勝の美酒は飲ませてあげたいですね。

      彼にとってはオリックス時代のように弱いチームが優勝していくプロセスが好きだったようですが、いかんせんマリナーズは弱すぎた。
      仰木監督のような人がいればなんとかなったのかもしれませんが…。

      いいね

コメントは受け付けていません。