LA River Bicycle Path

さて土曜日が不完全燃焼で終ってしまったので
このまま貴重な週末を何もせずにつぶしてしまうのは絶対に許せない。
ということで久しぶりにLA River Bicycle Pathを走りました。

今回は初めて自宅からの出発。
日曜日の朝8時に出発、まだ厚い雲が空を覆っていたので
アームウォーマーを来て走り出す。。
Sepulveda Blvdを東に向かい710と平行に走るLA Riverが見えたらBike Pathの入り口です。

いつものPV周回コースだとエアロポジションの練習にならないのですが
ここだと車はいないし、結構直線が多いのでフォームの確認が出来ました。
いままでより脚の前部の筋肉を鍛えないといけないと実感。

コース中のトイレと給水ポイントも見つけられました。
なぜかコース脇には馬を飼育している箇所も見られ
誰が何故こんな場所で馬を飼うのか不思議。

走行距離39.56マイル
3時間
平均速度15.84マイル
最高速度29.01マイル

かなり道の荒れた一般道を往復で1時間走るらないとPathに着かないので
次回からはPathの入り口まで自動車で移動しようと思いました。

お天気が良かったので沢山のサイクリストが走っていらっしゃいましたが
エアロバーをつけたバイクもかなり見かけました。
彼らに負けないように頑張らないといけない!

ブログ友のヒロシさんの書き込みを読むとかなりの練習量。
今年はマリブ参戦ということなのですが、練習量はすでにロングクラス。
マサさんも今月末にはVineman参戦ですから、きっとすごいトレをしているに違いない。
僕もちんたら練習しているわけにはいかないですね。
かめ・トライアスリートの汚名挽回を目指します!

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告

LA River Bicycle Path」への4件のフィードバック

  1. よく考えると、フロントボトルと1個のフレームのボトルで、80mileくらいまでのライドだったら、補給なしでOKですよね。私は、最初フロントボトルは考えていなかったので、Profile Designの一番安いリアボトルホルダーにしましたが、ボトルが空になると脱落することがあるので、ボトルがホルダーに深くはまっているか、確認しながら走らねばなりません。

    ちょっといいリアボトルホルダーだと、$200とかするので、ちょっと手が出ませんでした。

    緑のMalibu Triのウォーターボトルが、ワンポイントでかっこいいですよ。

    いいね

    • ヒロシさん
      この日は40マイル弱走って水は半分くらい残りました。この日予定では80マイル走る予定だったのに出発が遅れたので半分になったのが原因。気温とコース次第ですが僕は今のセッティングで満足しています。これ以上水が必要であれば現地調達だと思います。

      リアボトルは取り出しにくそうだし、ご指摘のとおり値段もかなりしますよね。それに現在五十肩で後ろに手を回すと激痛が走るのでいずれにせよ今のところ選択にありません。

      エアロバーについているタンクには真水、フレームのボトルにはスポーツドリンクを入れています。タンクは洗浄するのに手間がかかるので出来るだけ雑菌やカビが繁殖しないように気をつけています。

      同僚Rがレース前日の練習で使ったボトル内にカビが繁殖していて、レース当日下痢のままレースした事件を教訓にしています。爆

      いいね

  2. 新車の写真公開有難うございます。なぜか自転車の写真だけ拡大できないのですが、かなり舐めまわして拝見させて頂きました。実物にお会いできるのはいつの日か、、、楽しみにしております。

    いいね

    • マサさん
      一番最初の写真はページを作る際に「アイキャッチ画像として使用」を選択すると勝手に横長にトリミングしてくれるのです。別ウィンドウで開かないようになるみたいです。

      実物いつでもみれますよ。たいしたバイクではありませんが…。
      今はトレーニング用なのでHeavy duty tubeや工具などで重くなっています。

      Randyのバイクを持つとコンポの重みの違いを実感します。
      SRAM RED驚くべき軽さです。

      いいね

コメントは受け付けていません。